卒業生のメッセージ

卒業生のメッセージ(人間総合学科)

新潟青陵大学短期大学部 人間総合学科卒業生

※所属等はすべて取材当時のものです。

コスチュームアドバイザー

佐藤 亜紀さん 人間総合学科 人間総合コース 2014年度卒業

株式会社アークベル ビアンベール本店
佐藤 亜紀さん
人間総合学科 人間総合コース 2014年度卒業
新潟県 八海高校出身
取得資格:2級衣料管理士/アシスタント・ブライダル・コーディネーター検定/色彩検定 3級/ファッション販売能力検定 3級/ビジネス実務士/社会福祉主事任用資格
[卒業後]カラーアナリスト中級

期待以上のサービスを提供したい
ブライダルの授業で学びを深めるうちに、多くの人が関わり創り上げていく結婚式に携わりたいと思い、コスチュームアドバイザーをめざしました。現在は新郎新婦の衣裳を中心に冠婚葬祭に関わるすべての衣裳選びのお手伝いをしています。入社後3年が経ち、一通りわかってはきましたが、それ以上に新しいことを学びつづける仕事にやりがいを感じています。新郎新婦のなかには希望のコーディネートがある方、結婚式のテーマに合わせた衣裳をお探しの方、一生に一度の衣裳への思い入れがあり、何度も衣裳合わせに来てくださる方など、お客様の希望は様々です。私はそんなお客様と一緒に、楽しみながら笑顔で希望にあったご提案をするように心がけています。
短大の授業で結婚式の流れを一通り理解していたので、その知識が役に立つことも多いです。時々、衣裳選びの際に新郎新婦から結婚式の演出について相談されることもあります。その際はお客様の要望を聞いて、ブライダルプロデューサーやウェディングプランナーに伝えて連携を取ります。衣裳だけでなく、結婚式全体を創り上げるひとりとしてサポートするよう心がけています。また、色彩検定も取得していたので「会場コーディネートに合わせたドレスの色」などを聞かれたときにも、自信を持って提案することができます。
挙式後に写真を見せてくださり、「衣裳すごく褒められました」「担当が佐藤さんでよかった」と感謝の言葉をいただくと、やりがいにつながります。その後も指名で衣裳を借りていただいたりと、永いお付き合いができるのもこの仕事の魅力だと感じています。今後はさらに知識を高め、お客様に期待以上のサービスが提供できるよう成長していきたいです。

銀行員

櫻井 冴香さん 人間総合学科 人間総合コース 2014年度卒業

株式会社北越銀行 小出支店
櫻井 冴香さん
人間総合学科 人間総合コース 2014年度卒業
新潟県 小千谷西高校出身
取得資格:ビジネス実務士/ビジネス文書検定 3級/ビジネス能力検定 3級/日本語検定 3級/マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)[Word・Excel・Power Point]
[卒業後]証券外務員二種/生命保険募集代理人(一般・専門・変額)

金融の分野で地域の人たちの役に立ちたい
“短大卒業後、地元に戻り、お世話になった地域の方々の役に立ちたい”と考え、社会貢献性が高く地域の人に親しまれている北越銀行を志望しました。入行して3年が経過した現在、営業店で窓口・出納を担当しています。日中は窓口での入出金、お客様の住所変更手続き、さらに金融商品なども取り扱っており、業務内容は多岐にわたります。短大卒業後、新潟市から地元に戻ったとき、若い世代が少なく、高齢化が進んでいる印象を受けました。そんななか、私を知る方から「ホクギンに就職したんだね」と声を掛けていただき、それをきっかけに商品のご紹介につながることもありました。地元の温かさを感じると同時に、どうやって地域を明るくするかを考えるようになり、イベントなどに積極的に参加し地域の方と交流するようにしています。さらに窓口でもお客様との対話を大切にし、そこから課題を感じ取りながらお客様に合った提案をしていくよう心がけています。私は、銀行の役割のひとつが“いかにお客様のニーズに合った金融商品をご提案できるか”だと思っています。お客様の言葉からニーズを感じ取り提案したものを「あの商品を選んでよかった」と言っていただくこともあり、そんなときにやりがいを感じます。
今後は一般職から総合職への転換をめざし、ファイナンシャルプランナーや税務・財務・法務といった、銀行業務検定などの資格取得に向け、日々勉強を続けていきます。尊敬する上司も、短大卒で入行し今では役席として活躍しており、私もその上司をめざしこの仕事を長く続けていきたいと考えています。

ファッションスタイリスト

南 有美さん 人間総合学科 人間総合コース 2012年度卒業

株式会社オンワード樫山 23区 新潟伊勢丹店
南 有美さん
人間総合学科 人間総合コース 2012年度卒業
新潟県 北越高校出身
取得資格:2級衣料管理士/ビジネス実務士/ビジネス文書検定 3級/マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)[Word・Excel]

