入試情報

【短大】出願から入学手続きまでの流れ

出願手続

 出願方法はインターネットを利用する【Web出願】のみとなります。紙の願書は用意しておりません。 Web出願登録は、「Web出願サイト」より行ってください。

Web出願から出願完了までの主な流れ

出願を完了するためには、以下の手続きが必要です。

  1. Web出願登録(STEP1-4)
  2. 入学検定料の支払い(STEP5)
  3. 出願書類の郵送(STEP6)
  • ※詳しくは、募集要項15ページ「Web出願の流れ(概要)」をご確認ください(事前に準備が必要なものもありますので、必ずご確認をお願いします)。

出願にあたっての注意事項

  1. Web出願登録期間は、出願開始日の前日16時から締切日16時までとなります。
  2. 出願書類は、出願期間内に郵送(当日消印有効)してください。
    • ※感染症拡大防止のため、窓口持参による提出は受付けません。
    • ※出願書類は原則、角二封筒に封入してください。
  3. 出願期間以外に到着した場合や出願書類に不備がある場合は、受理できません。
  4. 出願後の志望学科(コース)の変更はできません。
  5. 出願書類記入の際は、必ず黒のボールペンを使用してください(鉛筆や字が消えるボールペン等は不可)。
  6. いったん納入された検定料および出願書類は返還できません。
  7. 面接試験は、原則として、出願受付順に面接時刻を配当します。

出願書類一覧

提出する書類等総合型選抜学校推薦型
選抜
一般選抜特別選抜試験
(社会人・帰国子女)
備考
1 志願書・写真票 Web出願システムより印刷
2 調査書   出身学校作成
3 志望理由書・活動報告書   本学ホームページより印刷(出願期間に関わらず、いつでも印刷することができます。)
4 〈総合型選抜〉指定課題レポート用紙
※人間総合学科のみ
     
5 〈学校推薦型選抜〉推薦書      
6 〈社会人・帰国子女特別選抜〉志望理由書     
7 大学入学共通テスト成績請求票      志願書に貼付
8 卒業証明書等      出身学校作成
9 履歴書      市販の用紙
  • ※「特別選抜試験(留学生)」については別途お問い合わせください。

1.志願書・写真票

Web出願サイトで出願登録し、検定料をお支払いいただきますと、「志願書」、「写真票」、「宛名シート」が印刷できるようになります。

  • ※氏名は、戸籍の通りとしてください。ただし、JIS第1・第2水準以外の文字は登録エラーになる場合があります。その場合は代替文字を使用してください。入学後に申請により正式字体に変更することができます。
  • ※印刷は、A4サイズの白色普通紙で、原則としてカラー印刷をしてください。

2.調査書(特別選抜試験は不要)

出願時点より3ヶ月以内に出身学校が作成し、厳封したもの。

  • 総合型選抜、学校推薦型選抜・・・3学年1学期までのもの(過年度卒業者は、卒業時のもの)
  • 一般選抜・・・3学年2学期までのもの(過年度卒業者は、卒業時のもの)
  • ※2学期制の場合は、その時点で提出できるもので結構です。
  • ※過年度卒業者で保存期間の経過等により調査書が発行されない場合は、「卒業証明書」を提出してください。
  • ※大学入学資格検定合格者および高等学校卒業程度認定試験合格者は「合格証明書」と「合格成績証明書」の両方を送付してください(合格見込の方は、「合格見込成績証明書」を送付してください)。

3.志望理由書・活動報告書

本学所定の用紙を本学ホームページからダウンロード・印刷し、本人が自筆したもの。

4.【人間総合学科】指定課題レポート用紙(総合型選抜のみ)

本学所定の用紙を本学ホームページからダウンロード・印刷し、本人が自筆したもの。

5.推薦書(学校推薦型選抜のみ)

本学所定の用紙を本学ホームページからダウンロードし、出身学校が作成し、厳封したもの。
(パソコン入力用、手書き用のどちらをお使いいただいても結構です。)

6.志望理由書(社会人・帰国子女特別選抜試験のみ)

本学所定の用紙を本学ホームページからダウンロード・印刷し、本人が自筆したもの。

7.大学入学共通テスト成績請求票

一般選抜は、Web出願登録時に大学入試センターから交付された「大学入学共通テスト成績請求票(私立大学・短大用)」の番号を入力するとともに、印刷した志願書の所定欄に「成績請求票」を貼り付けてください。

8.出身高等学校の卒業証明書または受験資格のあることを証明するもの(特別選抜試験のみ)

9.履歴書(特別選抜試験のみ)

