看護学研究科

特別研究担当教員

母子看護学分野

教員名 職位 研究テーマ
渡邉 タミ子 教授(小児) 小児看護学の視点から健康課題や家族支援などに関わる研究課題を設定し、倫理的配慮に基づいて研究計画を立案、適切な調査法によるデータ収集、質的又は統計学的手法による分析を行い、それらを踏まえて研究論文の作成に至るまでのプロセスを自立してできるように指導する。
本間 昭子 教授(小児) 病気や障がいのある子どもと家族が利用する保健医療・教育・福祉システムに求める支援と提供される支援の関係に視点をあて、家族を基盤とした社会の中で子どもが育つために求められる看護の機能と役割を探究するテーマについて研究指導を行う。
塚原 加寿子 准教授(小児・学校保健) 子どもの健康問題や発達課題に関わる研究課題を設定し、養護・看護・教育・福祉の視点を踏まえた、子どもの健康保障・発達支援について探求する。特に、養護教諭や学校保健の果たす役割について研究指導を行う。
池田 かよ子 教授(母性) 性と生殖に関する価値観が多様化する中で、妊娠、出産、育児期の女性の健康に影響を及ぼす思春期や青年期、また渦中にある妊婦や育児期の母子や家族の健康問題を明らかにし、次世代の健康を見据えた有効な支援のあり方について研究指導を行う。
渡邊 典子 教授(母性) 性と生殖に関わるリプロダクティブヘルスの視点から、次世代育成の準備期である思春期保健全般と次世代育成期にある周産期の母子と家族の健康課題と支援、及びその支援の中核を担う助産師の専門性発揮と自立について、出産の歴史・社会的考察をもとに研究指導を行う。

授業担当教員

成人看護学分野

教員名 職位 研究テーマ
佐々木 祐子 教授 慢性疾患とともに生活する人とその家族の病いの体験の理解と生活の再構築の探求、質の高いエンド・オブ・ライフケアを提供するための患者と家族への包括的なケアを探求する。対象者を生活の視点から捉えたセルフケア支援、がんの診断時からの治療選択や治療継続における心理的援助、終末期にある患者と家族のニーズに沿った看取りに関する研究指導を行う。

授業担当教員

看護管理学分野

教員名 職位 研究テーマ
中根 薫 教授 看護の実践現場で直面し、解決を必要としている課題を看護管理学の観点から科学的に探求し、成果を論文としてまとめる。特に看護職の育成やキャリア開発、リーダーシップ等の人的資源に関するテーマや組織に関するテーマについて研究指導を行う。
和田 由紀子 准教授 看護管理学の視点より、看護職者のストレス・傷つきやその支援、ワーク・ライフ・バランスの充実等に対する問題を科学的根拠に基づき検討し、研究課題を明確化する。設定した研究課題について探求し、その成果を論文としてまとめることができるよう研究指導を行う。

授業担当教員