看護学部

取得可能な資格

“生きる”を支える4つの仕事をめざす

“生きる”の様々な場面に関わる看護職に。

めざせる4つの資格

【取得可能なその他の資格】・実用英語技能検定・TOEIC・マイクロソフトオフィススペシャリスト・養護教諭二種免許状(保健師選択者のみ)・受胎調節実地指導員(助産師選択者のみ)

01 看護師(国家資格)

  • 看護師

    その人らしく生きるための援助を行う
    「医療・福祉のサポート役」

    あらゆる健康レベルにある人のQOL(Quality Of Life=生活の質)の維持向上をめざし、その人の幸せを考え、その人らしく生活するための援助をするのが看護師です。病院や診療所、老人保健施設など、活躍の場は多岐にわたります。

  • 青陵の特徴

    1. 実習先はすべて新潟市内の主要病院
    2. 臨地実習は教員1人が学生5〜6人を担当
    3. 丁寧な国家試験対策&卒業後を見据えた授業

    学びのポイント

    1. 様々なライフステージや健康レベルにある人々への看護を専門的に学びます。
    2. 幅広い知識と技術を統合して医療現場に対応できる「実践力」を修得します。
    3. 看護師としてふさわしい「倫理観」と「看護観」を育みます。

02 保健師(国家資格)

  • 保健師

    地域に暮らす人々の
    健康を支える「地域保健の専門家」

    地域で生活する人々の生活に密着し、健康の保持・増進、病気予防のために、人々が健康な生活を送れるようセルフケアの支援を行うのが保健師です。保健所や市町村保健センターなどで思春期から、母子、成人、高齢者の保健活動に従事します。

  • 青陵の特徴

    1. 定員の人数制限なし
    2. 保健師として様々な分野の実務経験を持つ教員による実践的な指導
    3. 丁寧な国家試験対策&充実したキャリアプラン指導

    学びのポイント

    1. あらゆる世代の、様々な健康状態の人々を対象にした「保健指導」を学修します。
    2. 「地域診断」「家庭訪問」「健康相談」「健康教育」など、保健師の活動の実際や役割について、講義や実習を通して学修します。
    3. 「疫学」「保健医療・統計学」「プライマリヘルスケア論」などの専門科目を通して、地域で生活する人々や地域全体の健康状態を明らかにするためのデータ分析や、人々が健康に暮らせるためのしくみづくりを学修します。

03 助産師(国家資格)

  • 助産師

    妊娠・出産、女性の一生まで
    幅広くケアする「女性の健康の指南役」

    未来を担う新しい生命の誕生に関わるとともに、生涯にわたる女性の健康を幅広く支援するのが助産師です。妊産婦の不安を解消し、安心した気持ちで分娩できるサポート、新生児ケア、育児相談、思春期相談、不妊の相談、更年期の相談などを行います。

  • 青陵の特徴

    1. 定員は各年度15人、県内トップクラスの人数!
    2. 助産師が活躍する様々な活動を体験できる、豊富な実習内容
    3. 丁寧な国家試験対策&卒業後を見据えた授業

    学びのポイント

    1. 妊娠〜分娩〜出産、育児期の「保健指導法」「助産技術」「母子のケア」を講義、演習、臨地実習を通して身につけます。
    2. 高校での思春期保健活動や、幼稚園、マタニティエクササイズなどの見学実習を通して、女性の健康支援についての理解を深めます。
    3. 母子とその家族、そして女性に寄り添ったサポートができる「人間性」を育みます。

04 養護教諭

  • 養護教諭

    子どもたちの健康保持増進をはかる
    「学校保健の専門家」

    学校におけるすべての教育活動を通して、子どもたちの健康を守り、成長を支援するのが養護教諭です。救急処置、健康診断、疾病予防などの保健管理や、保健教育、健康相談などを行います。また、学校保健活動の推進にあたって中核的な役割を果たしています。

  • 青陵の特徴

    1. 定員の人数制限なし(新潟県内では本学のみ)
    2. 実践力を身につけた養護教諭を育成
    3. 充実した教員採用試験対策&卒業後のサポート
    4. 抜群の採用実績

    学びのポイント

    1. 子どもの健康を守り、発育・発達を支援するための知識と技術を修得します。
    2. 「学校保健」「養護概説」「教師論」「教育心理学」などの養護や教職に関する科目で、養護教諭の活動の実際や役割について学修します。
    3. 養護教諭としてふさわしい「人間性」を育みます。

「大学」で学ぶということ

  • これからの看護に必要な幅広い教養が身につくことで対象者の方に最善の対応ができる。
  • 幅広い視野と研究的思考が得られる。
  • マネジメント(管理)能力や調整能力が得られる。
  • 看護師以外の資格取得のための選択肢が多彩。
  • 国際交流やボランティアなどの機会が充実している。
  • より高い「待遇」や「責任」ある仕事に就くことができる。

[日本看護系大学協議会より]