市販の用紙に、本人が自筆したもの。

出願書類(本学所定様式)のダウンロード・印刷について
出願書類は、本学ホームページ「入試情報」からダウンロード・印刷してください。
  • ※A4サイズの白色普通紙に印刷してください。
  • ※レイアウト変更、改変等は行わないようにご注意ください。
  • ※出願期間に関わらず、いつでも印刷することができます。

検定料

入試区分検定料
全入試区分 30,000円

検定料の減免について

次の場合は、検定料が減免されます。

  1. 今年度入試で不合格(または棄権)となった同じ学科(コース)を再受験する場合 → 0円
  2. 今年度入試で不合格(または棄権)となった学科(コース)と異なる学科(コース)を受験する場合 → 10,000円
  • ※一般選抜において第2・3志望制度を利用する場合でも、追加の検定料は必要ありません。

受験票

「受験票」は、Web出願サイトより、各自で印刷していただきます(郵送はしませんので、ご注意ください)。

  1. 出願締切後、試験日の4日前までに本学より志願者本人が登録したメールアドレスに受験票出力の案内が届きます(出願受付順に随時お知らせする方式ではなく、出願締切後、一斉に全員へお知らせします)。
  2. メールで案内が届いたらWeb出願サイトより「受験票」を印刷してください(A4サイズの白色普通紙)。
  3. 印刷した「受験票」は、試験当日に忘れないように持参してください。
  • ※「受験票」の記載内容に疑義がある場合は、速やかにご連絡ください。
  • ※「受験票」は試験当日や合格発表および入学手続時に必要となりますので、大切に保管してください(再受験する際にも前の受験番号の確認で必要となります)。
  • ※案内メールが届かない場合は、速やかにご連絡ください。

受験に当たっての主な注意事項

(1)試験当日の注意事項

  1. 試験会場への当日の入場可能時刻は受験票で通知します。試験会場の所在地は「交通アクセス」で確認してください。
  2. 受験票は、Web出願サイトより印刷し、試験当日必ず持参してください。
  3. 試験日の前日・前々日には、本学ホームページをご確認ください。重要な連絡がある場合があります。
  4. 試験当日、天候不良や事故等により公共交通機関に乱れが生じる場合があります。その場合、試験時刻を繰り下げて試験を実施する場合がありますので、できるだけ試験会場に向かうようお願いします。
  5. 試験開始時刻に遅刻した場合は、試験開始時刻後30分以内に限り、受験を認めます(総合型選抜・一般選抜を除く)。
  6. 試験会場での昼食の販売はありませんので、各自で必要に応じてご用意ください。
  7. 試験会場には駐車スペースはありませんので、公共交通機関を利用してください(送迎のみ可)。
  8. 試験会場からは、全ての試験終了後まで外出することはできません。
  9. 試験会場に、上履きを持参する必要はありません。
  10. キャンパス内は、禁煙です。
  11. 付き添いの方の控室はありません。
  • ※試験当日に不測の事態が生じた際は、直ちに本学にご連絡ください。

(2)試験時間中の注意事項

  1. 所持品の扱いは、以下のとおりです。
    • ア 試験時間中に机の上に置けるものは、「受験票」、「HBの黒鉛筆・鉛筆キャップ」、「シャープペンシル(HBの芯)」、「プラスチック製の消しゴム」、「鉛筆削り(小型のものに限る)」、「眼鏡」、「ハンカチ」、「ティッシュペーパー(袋から取り出したもの)」、「目薬」です。これ以外の所持品を置いてはいけません。これ以外のものの使用は、試験開始前に許可を得る必要があります。
    • イ 各自の時計の使用はできません。試験室に電波時計を設置しています。
    • ウ 「コートの着用」、「座布団・ひざ掛け等」の使用は認めます。
    • エ 携帯電話等の電子機器類は、試験室に入る前に必ずアラームなどの設定を解除し、電源を切って、カバンにしまってください。身に付けてはいけません(全ての試験終了後、会場外に出るまで電源を入れてはいけません)。
  2. 試験時間中は監督者の指示に従ってください。従わない場合は退室させることがあります。
  3. 試験開始後、試験終了まで退室は認めません。ただし、試験時間中に発病し、一時休養を希望する場合は、休養室での一時休養を認めます(休養室での受験はできません)。また、一時休養に伴う試験時間の延長は認めません。
  4. 休み時間は、受験生控室(当該試験室)以外で休憩することはできません(受験生控室のみ飲食可)。

(3)不正行為

次のことをすると不正行為となることがあります。不正行為となった場合は、それ以後の受験はできません。また、既に受験したすべての科目の受験も無効となります。

  1. カンニングをすること、またはその手助けをすること。
  2. 試験監督者等の指示に従わないこと。
  3. 使用を許可されたもの以外を机の上に置いたり、身に付けること。
  4. 試験時間中に携帯電話等の電子機器類や時計を身に付けていること、または音(着信・アラーム・振動音など)を鳴らすこと。
  5. 他の受験者の迷惑となる行為をすること。
  6. その他、試験の公平性を損なうおそれのある行為をすること。

