福祉心理学部

【臨床心理学科】 カリキュラム

卒業に必要な必修科目 公認心理師課程必修科目

科目 1年次 2年次 3年次 4年次
全学
共通
科目
導入教育
科目
  • フレッシュマンセミナー
  • スタディスキルⅠ
  • スタディスキルⅡ
  • 国語表現基礎
  • 数学基礎
  • 英語基礎
  • IT基礎演習
  • キャリアデザイン入門
     
教養基礎
科目
  • 哲学
  • 心理学
  • 地域文化論
  • 法律学
  • 統計学
  • 生物学
  • 芸術学
  • 経済学
  • 統計学
  • 社会学
  • 化学
  • 文学
IT科目
  • ITと社会
  • IT活用演習Ⅰ
  • IT活用演習Ⅱ
 
  • IT活用演習Ⅲ
  • IT活用演習Ⅳ
 
地域連携と
ボランティア
科目
  • 地域連携とボランティア
  • ボランティア実習Ⅰ
  • 地域連携実習Ⅰ
  • ボランティア実習Ⅱ
  • 地域連携実習Ⅱ
  • 国際ボランティア論
複合・
学際科目
  • 看護・福祉史
  • 人間発達学
  • 新潟学
  • 人の暮らしと日本国憲法
 
  • 人の生と死
  • 保健医療社会学
外国語と
国際交流
科目
  • 外国語学習ストラテジー
  • 英会話Ⅰ
  • 英会話Ⅱ
  • 英語情報収集Ⅰ
  • TOEIC・TOEFL演習Ⅰ
  • TOEIC・TOEFL演習Ⅱ
  • 初修第二外国語入門
  • 初修第二外国語基礎
  • 外国語としての日本語Ⅰ
  • 外国語としての日本語Ⅱ
  • 海外研修Ⅰ
  • 海外研修Ⅱ
  • 海外研修Ⅲ
  • 英語情報収集Ⅱ
  • 英語情報発信Ⅰ
  • 英語情報発信Ⅱ
  • 目的別英語Ⅰ
  • 目的別英語Ⅱ
  • 海外研修Ⅳ
  • 国際交流Ⅰ
  • 国際交流Ⅱ
   
健康と
スポーツ
科目
  • スポーツⅠ
  • スポーツⅡ
  • 健康・スポーツ科学
  • スポーツⅢ
 
専門
科目
学部
共通
科目
職業力
育成科目
  • キャリアデザインⅠ
  • キャリアデザインⅡ
  • ビジネスアプリケーションⅠ
  • キャリアデザインⅢ
  • インターンシップ
  • 数的推理・判断推理Ⅰ
  • 数的推理・判断推理Ⅱ
  • ビジネスアプリケーションⅡ
  • ビジネスアプリケーションⅢ
  • ITストラテジー
  • ITマネジメント
  • 就業力育成演習Ⅰ
  • インターンシップ
  • ビジネスアプリケーションⅣ
  • ITテクノロジー
  • 現代社会とメディアⅠ
  • 現代社会とメディアⅡ
  • 就業力育成演習Ⅱ
福祉心理
学部
専門基礎
科目
  • 社会福祉原論Ⅰ
  • 社会福祉原論Ⅱ
  • 人体の構造と機能及び疾病
  • 医療福祉論
  • 精神疾患とその治療
  • 精神保健学Ⅰ
  • 精神保健学Ⅱ
  • 障害者・障害児心理学
  • 児童臨床心理学
  • 発達心理学Ⅰ
  • 発達心理学Ⅱ
  • 発達心理学Ⅲ
  • 社会福祉特別講義
  • 社会調査論
  • 子ども家庭支援論
  • 心理学概論
  • 教育・学校心理学
  • 家族心理学概説
  • 福祉心理学
  • 社会福祉特別演習
  • 家族福祉論
医療事務
関連科目
   
