キャンパスライフ

健康管理センター

健康管理センターは、本学学生の健康を保持し増進することを目的にした、大学・短期大学部共通の付属機関です。

ニュース

健康管理室

健康管理室では看護職員が常駐し、応急処置、健康に関する相談、健康診断、実習前に必要な検査等の業務を取り扱っています。

場  所  1号館1階
利用時間  9:00~17:00(月~金)

困ったことや悩みごとがあるとき

キャンパスライフサポート室

進路・就職・資格のこと、家族・友人のこと、一人暮らしで相談できる人がいない、先生や親には話しづらい、など、学生生活のちょっとした相談に臨床心理士が応じます。
また、性格分析や心理テストに興味がある方も利用できます。
どうぞ気軽にご利用ください。

学生相談室

学生相談室は 学内の専任教員が相談員として、学生のみなさんの相談に応じています。
相談の申込方法は学内に掲示しています。また、N-COMPASS上にある「学生相談」からも相談員に相談内容を送信することもできます。

キャンパス周辺の医療機関案内

各種用紙のダウンロード

健康管理センターからのお知らせ

【重要】学校感染症 出席停止期間について

学校感染症罹患時は欠席期間を守り、登学の際はインフルエンザ罹患時→「インフルエンザ診断報告書」その他の学校感染症罹患時→「登校許可証明書」を学務課に提出してください。

≪変更後の出席停止期間の基準≫

  • インフルエンザ
    発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するまで
  • 流行性耳下腺炎
    耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで
  • 百日咳
    特有の咳が消失するまで又は5日間の適性な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで
  • 髄膜炎菌性髄膜炎(追加)
    病状により学校医等において感染のおそれがないと認めるまで

海外渡航時は「海外渡航届」を提出してください

観光・ボランティアなど個人的な旅行をする場合は、下記のとおり「海外渡航届」を学務課に提出してください。 なお、海外渡航に当たっては、次の事項に留意してください。

  1. 渡航に当たっては、できるだけインフルエンザの予防接種、その他必要な予防接種を受けてください。
  2. 渡航先の感染症発生状況を事前に確認してください。
  3. 帰国後37.5度以上の発熱及び疑わしい症状が現れた場合は、かかりつけ医または最寄りの保健所電話相談窓口へ連絡してからその指示に従い受診してください。 出席停止となる感染症と診断を受けた場合は、速やかに大学へご連絡ください。