洋服の知識を踏まえ、提案を磨く
仕事をはじめて5年目になります。お客様一人ひとりと向き合い、ニーズに合ったお洋服をお薦めしたり、コーディネートの提案やお直し、納品、ディスプレイなども手がけます。働く女性を意識したきれい目な洋服を揃えており、実際、仕事を持つ女性が多く来店されます。都内とは売れ筋が少し違いますが「新潟だから着られない」ではなく、お好きな服を選んでいただきたいと思います。服をつくることが大好きだった短大生の頃、2級衣料管理士資格も取得し、素材やディティールの知識とともに、服がどうできているのか、なぜこのデザインなのかもわかるようになりました。お客様にはその知識を踏まえた提案もしています。私がお薦めした服で再度来店してくださったり、洋服選びを任せていただけるときなど、やりがいを感じます。以前お話ししたことを忘れず会話をしたり、ほかのことにも気を配りながら、「私に会いに来てくださるお客様がひとりでも増えますように」と、そんな思いを込めて仕事をしています。

ホテル事務スタッフ

早川 吹雪さん 人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業

株式会社新潟グランドホテル 企画部 企画課
早川 吹雪さん
人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業
新潟県 新発田南高校出身
取得資格:観光ビジネス実務士/実用英語技能検定 準2級/ビジネス実務士/マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)[Word・Excel]

お客様の「また来たい」に貢献したい
学生時代にホテルのビアガーデンでアルバイトをしたことをきっかけにホテル業に興味を持ちました。新潟グランドホテルは30周年を迎え、長くお付き合いいただいているお客様が多くいらっしゃいます。入社当初にはそうしたお客様から「新入社員だね!がんばって」と励ましていただいたこともありました。入社してから現在まで企画課で主に電話応対や、予約の受付、季節の商品のご案内・チラシ作成などを担当しています。リピーターの方からのお電話の際にはお名前を聞いただけで「いつもありがとうございます」と伝えるなど、より丁寧な対応を心がけています。企画課はお客様とお顔を合わせる機会は多くはありませんが、そうした積み重ねがお客様からの信頼につながると考えています。将来は、短大で学んだ英語を活かせる部署への異動を希望しています。そのためにもまずは経験を積み、語学の勉強も再開して「早川さんにまた会いに来たよ」と言っていただけるような印象に残るスタッフに成長したいです。

カーディーラースタッフ

本間 あかねさん 人間総合学科 人間総合コース 2014年度卒業

新潟中央ホンダ販売株式会社 ホンダカーズ新潟中央 村上東店
本間 あかねさん
人間総合学科 人間総合コース 2014年度卒業
新潟県 村上桜ヶ丘高校出身
取得資格:ビジネス実務士/秘書技能検定 3級
[卒業後]福祉車輌取扱士/自賠責共済推進資格

“価格を超えるような接客”を
「地元で仕事がしたい」と縁のあったこの会社に就職し、3年が経ちました。主な業務内容は接客と事務作業で、具体的にはお客様のお出迎えやお茶出し、新車のナンバー発行や保険業務などを行っています。入社して間もなくベテランの方が定年退職され、わからないことばかりで大変な時期もありましたが、まずはまわりの方へ聞くことを心がけていました。今思えば恥ずかしいほど初歩的な質問もしていましたがそこから“納得してから次へ進む”という意識を培うことができ、人に助けられながら仕事をしていると感じています。また業務を進めるなかでは難しい案件もあります。お客様のご希望通りに納品できるよう、業者の方や陸運支局とのやり取りを行い、先輩に相談するなどして力を尽くします。達成できたときはやりがいを感じますし、次への自信にもつながります。最近は地域の高齢化を背景に福祉車両へのニーズも高まっており、的確なアドバイスができるよう、福祉車輌取扱士の資格を取得したことも自分の自信になっています。自動車はお客様にとって大きな買い物。ここで買いたい、と思っていただけるような、“価格を超えるような接客”を磨いていきたいです。

小売店販売員

國兼 沙世さん 人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業

株式会社原信 五十嵐東店
國兼 沙世さん
人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業
新潟県 豊栄高校出身
取得資格:フードコーディネーター 3級/ビジネス実務士/ビジネス能力検定 3級/ビジネス文書検定 3級/秘書技能検定 3級/日本語検定 3級/マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)[Word・Excel]/社会福祉主事任用資格

