卒業生のメッセージ

卒業生のメッセージ(人間総合学科)

新潟青陵大学短期大学部 人間総合学科卒業生

※所属等はすべて取材当時のものです。

ウェディングプランナー

野中 愛美さん 人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業

株式会社アークベル 長岡ベルナール
野中 愛美さん
人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業
新潟県 帝京長岡高校出身

笑顔と感動をここから

バンケットアドバイザーを経て念願のウェディングプランナーに
入社1年目、当日の会場担当であるバンケットアドバイザーとしてスタートし、半年後、念願のウェディングプランナーになりました。バンケットアドバイザーは、ウェディングプランナーと新郎新婦が創り上げてきた結婚式を当日カタチにする仕事です。この仕事を経てウェディングプランナーになれたことは、私にとって大きな糧になっています。バンケットアドバイザーとして結婚式当日に携わり、新郎新婦やゲストのよろこぶ姿を近くで見てきたからこその提案ができると思っています。また、先輩の存在も大きいです。現在、同じ青陵短大出身の先輩からマンツーマンリーダーとして指導してもらっていますが、考え方や仕事の取り組みは見習うことが多く、先輩の影響でこの仕事がもっと好きになりました。実際の結婚式の中で、新郎新婦はもちろん、ゲストの方たちの笑顔や感動されている姿を見ると、本当にこの仕事は素敵でやりがいのある仕事だと感じます。

銀行員

柴谷 早紀さん 人間総合学科 人間総合コース 2014年度卒業

株式会社 北越銀行 分水支店
柴谷 早紀さん
人間総合学科 人間総合コース 2014年度卒業
新潟県 三条東高校出身

同じキャンパスにいた人と、今同じ銀行で

多様な価値観や知識を持った人たちと
入行して2年目、現在は為替係で、給与振込や送金、小切手や手形の代金取立業務を行っています。北越銀行で仕事をしたいと思ったのは合同説明会がきっかけでした。人間力豊かな人が多く、多様な価値観や知識を持った様々なタイプの人がおり、自分もそうなりたいと感じました。それは入行した今も変わりません。私たちの仕事はお客様の生活と深く関わりがあり、責任感を持って取り組んでいます。預金だけではお客様の資産を増やすのが難しい時代になってきており、お客様のニーズに合った提案、運用のサポートがもっと上手にできるよう勉強を積み重ね、お客様から選ばれる銀行員になりたいと思っています。「あなたとお話できてよかった」という言葉を聞くとうれしいですし、努力が報われる気がします。

ベルガール

渡邊 瞳さん 人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業

株式会社ホテルオークラ新潟
渡邊 瞳さん
人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業
新潟県 万代高校出身

アメリカへの留学が今に活きている

新潟で英語を使いながら人をよろこばせる仕事がしたいと思い、ホテル業を選びました。ホテルオークラ新潟は新潟で一番の老舗。歴史があり、お客様からの信頼もあります。入社してから現在までベルガールとして働いていますが、ホテルに来られるすべてのお客様と最初に出会うことができるこの仕事に魅力を感じますし、地域性を大切にするホテルオークラ新潟のスタッフとして、新潟らしい優しさや気遣い、会話を提供したいと思っています。たとえば、雨天時に「傘をさして歩くか」「タクシーにするか」決めかねている様子を目にすれば、一歩引いてタイミングを見ながらお声がけしたり、ビジネスのお客様であれば、話し方や表情から疲れや気分を察して接することができる、そんなベルガールになりたいです。

ファッションアドバイザー

髙橋 楓さん 人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド サマンサタバサ新潟伊勢丹店
髙橋 楓さん
人間総合学科 人間総合コース 2015年度卒業
新潟県 新発田中央高校出身

会話からお客様をキャッチし、最高の提案を

入社して1年が経とうとしています。サマンサタバサはもともと大好きなブランドでした。会社説明会で聞いた「日本一楽しい会社」という社風に勢いを感じ、私もその一員として、日本を代表するブランドになることをめざしたいと思ったのです。入社後すぐはわからないことが多く、学生時代も目標を持って生活していたつもりでしたが、社会人になってからは違う次元の課題に向き合う日々でした。会社のルールである「笑顔を絶やさない」「大きな声で」など、日々の成長に関わることから毎月の数字まで、目標意識をしっかり持つようにしています。同時にお客様やスタッフ間の信頼関係も大切にしています。サマンサタバサでは先輩であっても、私たち後輩がお手伝いしたときに「ありがとう」の言葉をかけてくれます。やって良かったと思いますし「ありがとう」がたくさんあるこの会社を素敵だなと感じています。

