子育て支援「育ちの森」現地研修会開催しました

 8月8日(金)に子育て支援センター「にいつ育ちの森」現地研修会を開催しました。当日は補講期間中ということもあって9名の皆さんの参加となりましたが,皆さん楽しく,興味深そうに参加していました。

 

    <館長による講義>

 ユニークで丁寧な施設見学案内の後、椎谷館長によるパフォーマンス入りの楽しい説明が開始されました。単なる子育て支援にとどまらず、母として・妻として・一人の女性として社会参加していく道筋をトータルに応援していきたい。そのための自主講座やサークル活動などが活発に企画されている。スタッフ配置も保育士以外にも社会福祉士を複数名採用して相談業務に力を入れている…など。お話は予定時間をはるかに超えて熱心に続きました。

 

    <ユニークな遊具>

 育ちの森では利用する親子さんのために環境に優しい木工遊具や手作り製品がたくさん用意されていました。「子どもたちにはできるだけ本物を用意してあげたい」とスタッフ。学生さんたちもしばし時間を忘れて遊びに熱中です。引率のS先生も思わず覗き込んでおられました。

 

    <聞き入るメンフレさん>

 育ちの森におけるメンタルフレンド活動の特徴や留意点などについて指導を受けるメンフレの皆さん。こちらの施設には本学卒業の先輩がメンタルフレンド活動をきっかけに子育て相談員(社会福祉士)として勤務しておられます。

 

 

 

※ 学内登録メンタルフレンドさん多数の活動参加をお勧めします。(照会は現代GP指導室まで)