看護学部

臨地実習

病気だけでなく、それを抱える“人”をみる
そのための臨地実習

臨地実習

実習の流れ

※選択実習

  • 1年次

    • 基礎看護学実習Ⅰ
  • 2年次

    • 基礎看護学実習Ⅱ
  • 3年次

    • 成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
    • 老年看護学実習
    • 精神看護学実習
    • 母子看護学実習Ⅰ・Ⅱ
    • 地域健康支援実習Ⅰ ※
    • 地域看護学実習Ⅰ・Ⅲ※
    • リプロダクティブ
    • ヘルスケア実習Ⅰ※
    • 発達支援実習Ⅰ・Ⅱ※
  • 4年次

    • 地域看護学実習Ⅱ
    • 看護統合実習※
    • 地域健康支援実習Ⅱ・Ⅲ※
    • 助産学実習※
    • リプロダクティブ
    • ヘルスケア実習Ⅱ※
    • 養護実習※
    • 発達支援実習Ⅲ※

実習はすべて新潟市内やその近郊の主要病院

臨地実習は、高度な医療技術と最新の設備で評価が高い新潟市内の主要病院で行われます。質の高い看護を肌で学べる経験が、キャンパスから通いやすい環境でできるのは、新潟市中心部にある本学ならではの特徴です。

臨地実習は教員1人につき学生5〜6人を担当

はじめて現場に立つときは、緊張や不安がともなうものですが、本学では、学生5~6人に1人の教員が同行し、わからないことや困ったことなどの問題にその場で対応。毎日の振り返りを教員と行うことで学びを深めます。教員は、実習で様々な体験を積み重ねていくときのこころの支えになるはずです。

Pick up 青陵ならではの実習

  • 地域健康支援実習Ⅱ
    地域健康支援実習Ⅱ
    退院調整看護師とともに退院カンファレンスや家族との面談に同席し、患者・家族の相談や多職種連携の実際を体験します。在宅療養への移行に向け入院中に何をすべきか、連携の場面で看護師に期待されていることは何かなど、視点を拡大して患者さんの暮らしを支える看護について学ぶことができます。地域包括ケア時代には柔軟で、より患者中心の看護が求められることが実感できる実習です。
  • 発達支援実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
    発達支援実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ
    発達支援実習は、養護教諭志望の学生を対象とした実習です。
    Ⅰは新潟市の特別支援学校、Ⅱは新潟青陵高等学校、Ⅲは新潟市内の小・中学校で実習を行います。学校というフィールドで、様々な発達段階の子どもと関わることができます。
  • リプロダクティブヘルスケア実習Ⅰ
    リプロダクティブ
    ヘルスケア実習Ⅰ
    思春期の心と体の成長発達の支援として、高校で『思春期の性』について授業をします。まずはミニゲームで高校生と仲良くなります。その後○×クイズを盛り込んだ性についての講義、異性とのお付き合いは劇をしながら高校生と一緒に考えます。最後は高校生へのメッセージ、助産師をめざした動機、分娩に立ち会って感動したこと、自分自身を大切にすることなど思い思いの内容を伝えます。

主な実習先

新潟市民病院/済生会新潟第二病院/県立がんセンター新潟病院/新潟大学医歯学総合病院/新潟信愛病院/新潟県はまぐみ小児療育センター/竹山病院/木戸病院/新潟南病院/新津信愛病院/信楽園病院/桑名病院 ほか43施設

学生の声

成人看護学実習Ⅰ

看護学科 4年 目黒 友規さん

看護学科 4年
目黒 友規さん
新潟県 新津高校出身

状況・心境に応じた対応の大切さ
手術を受ける患者さんを入院から退院まで受け持ちました。手術の前後は、身体面に大きな変化があるのでそれらを観察し、異常がないか確認したり、身体的・心理的苦痛を取り除くことが重要です。患者さんへの説明は「わかりやすくしよう」と思っていたのですが、教科書通りに説明してもわかりやすい説明にはならず、その難しさを実感しました。実際には患者さんの現在の状態、心境などに合わせ、確認しながら説明することが大切だとわかりました。そうした中で患者さんが順調に回復し、退院していく姿を見ることができ、とてもやりがいを感じました。

地域看護学実習Ⅰ

看護学科 4年 大塚 千弘さん

看護学科 4年
大塚 千弘さん
新潟県 小千谷高校出身

広いキャッチ力で地域をみる
この実習で保健師は地域での日々の活動の中で常にアンテナをはり、地域の住民のニーズを把握し、次の支援につなげていることを実際の姿から学びました。たとえば乳幼児健診で、目の前の住民だけでなくまわりの動きも察知したり、子どもの発達に合わせて適切な機関や職種につなげる動きをしていました。今、目の前で関わっている人に集中することも大切ですが、いろいろな方のいろいろな状況にアンテナを張って広くみることが、看護師としても保健師としても大切であることに気づきました。

助産学実習

看護学科 4年 丸山 千夏さん

看護学科 4年
丸山 千夏さん
新潟県 巻高校出身

母子2つの命への責任
実習では、産婦さんに対して五感を使って分娩経過を予測し、分娩の進行にともなう産婦さんやご家族の気持ちをくみ取りながら、寄り添うことの難しさや重要性を学びました。母子2つの命がかかっている重圧と、自分のいたらなさに何度もこころが折れかけましたが「ずっとそばにいてくれてありがとう」との産婦さんの言葉や、赤ちゃんを囲んだ家族の笑顔を見ながら、自分を奮い立たせました。同時に、助産師は、分娩だけでなく、女性の一生の様々な場面に関わる魅力的な職業であることを、実習を通して改めて知りました。

養護実習

看護学科 4年 相馬 裕佳さん

看護学科 4年
相馬 裕佳さん
新潟県 新潟明訓高校出身

授業が行動の変化を生んだ
養護実習を通して、それまで持っていた「養護教諭は、生徒のケガや不調に対応する仕事」というイメージが変わりました。「なぜこのケガがおきたと思う?」実習校の養護教諭が子どもに原因を考えさせている様子を見て、養護教諭の仕事は「子どもが自らの健康を守っていけるよう支援する」ことだと知りました。
また、小学校でケガの予防に関する指導を行ったところ「先生の授業のあとは、廊下を走らなかったよ!」と子どもが教えてくれました。自分の授業が子どもの行動変容につながった、とてもうれしい経験でした。