図書館

図書館概要

図書館は利用者へのサービス提供のために様々な資料や設備を備えています。

図書館の役割

わたしたちのヴィジョン

新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部図書館は、知識基盤社会において、学術情報基盤として恒常的な情報資源へのアクセスを提供するだけでなく、知を創造する学習・教育基盤として教養と専門性を備えた人材の育成を支援するとともに、人・本・情報との出会いの場を創出し、人を支えるための「こころ」を育みます。

わたしたちのミッション

私たちは、学生の学習成果の向上を第一に考えて資料を収集し、図書館による教育とサービスを提供することで、学生が生涯にわたって主体的に学ぶ力を身につけられるようにします。また、学内の研究活動の支援とともに地域社会にも広く開放し、卒業生のキャリア形成の支援と地域社会の情報源になることを目指します。

図書館の紹介

本学図書館は、1965(昭和40)年4月の新潟青陵女子短期大学開学に併せて設置されました。
当初図書館は1号館3階の東寄りの一角(現1301講義室および現1302準備室)に、図書管理室、新聞雑誌閲覧室、特別閲覧室、学生閲覧室、書庫室で構成されて、面積は252㎡の小規模なものでした。将来は独立した図書館を建設したいという構想もあって、開学時は校舎3階に暫定的に設置されました。
その後の蔵書の増加で1992(平成4)年9月頃には手詰まりの状態となったため、寄宿舎「ひめまつ荘」を改築した現在の3号館に移転しました。これを機に、図書館システム「情報館」を導入して、10月に新図書館として機能の効率化を図って開館しました。
平成8年には新学科増設により、蔵書数も増加し、図書館スペースも拡充しました。また、2000(平成12)年4月には、新潟青陵大学開学と同時に、既存の短大図書館(総面積979㎡)を増床して大学、短大共用図書館(1,156㎡)としてスタートしました。
現在は、新潟青陵大学大学院、新潟青陵大学、新潟青陵大学短期大学部の共用の図書館で、3号館の1階と2階のフロアを占めています。蔵書のほとんどは1階の第1閲覧室にあり、看護学、社会福祉、心理学、生活科学、語学、幼児教育、保育などを中心した専門書の他に、文学や美術関係の資料なども多く所蔵しています。
2階の閲覧室は、静かに学習をするスペース「クワイエット・スタディーゾーン」と話し合いをしながら学習をするスペース「コラボレーション・スタディーゾーン」(第2閲覧室、コミュニケーション・ラボ、ミーティングルーム)に分かれていて、学生は自分の学習スタイルに合わせてスペースを選ぶことができるようになっています。また、コミュニケーション・ラボには職員が常駐し、プロジェクター等の情報機器の貸出しや授業や学生のサポートを行っています。この他に6,000タイトルもの視聴覚メディアを視聴することができるメディア・ラボがあります。

施設概要

面積 1,017平方メートル
閲覧席 166席
図書 約150,000冊(うち洋書約10,000冊)
雑誌 約1,400種(うち洋雑誌100種)
視聴覚資料 約6,000タイトル(電子資料を含む)

主な施設

2F 資料 視聴覚メディア、絵本、紙芝居
設備 2階サービスカウンター 第2閲覧室 第3閲覧室 メディア・ラボ コミュニケーション・エリア 無線LAN
1F 資料 図書、雑誌、製本雑誌、参考図書
設備 1階サービスカウンター 第1閲覧室 雑誌室 新聞閲覧コーナー 新着図書展示コーナー 貴重書展示コーナー スタックランナー(電動書架) ロッカールーム 参考図書 情報検索端末5台 コピー機2台 トイレ 無線LAN