大学教育改革プログラム合同フォーラムに参加しました

 平成20年2月9日(土)10日(日)にパシフィコ横浜で、文部科学省と(財)文教協会が主催する平成19年度大学教育改革プログラム合同フォーラムが開催されました。

 このフォーラムは、「現代的教育ニーズ取組支援プログラム(現代GP)」「特色ある大学教育支援プログラム(特色GP)」など今年度各プログラムに選定された取組を中心とし、国公私立大学を通じた大学教育改革支援の各プログラムが一堂に会した合同形式のフォーラムです。
取組を紹介するポスターセッション、基調講演、パネルディスカッション、各プログラム毎の分科会など通して、大学・短期大学・高等専門学校における教育改革の取組の参考とすることや、高校関係者をはじめとして、広く社会の皆様に大学教育改革の状況について情報提供を行うことを目的としています。

 本学からもこのフォーラムに、学生6名・教職員8名が参加し、2日目のポスターセッションにおいて、メンタルフレンド活動の現況や地域展開等、他大学に本学の取組を広く紹介させていただきました。

 多くの来場者の方からご質問をいただき、参加した学生や教職員は、大型ポスターや持参した取組リーフレット・活動の概要資料を使用して、取組の説明を行いました。

 また、他大学の取組についても、取組担当者等からその具体的内容について直接説明を聞き、意見・情報交換を行いました。多くの優れた取組に触れることができ、大変有意義な2日間となり、改めて大学教育改革の重要性を感じることができました。


本学の取組を紹介
情報収集と意見交換を行いました
学生スタッフの皆さん、お疲れさまでした