看護学研究科

研究科長メッセージ

看護学研究科長 中村 悦子

より質の高い看護を提供できる人材と、
看護の明日を担うリーダーを育成します。

21世紀に入り、医療の高度化・専門化が進み、少子高齢化に伴う疾病構造の変化や情報化・国際化など、健康を取り巻く社会環境は著しく変化し、社会的ニーズも多様化しています。特に看護職者に対しては「より質の高い看護」の提供が強く求められ、その役割や機能拡大への期待は高まる一方です。

看護教育の新たな進化が求められている今、こうした社会的要請に応えるべく、新潟青陵学園のこれまでの教育・研究・実践の実績を踏まえて「新潟青陵大学大学院看護学研究科(修士課程)」が開設されました。本研究科では、「ケアの心」と「実践知」の2つのキーワードを基盤として、教育・研究・実践力を兼ね備えた人材、そして看護学の発展と社会に貢献できるリーダーの育成を目指します。中心的学問領域には「母子看護学分野」「成人看護学分野」「看護管理学分野」の3分野を設置しています。

学内の既設学部・学科との連携も本研究科ならではの強みです。大学院臨床心理学研究科と看護学部、福祉心理学部の教員による講義を教育課程に反映しているほか、研究の助言をいつでも受けられるなど充実した教育研究環境を整えています。一人ひとりが自らの可能性に挑戦し、看護を探求する喜びを体験していただくこと、そして、医療のキーパーソン・看護のリーダーとして成長されますことを期待しております。

看護学研究科長
中村 悦子