お客様とふれあえる仕事の魅力
「ありがとう」「今日も買い物に来たよ」など、お客様と直接ふれあえるこの仕事に魅力を感じ、小売業への就職を選びました。現在、食品を扱うデイリー部門のチーフとして、売り場づくりや販売計画・商品発注・パートナー社員の教育をしています。入社後2店舗を経験したのち、大学生が多い現在の店舗に配属され、若い客層を意識したスイーツの売り場をつくり、目標を上回る販売ができたこともありました。“明るくきれいな売り場づくり”は店舗全体に共通しており、お客様が気持ち良く買い物ができるよう、自分の担当する売り場でもその点を意識しています。まだ2年目の私ですが、店舗を経験するなかで上司から多くのことを学んでいます。常に明るく笑顔でいること、目標に向かってやり通すなど、そんな上司がいるからこそ、職場の人たちも仲良く、温かい気持ちで仕事ができているのだと感じます。上司を見習ってさらに自分を磨き、次は部門のチーフをとりまとめるトレーナーになることを目標にして励んでいきたいです。

介護福祉士

髙倉 弓夏さん(写真:左) 人間総合学科 介護福祉コース 2015年度卒業、本間 美鈴さん(写真:右) 人間総合学科 介護福祉コース 2015年度卒業

社会福祉法人更生慈仁会 はまゆう
髙倉 弓夏さん(写真:左)
人間総合学科 介護福祉コース 2015年度卒業
新潟県 新潟青陵高校出身
取得資格:介護福祉士/社会福祉主事任用資格/ビジネス実務士

本間 美鈴さん(写真:右)
人間総合学科 介護福祉コース 2015年度卒業
新潟県 新潟西高校出身
取得資格:介護福祉士/社会福祉主事任用資格

人間としての尊厳を大切にする施設のケアに共感
人としての尊厳を大切にしているケアの姿勢に共感して入職しました。この施設は自立支援に力を入れており、食事訓練や歩行訓練、おむつ外しなど、その方の残存機能を活かした支援をしています。すべてを代わりに行うのではなく、利用者さんができることとできないことを見きわめ、できないことを補助することで、日々の生活に生きがいを生み出していきます。その日の状態に合わせて、利用者さん一人ひとりのできないところを最後にお手伝いするようにしていくのです。トイレに座ってもらう際は介護者が2人必要になるなど、職員の負担はありますが、利用者さんがひとりでできることが増えていき、明るい表情になっていくのを見るとうれしく感じます。(髙倉)
一番のやりがいは利用者さんから「ありがとう」と言ってもらえることです。接し方や声掛けひとつで笑顔をみせてくださることや、介助を嫌がっていた利用者さんが受け入れてくださるとき、この仕事をしていて良かったと感じます。認知症のため会話がかみ合わないこともありますが、手助けして「ありがとう」の言葉が返ってきたときには「伝わったのかな」と思います。また、自立支援をしているなかで日々変化もあり、昨日までできなかったことができる場面にも立ち会えます。歩行訓練で2歩しか進めなかったのが、今日は4歩進むことができたなど、一緒によろこびを共感できることが何よりもうれしいです。私自身笑顔になれることも多く、利用者さんから支えてもらっていると感じています。(本間)

生活支援員

権瓶 亜衣さん 人間総合学科 介護福祉コース 2015年度卒業

社会福祉法人中蒲原福祉会 わかばの家
権瓶 亜衣さん
人間総合学科 介護福祉コース 2015年度卒業
新潟県 北越高校出身
取得資格:介護福祉士/社会福祉主事任用資格

利用者さんが安心できる環境を整えられる支援員に
もともと福祉の仕事がしたいと思っていましたが、在学中の実習を通じてそれがより明確になりました。実習先だった社会福祉法人に入職し、通所作業所の生活支援員として仕事をしています。ここでは主に知的障がいを持った方の就労場所で、清掃や軽作業、キャンドルや石鹸をつくる仕事を通して、利用者さんの社会参加を進めています。
入職間もない頃に「年下の職員から指示されることに抵抗がある」と、利用者さんからお手紙をもらったことがありました。最初は戸惑い、どうすれば良いかわからず先輩に相談しました。「打ち解けるまでに時間を要する方だから関わりを増やしてみたらどうか」とアドバイスをもらい、コミュニケーションを多く図るように心がけました。少しずつ距離が縮まり関係性が築け、今では目を合わせて話をしてくれるようになりました。その経験が自分の糧になっています。
利用者さんによって、うまく言葉が話せない方や伝えることが困難な方、話を聞くことが苦手な方など様々です。それでも寄り添い耳を傾け、ふれあうなど様々なコミュニケーションで接することで、笑顔を見せて、会話をしてくれるようになります。作業を通して一緒に「できた」というよろこびをわかち合えることもでき、それが私のやりがいでもあります。
これからもコミュニケーションを通じて関係性を深め、その方にとって安心できる環境を整えられるような支援員になりたいです。そして一人ひとりの利用者さんに寄り添った支援ができるよう、これからも勉強を重ねて自分を高めていきたいです。