福祉心理学部

【社会福祉学科】子ども発達サポートコース

保育・社会福祉・心理で様々な人々を支援する

学びの特徴

Point1 保育士&社会福祉士のW取得が可能

福祉を幅広く学べるのが特徴です。全員が両資格W取得を希望でき、あらゆる福祉分野で相談職として活躍できる力を身につけます。国家試験対策も充実。3年次よりはじめる集中講義や演習、模擬試験など万全のバックアップ体制が整っています。

Point2 実践力と専門性を高める学び

正課の実習のほかに、放課後児童クラブ実習(2年次)や過疎地の保育を学ぶためのフィールドワーク(4年次)など、多様な実践の現場を用意しています。またボランティア活動や地域の子どもたち対象の学習支援、子ども食堂の運営など、積極的に課外活動に参加する学生が多く、多様な学びの場を通して大きな力をつけていきます。

  • 取得可能な資格
    ■保育士 ■社会福祉士(国家試験受験資格)
    ■認定心理士
    ■認定スクールソーシャルワーカー
  • 活躍のフィールド
    ■保育士 ■児童福祉施設・障害者福祉施設の支援員
    ■行政・施設の相談員、支援員 ■公務員
    ■一般企業 など

学生の声

社会福祉学科 4年 星 夢月さん

社会福祉学科 4年
星 夢月さん 新潟県 小出高校出身

保育と福祉、両方の視点で子どもをサポート
もともとは保育士を志して入学しましたが、本コースでは保育だけではなく福祉全般についても広く学ぶことができます。そのため実習では子どもだけに限らず、子どもたちを取り巻く環境や地域の資源と保育がどう連携しているかなど、幅広い視点で物事を見られるようになりました。その結果、保育士だけではなく社会福祉士の資格取得も決意。希望する方向性に合わせて取得する資格を柔軟に検討できるところがありがたかったですね。保育実習で感じた1番のやりがいは、子どもたちの素直な反応です。実習最終週に、それまで身につけてきた知識や技術を活かして遊びを教えたところ、楽しそうに遊んでいたり、教えた翌日も「先生、あの遊びまたやってよ」と言われたことは、とてもうれしかったです。青陵幼稚園での部分保育やボランティア活動では、保護者・保育者・子どもの三者の関わりを知ることもできました。学びを深めるなかで障がい児への関心が深まり、卒業後は大学院の特別支援領域に進学します。将来は特別支援学校などで障がい児に関わる仕事に就き、福祉的な視点も持ちながら学校と地域が連携したサポートをしていきたいと思っています。

学修の流れ

  1年次 2年次 3年次 4年次
前期 後期 前期 後期 前期 後期 前期 後期
学びのねらい 子ども一人ひとりが尊重される社会のあり方について考える 子どもの心身の発達や遊び、援助について考えはじめる 実践を通して子どもや家庭、地域の現状について知り、理解を深める これまでの学びを結合し、将来の目標とつなげて学びを深める
自発的な学修 スタディ
スキルⅠ
スタディ
スキルⅡ
保育所観察実習 卒業研究Ⅰ・Ⅱ
演習・実習 青陵幼稚園見学 保育所観察実習 保育所実習Ⅰ
(2~3月)
福祉施設実習
(8~9月)
保育実習Ⅱ
(12月)
社会福祉援助技術現場実習 (6月・10月)
主な専門科目
  • ■社会福祉原論Ⅰ
  • ■表現指導法
  • ■保育原理
  • ■社会的養護Ⅰ
  • ■子どものことば遊び
  • ■児童福祉論Ⅰ・Ⅱ
  • ■社会的養護Ⅱ
  • ■発達心理学Ⅰ
  • ■人間関係指導法
  • ■保育の計画と評価
  • ■障害児保育
  • ■保育者論
  • ■子育て支援Ⅱ
  • ■家族福祉論
  • ■保育実践演習
資格取得・
就職支援
将来を見通した計画を立てる 職種や職域の検討も意欲的に     保育士内定者の話を聞く 保育士をめざす人のための特別講座
  • ■キャリアデザインⅠ
  • ■キャリアデザインⅡ
  • ■キャリアデザインⅢ
個人面談 公務員試験対策    
                  社会福祉士国家試験対策講座

Pick up 1 理論と実践が出会う

理論と実践が出会う

新潟青陵幼稚園の見学、保育所観察実習と準備を重ね、合計3回の本実習に臨みます。
理論的な学びと実践場面での学びが重なるとき、深い洞察が生まれます。

Pick up 2 卒業研究Ⅰ・Ⅱ

卒業研究Ⅰ・Ⅱ

3年次から継続して進めます。
指導教員の専門領域は保育学・教育学、児童福祉、社会福祉、心理学、健康と身体表現など、多岐にわたります。
自信を持って向学心に応えます。

Pick up 3 進路サポート

進路サポート

保育士をめざす人のための特別講座や、社会福祉士の国家試験対策講座が開講されます。
また社会福祉系、教育学系、心理学系大学院などへの進学もサポートします。

Pick up 4 得意分野を追求する

得意分野を追求する

保育士に加えて社会福祉士、あるいは認定心理士、レクリエーション・インストラクター、
介護職員初任者研修課程など、関心に合った資格取得により得意分野のある専門家として活躍できます。

4年間の時間割例

  • ※時間割は一例です。

1年次(前期)

  Mon Tue Wed Thu Fri
社会福祉原論Ⅰ 英会話 Ⅰ 老人福祉論Ⅰ 人体の構造と機能及び疾病 社会福祉
援助技術総論
スタディスキルⅠ 保育内容総論 外国語学習
ストラテジー
子どもの言葉遊び 介護概論Ⅰ
3 保育原理 キャリアデザイン入門 IT活用演習Ⅰ ITと社会 子どもの運動遊び
子どもの保健 心理学 地域文化論   地域連携と
ボランティア
  表現指導法 レクリエーション論 英語基礎  

2年次(前期)

  Mon Tue Wed Thu Fri
  障害者福祉論Ⅰ   児童臨床心理学 総合表現技術
乳児保育 キャリアデザインⅢ 社会的養護内容 発達心理学Ⅰ  
3 環境指導法 社会福祉
援助技術論Ⅰ
  社会福祉
援助技術演習
スポーツ Ⅱ
小児保健演習 児童福祉論Ⅰ 子どもの食と栄養    
    社会保障論Ⅰ 韓国語会話  

3年次(前期)

  Mon Tue Wed Thu Fri
  家庭支援論 目的別英語Ⅰ
(福祉)
社会福祉援助技術論Ⅲ  
福祉レクリエーション論   心理学概論 社会福祉運営論  
3   保育心理学演習     相談援助演習Ⅰ
保育実習指導Ⅰ 家族心理学 地域福祉論Ⅰ 卒業研究Ⅰ 公的扶助論
    障害児保育    

4年次(前期)

  Mon Tue Wed Thu Fri
  保健医療社会学      
      文学 保育実践演習
3 相談援助演習Ⅱ 家族福祉論 社会福祉援助技術現場実習指導 人の生と死  
         
社会福祉特別演習 卒業研究Ⅱ