事務スタッフ

亀井 彩希さん 人間総合学科 人間総合コース 2011年度卒業

株式会社 丸山自動車
亀井 彩希さん
人間総合学科 人間総合コース 2011年度卒業
新潟県 新潟商業高校出身

挑戦をしながら女性の活躍の道を拓きたい

会社説明会で社員の方々がイキイキ働く姿を見て、このような環境と社員教育制度が整った会社で仕事がしたいと思い志望しました。入社7年目を迎え、現在は車検のご案内などを一括管理するコンタクトセンターで、ご案内にあたってのスケジュール作成やスタッフの教育指導を中心に行っています。お客様から「いつもありがとう」と言っていただいたり、スタッフから「○○できるようになりました」の声を聞くと、やっていて良かったと思います。丸山自動車は女性も含めどんどん挑戦できる会社です。私も結婚を経て、これから出産・育児を迎えたとしてもここで挑戦をつづけていきたいです。将来は、女性幹部社員になって女性スタッフの道を拓いていけたらと思っています。

和菓子職人

羽入 千晶さん 人間総合学科 人間総合コース 2013年度卒業

御菓子司有限会社 羽入
羽入 千晶さん
人間総合学科 人間総合コース 2013年度卒業
新潟県 北越高校出身

創業100年の和菓子店の経営に向けて

「新津といえば三色だんごだね」私たちの和菓子をそんな風にとらえてくれる声を聞くとうれしさと同時に責任も感じます。この家業を継ぐために、経営も少しずつ学びはじめていて、経理では短大時代に学んだ簿記、自社のホームページを制作する際にはパソコンの授業や資格が役立っています。現在の経営者である父は販売力・企画力があり、人気の「限定・三色だんご」も父の考案です。今までの良いところを残しつつ、新しいことに挑戦していく姿から学ぶことが多くあります。先日私も、中学生との共同でハロウィンバージョンの三色だんごをはじめて企画しました。これには反響があり、挑戦に手応えを感じることができました。自分のつくった商品をお客様がお求めになる姿を間近で見ることができるのはうれしいものです。年配のお客様だけでなく、若い方も来られるので、多くの方に愛されるお菓子も少しずつつくっていけたらと考えています。

介護福祉士

高橋 亜也さん 人間総合学科 介護福祉コース 2013年度卒業

社会福祉法人 にいがた寿会 特別養護老人ホーム ばんだい桜園
高橋 亜也さん
人間総合学科 介護福祉コース 2013年度卒業
新潟県 新潟東高校出身

長く働きたいと思える職場に出会えた

最初に実習に行った施設が現在の職場、ばんだい桜園でした。はじめて実習で訪れたときに、青陵の先輩が働く姿に憧れを抱きました。高齢者の人たちとの関わり方はもちろん、学生に対しても優しく丁寧に接してくれたことが印象的でした。その後も実習やボランティアで訪れるたびにいつも温かい対応で受け入れてくれ、ここで働こうと決めました。現在、介護福祉士として働きはじめて3年目になりますが、毎日があっという間に過ぎていきます。それは楽しく仕事ができているからだと思います。ユニットの家庭的な雰囲気の中で、ほとんどしゃべらなかった人が私たちの働きかけに笑い、時に言葉を発しようとしてくれます。人と接する仕事はやることが同じでも、その日その日が異なり、その中で「ありがとう」や笑顔に接するとやって良かったと思います。これから5年、10年と働いて、いつか施設の中枢を担う存在になれたらいいなと、そんな夢を抱いています。

ボランティアセンター職員

亀山 沙知さん 人間総合学科 介護福祉コース 2012年度卒業 → 福祉心理学科ソーシャルワークコース 2014年度卒業

五泉市社会福祉協議会
亀山 沙知さん
人間総合学科 介護福祉コース 2012年度卒業 → 福祉心理学科ソーシャルワークコース 2014年度卒業
新潟県 五泉高校出身

相互の関わりをコーディネートする

社会福祉を学んでいく中で、地域福祉に興味を持ち地元のために貢献したいという思いから、社会福祉協議会への就職を志望しました。現在は、ボランティア活動に関する相談や活動先の紹介、また地域のイベント企画などの業務に携わっています。こちらからサービスを提供するだけではなく、地域の方々の実際を知り、相互に関わる中で見えてくることがあります。たとえば、福祉サービスを受ける側と思われがちな高齢者の方々にも「もっと地域に貢献したい」とボランティアを希望される方がいます。そのような大切な人材と社会のニーズをコーディネートし、福祉のまちづくりの力につなげています。先日、子どもたちが持って来る壊れたおもちゃを、ボランティアの方々に修理していただく「おもちゃ病院」を開設しました。おもちゃドクターとなったボランティアの方々によって修復されたおもちゃを再び受け取る子どもたちはとてもいい表情をし、その表情がまたボランティアの方々を支えています。入職し2年が経ちましたが、人と人とのつながりがとても大切だとわかりました。そのつなぎ役を担う一員として、充実した日々を送っています。