News & Topics

    • お知らせ
    loader
    一覧を見る

    活動報告

      loader
      一覧を見る

      新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部は平成27年度、文部科学省補助事業「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」に採択されました。

      1.「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」とは

       文部科学省の平成27年度補助事業の一つであり、大学が地方公共団体や企業等と協働して、学生にとって魅力ある就職先の創出をするとともに、その地域が求める人材を養成するために必要な教育カリキュラムの改革を断行する大学の取組みを支援することで、地方創生の中心となる「ひと」の地方への集積を目的として実施するものです。

       新潟県内では、新潟青陵大学・新潟青陵大学短期大学部を含む新潟都市圏大学連合参加大学(新潟県立大学、新潟国際情報大学、新潟薬科大学、敬和学園大学、事業創造大学院大学)と新潟大学(主幹校は新潟大学)が連携し、他の新潟県内高等教育教育機関、地方公共団体、産業・経済団体とともに『「ひと・まち・しごと」創生を循環させるNIIGATA人材の育成と定着』を本事業に申請し、採択を受けました。

      2.事業の概要

       新潟県は人口流出超過地域であり、現状の予測では人口減少傾向は継続化する可能性が高く、生産人口減や高齢化人口比の増加による新潟県全体の生産性の低下が懸念されます。

       こうした社会構造的課題の解消に向けて、新潟県全体の就職率向上と首都圏を中心とした国内からの人口流入への取組みだけではなく、将来的な人口減少対策として環東アジア圏からの新潟県への人口流入体制整備までを視野に入れた取組みです。

       新潟を代表する「食」や「ものづくり」をキーワードにして「生活や健康」、「企画・生産から輸出までの流通」、「食の伝統・文化」、「ものづくりを支える技術」を分野として事業協働地域のニーズに基づく事業を設定しました。具体的には「教育プログラム開発」における地域人材認定制度の開発に加えて4つの関連事業として「インターンシップ改革」、「地域活性化/産業振興」、「教育の国際化」、「国際交流」を推進し、地域創生を実現します。

      青陵大学COC+事業の概念図

      ※画像をクリックすると新規ウィンドウでPDFが表示されます。[PDF:480KB]

      事業概要

      Ⅰ.専門人材認定制度による地域活性化

       地域社会では環境保護、高齢者・障がい者の介護・福祉から、子育て支援、まちづくり、観光に至るまで、多様な社会課題が顕在化しており、それらの改善に資する専門人材認定制度を設計・導入により地域の活性化に貢献できる「コミュニティビジネス・マイスター」を育成します。

       「専門性を持って持続可能なコミュニティの発展に能動的に寄与できる人材」及び「地域課題から新しい価値の創造ができる人材」の育成・認定制度を開発します。

      【事業イメージ】

      コミュニティ・ビジネスマイスターの姿

      コミュニティ・ビジネスの定義(経済産業省)

      「コミュニティビジネスとは、地域の課題を地域住民が主体的に、ビジネスの手法を用いて解決する取り組み」であり、組織形態や活動分野が決まっているものではない。
      地域課題解決というミッションを第一義に活動する。

      ドイツのマイスター制度とは

      職能訓練制度。中世以来の手工業の技を引き継ぐために1953年に法制化され、ドイツの産業発展を支えてきた。約170のマイスター資格が存在し、マイスター認定は欧州資格フレームワーク(英語版)(EQF)にてレベル6、ドイツ資格フレームワーク(ドイツ語版)(DQR)においてレベル6であり、これは学士レベルと同等とされる。

      コミュニティ・ビジネスマイスター

      ◎人材育成

      地域創生力を評価する仕組みを構築し、新潟市認定の検定講座を目指す

      ◎生涯教育

      大学:専門性+ボランティア等を総合力として育成
      地域創生力育成に必要なエビデンスを構築

      自治体:官学連携による、マイスター認定システムを構築

      事業イメージ図

      事業イメージ図

      Ⅱ.社会人の学び直しによる産業労働人口の質的量的生産性の拡大

       「潜在看護師及び薬剤師等の学び直しプログラム」の取り組みでは、定年退職や途中リタイアした潜在看護師や薬剤師等を再教育し再就職を支援することを目的としたプログラムを設計・開発します。

      【事業イメージ】

       医療機関だけではなく、福祉施設の多くでも看護師不足が問題となっている中、新潟県内における潜在看護師数は10,000人とも言われています。 潜在看護師の復職プログラムについては、これまでも多くの取組みが行われていますが、その多くは医療機関への復職を支援するプログラムでした。 そのため、高齢者ケアや高齢者ケア施設での就労に関心がある、あるいは定年退職後の再就労を考えている看護師の皆さんに対するフォロープログラムは殆んどない無い状況でした。

       本学び直しプログラム「ナースの再就職支援セカンドライフの就労」では、そのような看護師の方々を対象にしており、潜在看護師の復職と再就職支援を積極的に実践します。

      外観

      新潟青陵大学の取り組み