卒業生のメッセージ

卒業生のメッセージ(幼児教育学科)

幼児教育学科卒業生

※所属等はすべて取材当時のものです。

保育士

佐藤 夏希さん 2015年度卒業

新潟市立かきの実保育園
佐藤 夏希さん
2015年度卒業
新潟県 巻高校出身
取得資格: 保育士/幼稚園教諭二種免許状/社会福祉主事任用資格

日に日に成長する子どもたちの姿に感動
子どもは一人ひとり個性が違うので、保育士は正解のない仕事です。だからこそ毎日悩むし、それを超えるようなよろこびもあります。友だち関係がうまくいっていなかったときも劇の発表会をきっかけに絆が深まり、わだかまりが嘘のように遊ぶようになったり、攻撃することで感情を表現していた子が、「仲間に入れて」と言えるようになったり…援助したり、見守ったり、励ましたりしながら、彼らの成長する姿に日々感動しています。同時に、子どもたちと信頼関係を築くことと、ケガなく帰すことが保護者の方の安心にもつながるので、責任感は常に意識しています。「来年も夏希先生がいい」と言ってもらえるとすごく嬉しいですね。
進路選択には、学生時代に様々な保育園に実習に行けたことが私にとって大きな意味がありました。公立も私立も、そして幼稚園でも学べたことで、園ごとに規模や方針が異なることを知り、就職は転勤のある公立の保育園に決意。子どもたちにとって安心できる存在になれるよう、様々な保育園を経験しながらスキルアップを図っていきたいと思います。

幼稚園教諭

坂田 佳奈子さん 2015年度卒業

学校法人鷺森学園 ひのまる幼稚園
坂田 佳奈子さん
2015年度卒業
新潟県 日本文理高校出身
取得資格:幼稚園教諭二種免許状/保育士/社会福祉主事任用資格

子どものなかで芽生えた興味を受け止めて広げてあげたい
自分の気持ちばかりを主張して相手の気持ちに気づくことが難しかった子が、困っている友だちを助けたり、きちんと謝ることができるようになる。そんな心と体、両方の成長を見られる職場が幼稚園です。子どもたちと信頼関係を築き、日々の発見やよろこびを共有し、一緒に楽しむことができる、やりがいのある仕事です。
今後は子どもが興味を持ったことを取り入れ、遊びのなかで広げていけるような手助けをしていける保育者に成長していきたいです。

保育教諭

川島 千紗都さん 2016年度卒業

学校法人恵愛学園 恵泉幼稚園
川島 千紗都さん
2016年度卒業
新潟県 新潟東高校出身
取得資格:幼稚園教諭二種免許状/保育士/赤十字幼児安全法支援員/社会福祉主事任用資格

たくさんの“はじめて”に出会えるよろこびがやりがい
1・2年目は年少組を担任していましたが、自園が幼稚園型認定こども園から幼保連携型に移行するため、3年目は姉妹園で2歳児を受け持ち、乳児の保育を学びました。幼稚園型とは生活のリズムや子どもの年齢など環境が全く異なるため、慣れることに必死でしたが、一緒に過ごす時間が長いことから、子どもたちの“はじめて”に出会えるよろこびもあり、少しずつ手応えを感じることができました。入園当時は子どもを預けることを不安がっていた保護者の方から「先生に担任してもらってよかった」と言われたことが、今の自信になっています。