看護学部

臨地実習

病気だけでなく、それらを抱える“人”をみる
そのための臨地実習

臨地実習

Point1.実習はすべて新潟市内やその近郊の主要病院

臨地実習は、高度な医療技術と最新の設備で評価が高い新潟市内の主要病院で行われます。質の高い看護を肌で学べる経験がキャンパスから通いやすい環境でできるのは、新潟市中心部にある本学ならではの特徴です。

Point2.実習指導体制は1人の教員が学生5~6人を担当

はじめて現場に立つときは緊張や不安がともなうものですが、本学では、学生5~6人に1人の教員が同行し、わからないことや困ったことなどの問題にその場で対応しています。毎日の振り返りを教員と行うことで学びを深めます。教員は、実習で様々な体験を積み重ねていくときのこころの支えになるはずです。

  • ※教員が講義等で大学に戻る場合、臨地実習指導者が対応します。

青陵ならではの実習

  • 地域健康支援実習Ⅲ

    地域健康支援実習Ⅲ

    退院調整看護師とともに退院カンファレンスや家族との面談に同席し、患者・家族の相談や多職種連携の実際を体験します。在宅療養への移行に向け入院中に何をすべきか、連携の場面で看護師に期待されていることは何かなど、視点を拡大して患者さんの暮らしを支える看護について学ぶことができます。地域包括ケア時代には柔軟で、より患者中心の看護が求められることが実感できる実習です。

  • 公衆衛生看護展開論Ⅲ

    公衆衛生看護展開論Ⅲ

    地域に暮らす人々の健康課題に対応した看護活動を学ぶために、学内演習に加え臨地実習を行います。実際に地域を巡ったり家庭に伺ったりしながら、人々の暮らしと健康との関連を広い視野で捉える力を養います。

  • リプロダクティブヘルスケア実習Ⅰ

    リプロダクティブヘルスケア実習Ⅰ

    思春期のこころとからだの成長発達の支援として、高校で『思春期の性』について授業をします。まずはミニゲームで高校生と仲良くなります。その後○×クイズを盛り込んだ性についての講義、男女交際については劇をしながら高校生と一緒に考えます。最後は助産師をめざした動機、分娩に立ち会って感動したこと、自分自身を大切にすることなど、一人ひとりが高校生へ自分の思いをメッセージにして伝えます。

  • 発達支援実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    発達支援実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    発達支援実習は、養護教諭志望の学生を対象とした実習です。Ⅰは新潟市の特別支援学校、Ⅱは新潟青陵高等学校、Ⅲは新潟市内の小・中学校で実習を行います。学校というフィールドで、様々な発達段階の子どもと関わることができます。

学生の声

保健師選択

看護学科 4年 佐藤 純気さん

看護学科 4年
佐藤 純気さん
新潟県 新津高校出身

地域に暮らす人の病気を未然に防ぐ保健師に
「人の役に立ちたい」と看護師を志して入学しましたが、3年次7月に経験した保健師の実習が進路の大きな転機になりました。このときの実習で、1歳6ヵ月検診や健康診断の結果説明に立ち会い、病気を未然に防ぐ形で人の役に立てる仕事に大きなやりがいを感じて、保健師に進路を変更。実習で訪れた地域は、アンケートの結果高血圧の住民が多いことが判明し、公民館を借りて実習生3人で「健康教育」の講座を開催しました。高血圧のしくみから食事指導まで資料を用意して説明したところ、手応えがあり、うれしかったですね。このとき、公衆衛生の授業で学んだ「保健師は地域を俯瞰で見ることと、細かく見ることの両方が大切」という教えを実感を持って理解することができました。授業は知識の習得だけではなく、自分の成長にもつながったと思います。5~6人で実際の事例をもとに患者のアセスメントを行う「グループワーク」では、自分たちで問題点を探し出して意見を交わしていくなかで、協調性が磨かれ、意見が評価されて自信もつきました。保健師の仕事は、直接治療に関わるような即効性があるものではありません。住民の皆さんが主体的に健康な暮らしを送れるよう手助けしながら、時間をかけて信頼を積み上げていきたいです。

助産師選択

看護学科 4年 塩原 雪菜さん

看護学科 4年
塩原 雪菜さん
長野県 諏訪清陵高校出身

確かな知識と技術で、妊婦さんに安心感を与えたい
4年次の春から秋にかけて行った分娩介助の実習で、「助産実践論」の授業で学んだ妊産褥婦の変化に応じた支援やリスクなどを活かし、自ら計画を立てて、主体的に妊婦さんへのケアを行いました。最初はガチガチに緊張していましたが、次第に笑顔で話せるようになり、診察でわかる症状だけでなく、妊婦さんの表情からも具合を読み取れるようになりました。そして最終的に、ほぼ一人での分娩介助を経験。命に関わる仕事の責任感を肌で感じました。妊婦健診に毎回立ち会わせていただいた妊婦さんが出産した際には、「声がずっと聞こえていたよ、一緒にがんばってくれてありがとう」という言葉をいただきました。分娩介助を安全に行うことはもちろん、安心感という心理面で助産師が与える影響の大きさも実感した大きな経験です。先生方はいい意味で距離が近く、実習中もアドバイスをくださり、グループディスカッションで積極性を磨いてくれました。とても便利な今の時代、妊婦さんたちもたくさん情報を持っていますが、情報の質は玉石混交。だからこそ専門職が伝えないといけない情報があります。お母さんたちと関わる時間を長く持ち、深く気持ちを理解しながら、確かな情報と技術を提供していきたいです。

養護教諭選択

看護学科 4年 江田 諒子さん

看護学科 4年
江田 諒子さん
新潟県 新潟明訓高校出身

子どもたちへの保健指導に手応えを感じた教育実習
養護教諭選択は、3年次になると養護の専門的なカリキュラムが増えます。来室者対応や応急処置を学び、さらに健康やこころの相談にくる子どもへの対応を、クラスメイトとシナリオをつくって実演もしました。3年次には高校や特別支援学校に3日間実習に行き、4年次になってからは春に小学校、秋に中学校、それぞれ2週間ずつ教育実習へ。自主的に計画を立てて、配属学級や保健室を行き来しながら現場の職務を学ぶことができました。教育実習では保健指導の授業を行うのですが、私が選んだテーマは、春は熱中症予防、秋はLGBTQの性の多様性について。準備は大変で非常に緊張もしましたが、子どもたちが楽しそうに話を聞いてくれて、準備をした分だけしっかり反応を返してくれたので、のびのびと指導することができました。覚えることも実習も多い看護学科は大変なイメージもありましたが、それ以上に好きなことを学ぶ楽しみ、そして一緒に学ぶ同じ目標を持った仲間やどんなときも助けてくれる先生方のおかげで、充実した時間を過ごすことができました。それがなによりも、私の青陵のいちばん好きなところです。