看護学部

臨地実習

病気だけでなく、それらを抱える“人”をみる
そのための臨地実習

臨地実習

Point1.実習はすべて新潟市内やその近郊の主要病院

臨地実習は、高度な医療技術と最新の設備で評価が高い新潟市内の主要病院で行われます。質の高い看護を肌で学べる経験がキャンパスから通いやすい環境でできるのは、新潟市中心部にある本学ならではの特徴です。

Point2.実習指導体制は1人の教員が学生5~6人を担当

はじめて現場に立つときは緊張や不安がともなうものですが、本学では、学生5~6人に1人の教員が同行し、わからないことや困ったことなどの問題にその場で対応しています。毎日の振り返りを教員と行うことで学びを深めます。教員は、実習で様々な体験を積み重ねていくときのこころの支えになるはずです。

  • ※教員が講義等で大学に戻る場合、臨地実習指導者が対応します。

青陵ならではの実習

  • 地域健康支援実習Ⅲ

    地域健康支援実習Ⅲ

    退院調整看護師とともに退院カンファレンスや家族との面談に同席し、患者・家族の相談や多職種連携の実際を体験します。在宅療養への移行に向け入院中に何をすべきか、連携の場面で看護師に期待されていることは何かなど、視点を拡大して患者さんの暮らしを支える看護について学ぶことができます。地域包括ケア時代には柔軟で、より患者中心の看護が求められることが実感できる実習です。

  • 公衆衛生看護展開論Ⅲ

    公衆衛生看護展開論Ⅲ

    地域に暮らす人々の健康課題に対応した看護活動を学ぶために、学内演習に加え臨地実習を行います。実際に地域を巡ったり家庭に伺ったりしながら、人々の暮らしと健康との関連を広い視野で捉える力を養います。

  • リプロダクティブヘルスケア実習Ⅰ

    リプロダクティブヘルスケア実習Ⅰ

    思春期のこころとからだの成長発達の支援として、高校で『思春期の性』について授業をします。まずはミニゲームで高校生と仲良くなります。その後○×クイズを盛り込んだ性についての講義、男女交際については劇をしながら高校生と一緒に考えます。最後は助産師をめざした動機、分娩に立ち会って感動したこと、自分自身を大切にすることなど、一人ひとりが高校生へ自分の思いをメッセージにして伝えます。

  • 発達支援実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    発達支援実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

    発達支援実習は、養護教諭志望の学生を対象とした実習です。Ⅰは新潟市の特別支援学校、Ⅱは新潟青陵高等学校、Ⅲは新潟市内の小・中学校で実習を行います。学校というフィールドで、様々な発達段階の子どもと関わることができます。

学生の声

成人看護学実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

看護学科 4年 長澤 航汰さん

看護学科 4年
長澤 航汰さん
新潟県 五泉高校出身

患者さん一人ひとりに寄り添う看護師に
3年次前期にある成人看護学実習では、病院でひとりの患者さんの退院後の生活指導を担当しました。最初は患者さんに対して考えすぎて消極的な対応しかできませんでしたが、担当看護師の方からの助言を受け、患者さん一人ひとりに目を向けた“個別性のある看護”を意識するようになり、アイデアや行動が積極的に。たとえば患者さんが「足が重い」とよく口にしていたので、自分で考え、時間をかけてマッサージしたところ、「足が軽くなったし、リハビリに行こうかな」という声を聞くことができました。また患者さんには入院前後の生活があり、それらは入院中の生活とは切り離せません。実習を通じてそのことに気づくことができ、その人の生活に即した指導を心がけるようになりました。大学では技術だけではなく意識の面でも学びが大きく、特に「病気で『できない』ことに目を向けるのではなく、患者さんなりの『できる』視点から考える」という先生の教えは、今後看護師として仕事をするうえでも指針になると思います。

公衆衛生看護学実習Ⅰ・Ⅱ

看護学科 4年 杉山 玲聖さん

看護学科 4年
杉山 玲聖さん
新潟県 巻高校出身

その人らしく地域で健康に過ごせるために
実習先で「保健師は、その子が生まれる前の妊娠期から高齢者になるまでの一生をサポートできる素晴らしい仕事」という指導保健師の方の言葉にとても感銘を受け、当初別の資格をめざして入学しましたが、保健師になる決意が固まりました。公衆衛生看護学実習では、乳幼児のいるお母さんの家庭訪問や高齢男性向けの料理教室、健康体操を実践しているグループのサポートなどに参加。あらゆる年代の方々と関わりながら、地域のなかでその人らしく健康で過ごせるよう支援していくことの大切さを実感しました。高齢者の方に対して行った熱中症予防の健康教育は、グループのメンバー4人で話し合いを重ね、対象地区の特徴を取り入れたクイズやパンフレットの制作、発表などを行いました。「当たった!」「えっ、そうなの!」と声が上がったり、感謝の言葉もいただくことができ、大変でしたがとても良い経験になりました。青陵では看護師の勉強もできるので、入院先での環境と退院後の保健師の仕事のつながりがわかります。退院後の患者さんが健康に過ごせるような地域づくりをしていきたいです。

助産学実習

看護学科 4年 林 果歩さん

看護学科 4年
林 果歩さん
新潟県 新潟南高校出身

実習だからこそ磨けた現場力
子育て支援センターや母乳育児の支援相談室、性教育授業など様々な実習を経て、4年次の夏から約2ヵ月、分娩介助の実習を行いました。9人の産婦さんの分娩介助を経験しましたが、人によって痛みや進行は驚くほど異なるもの。産婦さんの表情や仕草から察知しなければなりません。最初は手を添えるくらいで精一杯でしたが、徐々に慣れ、自分で考えたり産婦さんの様子を見ながら声掛けやケアができるようになっていきました。大学の演習では、学生4人に対して1人の先生がついて分娩介助の練習をして、細かいところまで指導していただいた経験や、一緒に実習に参加したメンバーのやり方も自分では思いつかないもので、参考になりました。指導助産師の方と分娩介助後に毎回行なう振り返りで、自分に何ができたかを一緒に考えることでさらにケアの幅が広がりました。家族にとって一生のうちでそう何度もない出産という場に立ち会うことができ、この世界に出たばかりの赤ちゃんの顔を1番に見ることのできる助産師という仕事はとても素敵な仕事だと私は思います。

養護実習

看護学科 4年 吉田 彩華さん

看護学科 4年
吉田 彩華さん
山形県 酒田西高校出身

子どもたちからもらった感動体験
4年次春に中学校、秋に小学校の保健室へそれぞれ2週間実習に行きました。中学校では、来室した生徒自身に休んだり授業に出ることを決めさせていましたが、その過程で社会で大切な自己決定の力が育まれ、自信につながることを実感。毎日子どもたちの様子を見ていると、表情や言葉のニュアンスで、その日は教室に行けそうかなどわかってきたので、状況に合わせて声掛けを変えるなど意識しました。小学校で転んだ子に「○○さんは泣かないね、強いね」と声をかけたことが立ち上がる力になったこともあり、子どもの自主性・自立心をサポートする働きかけ方は、今後に活かしていきたいです。実習のなかでも特に難しかった内容が模擬授業です。小学校では手洗いの授業を行いましたが、説明の仕方や内容の盛込み方など非常に苦労しました。その分授業の後に、子どもたちが「先生見て~!」としっかり洗う姿を見せに来てくれたときは感動しました。今後は、子どもたちが毎日元気に笑顔で過ごせるよう、気を配り、サポートしていける養護教諭をめざしていきたいと思います。