ボランティアセンター

ボランティアセンターご紹介

ボランティアセンターの役割

ボランティアセンターの役割

地域や学校、施設等と大学生・短大生においてボランティア活動に関心がある学生との仲立ちをします。ボランティアをしてみたいけど、どうしたらよいか分からない、どのようなボランティアがあるのか知りたいというような相談にもいつでも応じます。

  1. 自ら主体的に動く学生を育てる
  2. 社会との接点をつくり、社会を理解する
  3. 豊かな心を育てる

こんな人を育てたい ~ボランティアセンターの思い~

  1. ボランティア情報の提供
    ボランティアを希望する学生に対し、ボランティア情報の提供を行っています。
  2. コーディネート
    学生の希望に沿ったボランティア情報を提供し、ボランティア先との連絡調整を行います。
  3. ボランティア活動
    災害時の支援、共同募金、福祉施設、病院、地域のイベント等でのボランティア活動をご紹介しています。
  4. ボランティアコーディネーターの育成
    学生と同じ視点でのコーディネートができる「学生ボランティアコーディネーター」を育成しています。研修会の企画や日頃のコーディネートを行い、主体性のある学生ボランティアコーディネーターの育成をめざしています。
  5. イベントの企画・運営
    ボランティア活動を始めたい学生や、ボランティア活動に磨きをかけたい学生の為に様々なイベントの企画・運営を行っています。

ボランティアセンター長からメッセージ

本学のボランティアセンターは平成22年に設立され、設立当初から現在まで多種多様なボランティア活動に学生を多く送り出しています。

また、平成25年には学生ボランティアコーディネーターという制度を設け、学科学年問わず多くの学生がセンター運営に貢献してくれています。学生という立場から、ボランティア活動の魅力や意味を伝えるべく、事業の企画・運営、活動費の確保など学生が中心となってボランティア活動を盛り上げています。学生にとっても活躍の場が広がり、様々な繋がりの輪を広げている為、社会人力を身につける非常に意味ある活動ともなっております。

本学のボランティアセンターとして、今後も地域の方々や関係機関と学生の繋がりを絶やさず、より密な関係を築いてゆきたいと考えております。地域に開かれたボランティアセンターとしてさらなる発展をめざしてゆきますので、ぜひボランティアセンターをご活用いただければと思っております。

ボランティアセンター長 中野 充
福祉心理学部 臨床心理学科 准教授

運営委員組織体制

本学ボランティアセンターでは下記の通り、各学科、各課の教職員が携わり、センター運営を担っています。また、本学の特徴としてボランティアセンターでは、学生ボランティアコーディネーターの各委員会リーダーがそれぞれ会議に参加し、教職員と並んで月1回会議を行っています。ボランティアセンターに携わる教職員及び学生全員でより良いセンター運営をめざしています。

運営委員 人数
ボランティアセンター長 1名
ボランティア副センター長 2名
新潟青陵大学看護学部 1名
新潟青陵大学福祉心理学部 1名
新潟青陵大学短期大学部 2名
学務課 1名
ボランティアコーディネーター 1名
学生ボランティアコーディネーター 3名
  計12名