新型コロナウイルス感染症等に係る受験上の注意事項について

詳細はこちらをご確認ください。

合格発表

  • 合格発表日は、募集要項4ページの「入学試験日程」および各入試区分ページを参照してください。
  • 掲示による発表は行いません。
  • 本人宛に合否を速達郵便で郵送(発表日投函)します。また、合格者には同時に入学手続書類を送付します。
  • Webによる「合否案内サービス」でも確認できます(合格発表日より3日間)。
  • 欠席者および試験途中棄権者には合否通知は行いません。
  • 順位・成績は公表いたしません。
  • 電話による合否の問い合わせには応じられません。

一般選抜の補欠登録について

不合格者のうち、上位の方を補欠として登録し、入学予定者数に欠員が生じた場合、順次繰り上げて合格とする場合があります。

  1. 補欠登録者となった方には、文書でお知らせいたします。
  2. 繰り上げて合格とする場合、登録順位の上位の方から、入学を希望するか否かを電話で照会いたします。
  3. 補欠入学を承諾した場合、納入金の振り込み及び手続き書類の提出を、入学決定の日から7日以内にしていただくこととなります。
  • ※補欠繰り上げ合格は、必ず生じるとは限りません。補欠繰り上げ合格が全くない年度もあります。

入学手続

  1. 合格者には、「合格通知書」および「入学手続要項」を速達で郵送します。
  2. 入学手続きは、期限内に「納入金の納入」および「Web出願サイト上での入学手続き登録」を行い、必要書類を郵送(消印有効)して完了となります。
    • ※入学手続期限は、入試区分ごとに指定されておりますので、事前にご確認ください。
  3. 入学手続きを完了した方に、「入学許可証」等は発行しませんので、予めご了承ください。
    • ※振込金受取書(銀行)と書留郵便物等受領証(郵便局)が手続きの証拠となりますので、大切に保管してください。
    • ※入学手続き内容に不備・疑義がある場合、出願時登録した電話番号にご連絡します。
    • ※入学手続き結果のお問い合わせには、お答えしかねますのでご了承ください。
  4. 入学手続きを完了した方は、入学予定者となります。入学式にご出席ください。
  5. 指定された期限内に入学手続を完了しない場合は、入学を辞退したものとみなします。

入学辞退の方法

一般選抜・特別選抜試験に合格し、入学を辞退する場合は、所定の手続が必要です(総合型選抜・学校推薦型選抜は専願のため、原則として入学辞退はできません)。
入学金は、いかなる理由があっても返還できませんので、予めご了承ください。

  1. 「納入金」を納めていない方は、入学辞退の手続は不要です。
  2. 「納入金」を納めた方が入学を辞退する場合は、入学辞退の手続が必要です。
    入学辞退の方法は、合格通知書に同封する「入学手続要項」でお知らせします。
    2022年3月31日(木)17:00までに所定の手続を行った方に限り、入学金を除く納入金を返還します。
    なお、返還金は、銀行振り込みで下記の通り行います。
入学辞退届提出日(消印有効) 返還日(予定)
~2022年3月11日(金) 2022年3月31日(木)
2022年3月14日(月)~31日(木) 2022年4月中旬

入学前教育について

本学では、大学入学後の学修にスムーズに入れるように、入学予定者の方に入学前教育を実施します(※1)。それぞれ下記日程で説明会を開催しますので、入学予定者は必ず参加してください。詳細については、合否通知書に同封する書類をご参照ください。

  • 総合型選抜合格者(※2) 2021年11月13日(土)
  • 学校推薦型選抜合格者   2021年12月25日(土)
  • 一般選抜合格者(幼児教育学科のみ) 3月下旬実施予定(※3)
  • ※1 本学を会場として対面での実施を予定しています。新型コロナウイルスの感染状況によっては、インターネット配信に切り替える場合がございます。
  • ※2 介護福祉コースの総合型選抜合格者は、12月25日(土)に実施いたします。
  • ※3 日程は別途合格者へお知らせします。

入学前までに習得しておくべき技能(幼児教育学科のみ)

幼児教育学科では卒業必修科目として音楽(ピアノ)を充てております。将来保育者として活動するうえでピアノ技能を重視しておりますので、入学後のスムーズな学習のために必要な基礎技能として、概ね「バイエル66番」レベルを目安として習得してきてください。習得状況により、入学前教育等でサポートの対象となる場合があります。