「な〜んした」でいこう。

な〜んしたでいこう。

軒先で干し柿がホッとする甘みを増していくように、

地域にこそ、地元の言葉と心でふれあい、ホッと出来る福祉・医療を根付かせていきたい。

この思いから始まった私たちの『メンタルフレンド』活動の取り組みが

文部科学省に認められ「現代GP」に採択されました。

「な〜んした!? だいじょうぶ、だいじょうぶ」。

家族のように語りかけ、人を見守る目を持ってこそ福祉・医療のプロ。

そう私たちは考えています。