第1回現代GPフォーラムを開催いたします

GPフォーラム表
↑GPフォーラムのご案内オモテ
 
GPフォーラム裏
↑GPフォーラムのご案内ウラ

新潟青陵大学 第1回現代GPフォーラム「現代GP取組の意義と効果」

〜メンタルフレンド活動による子ども支援と地域福祉展開〜

開催日時 : 2008年3月9日(日)14:00〜16:30

開催場所 : 新潟市 新潟ユニゾンプラザ 大研修室

参 加 費 : 無料

対  象 : 医療・教育・福祉・行政・大学関係者、学生、一般市民の皆様

定  員 : 200名

主  催 : 新潟青陵大学

プログラム

  • 14:00 開会のあいさつ
  • 14:10 基調講演
  • 15:40 活動報告(第一部 学生、第二部 教員、第三部 まとめ)
  • 16:25 閉会のあいさつ

基調講演 14:10 〜 15:40

【演題】

「家庭・学校・地域による子ども支援の展開」〜寄り添うこと・つなぐこと、そして希望の回復〜

【講師】

尾木 直樹 氏
法政大学キャリアデザイン学部教授
臨床教育研究所「虹」所長
早稲田大学大学院教育学研究科客員教授

 1947年滋賀県生まれ。現在は東京都武蔵野市在住。
早稲田大学卒業後、海城高校、東京都公立中学校教師、東京大学講師として、22年間ユニークで創造的な教育実践を展開。その成果は170冊を超える著作物やビデオソフト、映画等にまとめられている。

 「キレる子現象専門家会議」(東京都)委員、「青少年と放送に関する専門家会合」(郵政省、NHK、民放連)委員、「いじめ防止学習プログラム」開発委員長(新潟県)、「放送分野における青少年とメディア・リテラシーに関する調査研究会」(郵政省)委員、「放送倫理機構(BPO)」(NHK、民放連)の「青少年と放送に関する委員会」副委員長等歴任。

 現在は、法政大学キャリアデザイン学部教授、早稲田大学大学院教育学研究科客員教授として、学生やゼミ・論文指導、臨床教育学、教 育相談論、キャリアガイダンス論等を講じている。また、全国への講演、テレビやラジオのコメンテーター、対談、新聞・雑誌等への執筆、単著の出版、教育相 談、カウンセリング等に幅広く活躍している。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として子どもと教育、メディア問題等に関する現場に密着した調査・研 究活動にも、精力的に取り組んでいる。

※ 不登校やいじめ・非行行動など子どもたちの「問題行動」は、私たちの社会に とって大きな課題となっています。家庭・学校・地域 ではどのように彼らを理解 し支援していったらよいのか、お話しいただきます。

お申込み

定員に達しましたので、締め切らせていただきます。多数のお申込ありがとうございました。

※ お申込みの際の個人情報につきましては、「申込み確認」「フォーラムの案内発送」以外の目的で使用することはありません。

お問い合わせ

本フォーラムに関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。

新潟青陵大学現代GPフォーラム事務局

  • 〒951-8121 新潟市中央区水道町1丁目5939番地
  • TEL: (025)266-0127
  • FAX: (025)267-0053
  • E-mail: pr※ (※電子メールをお出しになるときは「@」および「n-seiryo.ac.jp」を付けてください。)