  • 医療管理学
  • 医療秘書実務
  • 医療事務Ⅰ
  • 医療事務Ⅱ
 
レク
リエーション
関連科目
  • レクリエーション論
  • スポーツ・レクリエーション論
  • レクリエーション活動援助法
  • レクリエーション現場実習
 
  • 福祉レクリエーション論
  • 福祉レクリエーション援助論
  • 福祉レクリエーション演習
 
学科
専門
科目
心理学
領域
  • 心理学研究法Ⅰ
  • 知覚・認知心理学
  • 学習・言語心理学
  • 社会心理学
  • 心理学実験
  • 心理学統計法
  • 社会・集団・家族心理学
  • 文化心理学
  • 社会心理学実験実習
  • 心理・教育測定法
  • 心理学研究法Ⅱ
  • 心理学文献講読Ⅰ
  • 心理学文献講読Ⅱ
  • 神経・生理心理学
臨床
心理学
領域
  • 臨床心理学概論
  • 臨床心理ゼミナールⅠ
  • 心理学的支援法
  • 心理的アセスメント
  • 臨床心理学演習
  • 臨床心理ゼミナールⅡ
  • 健康・医療心理学
  • コミュニティ心理学
  • 公認心理師の職責
  • 関係行政論
  • 心理演習
  • 臨床心理ゼミナールⅢ
  • 心理療法論
  • 感情・人格心理学
  • 司法・犯罪心理学
  • 産業・組織心理学
  • 卒業研究
  • 心理実習
対人
援助
領域
  • 社会福祉援助技術総論
  • 社会福祉援助技術論Ⅰ
  • 社会福祉援助技術論Ⅱ
  • 社会福祉援助技術演習
  • 社会福祉援助技術現場実習指導
  • 社会福祉援助技術論Ⅲ
  • 社会福祉援助技術論Ⅳ
  • 相談援助演習Ⅰ
  • 社会福祉援助技術現場実習
  • 社会福祉援助技術現場実習指導
  • 相談援助演習Ⅱ
他学部聴講科目
  • 権利擁護と成年後見制度
  • 老人福祉論Ⅰ
  • 老人福祉論Ⅱ
  • 介護概論Ⅰ
  • 社会保障論Ⅰ
  • 社会保障論Ⅱ
  • 児童福祉論Ⅰ
  • 障害者福祉論Ⅰ
  • 障害者福祉論Ⅱ(就労支援サービス論を含む)
  • 福祉行財政と福祉計画論
  • 社会福祉事業運営論
  • 公的扶助論
  • 地域福祉論Ⅰ
  • 地域福祉論Ⅱ
  • 司法福祉論
 
  • ※カリキュラムは改編などの変更がある可能性があります。

授業紹介

  • 目的別英語Ⅰ・Ⅱ

    心理の研究分野と実践現場で使用される英語を学びます。日本において、英語を母語あるいは外国語として理解できる人に対して、簡単な英語で対応できるようになることをめざします。

  • 臨床心理学演習

    この演習では小グループに分かれ、「見守り手」と様々な活動を行います。その体験を通して得た、生身の感じ・思い・考えを振り返りながら実施前と比べて、自己理解や他者理解がどう変化したかを考えます。

  • 心理学実験

    教科書上で学んできた人の感覚などを、「実験」として実際に自分自身で試しながら、心理学全体の基礎とも言える自然科学的な方法論や考え方を修得します。同時に実験レポートの書き方についても学びます。

  • 心理的アセスメント

    対象者を理解するための様々な心理検査がありますが、演習を通して自分自身で体験することにより、心理検査についての理解が深まります。

  • レクリエーション活動援助法

    心理的支援についての知識を備えたうえでレクリエーション援助法を学ぶことにより、対象者の特性に合わせたよりきめ細かな援助の実践が可能となります。

  • 健康・医療心理学

    人は多くの場合、ストレスを感じる状況でそれを避けたり、和らげたりする対処行動やコントロールをしています。ストレスが人のこころやからだに及ぼす影響やその対処法について学びます。