幼児教育学科

幼児教育学科の学び

カリキュラム

幼稚園教諭・保育士両方の関係科目 幼稚園教諭関係科目 保育士関係科目 本学科特色科目

  1年次 前期 1年次 後期 2年次 前期 2年次 後期
一般教育科目
  • 心理学
  • 物理学
  • 基礎ゼミ
  • 教養Ⅱ(数学)
  • 社会学
  • 音楽
  • 教養Ⅰ(国語)
  • 地域貢献インターンシップ
  • 情報処理論
  • 基礎ゼミ
  • 教養Ⅰ(国語)
  • 教養Ⅱ(数学)
  • 歴史
  • 地域貢献インターンシップ
  • 文学
  • 生物学
  • 日本国憲法
  • 化学
  • 美術史
  • 日本語表現法
  • 経済学
  • 生活科学
外国語科目
  • 英語Ⅰ
  • 英会話Ⅰ
  • ドイツ語Ⅰ
  • 中国語Ⅰ
  • 英語Ⅱ
  • 中国語Ⅱ
  • ドイツ語Ⅱ
 
  • 英会話Ⅱ
保健体育科目
  • スポーツ
   
  • 体育講義
専門教育科目
  • 子どもの保健
  • 保育原理
  • 社会福祉概論
  • 音楽ⅠA
  • 音楽ⅠB
  • 図画工作Ⅰ
  • 体育Ⅰ
  • 情報処理演習Ⅰ
  • 発達心理学Ⅰ
  • 保育内容総論
  • 人間関係指導法Ⅰ
  • 表現(造形)指導法Ⅰ
  • 幼稚園教育実習
  • 社会的養護Ⅰ
  • 子ども家庭福祉
  • 国語
  • 音楽Ⅱ
  • 情報処理演習Ⅱ
  • 教育学概論
  • 教育心理学
  • カリキュラム論
  • 健康指導法Ⅰ
  • 言葉指導法Ⅰ
  • 表現(身体)指導法Ⅰ
  • 表現(音楽)指導法Ⅰ
  • 乳児保育Ⅰ
  • 特別支援保育論Ⅰ
  • 幼稚園教育実習
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 子ども家庭支援の心理学
  • 子どもの健康と安全
  • 子どもの食と栄養
  • 音楽Ⅲ
  • 体育Ⅱ
  • 教育心理学演習
  • 乳児保育Ⅱ
  • 臨床心理学
  • 環境指導法Ⅰ
  • 教育制度論
  • 言葉指導法Ⅱ
  • 社会的養護Ⅱ
  • 教育方法論
  • 幼児理解
  • 教育相談
  • 特別支援保育論Ⅱ
  • 保育実践演習
  • 幼稚園教育実習
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ
  • 保育実習指導Ⅲ
  • 子どもの食と栄養
  • 子育て支援
  • 子ども家庭支援
  • 音楽Ⅳ
  • 保育者論
  • 図画工作Ⅱ
  • 発達心理学Ⅱ
  • 健康指導法Ⅱ
  • 人間関係指導法Ⅱ
  • 環境指導法Ⅱ
  • 表現指導法Ⅱ
  • 保育実践演習
  • 幼稚園教育実習
  • 保育・教職実践演習(幼稚園)
  • 保育実習Ⅰ
  • 保育実習Ⅱ
  • 保育実習Ⅲ
  • 保育実習指導Ⅰ
  • 保育実習指導Ⅱ
  • 保育実習指導Ⅲ
  • 幼児理解

2年間の時間割例

1年次(前期)

  Mon Tue Wed Thu Fri
発達心理学Ⅰ 人間関係指導法Ⅰ 基礎ゼミ 社会福祉概論 物理学
保育内容総論 幼稚園教育実習指導 音楽ⅠB 図画工作Ⅰ 情報処理演習Ⅰ
3 英語Ⅰ 音楽ⅠA 体育Ⅰ スポーツ  
  保育原理 表現(造形)指導法Ⅰ 音楽  
心理学        

2年次(前期)

  Mon Tue Wed Thu Fri
幼稚園教育実習指導 教育制度論 生物学 臨床心理学 音楽Ⅲ
体育Ⅱ 保育実習指導Ⅰ 相談援助 社会的養護内容
3 幼児理解 障害児保育Ⅱ 教育心理学演習 子どもの保健Ⅱ 子どもの食と栄養
保育実践演習   環境指導法Ⅰ 乳児保育  
  日本国憲法      

学生の声

幼児教育学科 2年 五十嵐 地大さん

幼児教育学科 2年
五十嵐 地大さん 新潟県 村上桜ヶ丘高校出身

自信を持って実習に臨み、やりがいを実感

  • 授業→演習→実習で力がつく

    2年間のカリキュラムでは、授業で知識をつけ、演習で実技の腕を磨き、実習で実践的な自分の力へと変えていきます。演習ではクラスメイトを相手に模擬保育を行います。準備は大変で徹夜する日もありましたが、度胸と技術が身につき、友人からのアドバイスもとても勉強になりました。先生から「まず自分自身が楽しむことが大切」とアドバイスをいただき、そのおかげで、実習先でも楽しみながら保育に臨むことができました。

  • 実践だからこそ得られる気づき

    音楽の授業のなかで鍵盤を見ずに子どもたちを見ながら演奏する指導がありました。ピアノ経験はあったのですが、なかなかうまく行かず、毎日ピアノレッスン室で練習を重ねました。おかげで2年次前期の実習では、私のピアノと子どもたちによる合唱コンサートを連日行い盛り上がるまでに成長。つい自分の動作に集中しがちになりますが、どんなときでも“子どもを見る”ことの大切さを再認識しました。実習から保育者の大変さを知るとともに、やはり子どもと関わる楽しさを強く感じることができました。