臨床心理学研究科
臨床心理学専攻(修士課程)

研究科長メッセージ

臨床心理学研究科長 本間 恵美子

実践を通して臨床感覚を磨き、
「こころ」に寄り添える臨床心理士を育成します。

相談を望んでいる方と信頼関係を築き、一緒に考え、共感しながら支援していく。上から目線ではなく「こころ」に寄り添いながら、相談者が自分らしい生き方を見出して選びとっていけるようお手伝いする。それが、「こころの専門家」臨床心理士に求められる役割です。

本研究科では相談者に利益を提供できる臨床心理士を育成するため、理論を体系的に学修できるカリキュラムを組みながら、現場で生きる臨床実践力の修得に努めています。具体的には心理査定や心理療法の実習をはじめ、隣接する臨床心理センターや幼稚園、地域の病院や福祉施設での実習など、早期から実践経験を積める機会を提供しています。さらに、実習先での経験を参加学生全員が共有したり、教員と少人数ゼミで相談方法を振り返る機会も設けています。学生が担当したケースを丁寧に検討できるのは少人数教育を実践している本研究科ならではの強みです。

地域とのかかわりの構築および多彩な領域を専門とする教員による少人数教育は、臨床心理士資格試験における高い合格率や就職実績にも現われているように、かなり進展していると感じています。今後は今までの教育水準を維持しつつ、地域で活躍する実務家と交流を深め、在学生が臨床心理について深い関心と広い視野を持てるよう工夫していきたいと考えています。

これからの新潟青陵大学大学院 臨床心理学研究科に、どうぞご期待ください。

臨床心理学研究科長
本間 恵美子