講義概要

幼児教育学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 幼児教育学科2年
講義番号 8231 教科名 表現指導法U
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 青野 光子、野口 雅史、宮城 正作
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】○ 【技能・表現】◎ 【態度・姿勢】◎ 【汎用的能力】◎ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
・授業の中心的内容は、グループを組んで、子どもための音楽劇等を制作し、自らが表現力を身につけること、子どもの立場になっ
て子ども楽しめるブログラムを考え、それを鑑賞させる保育実践を行う。
・グループごとに計画立案、準備、練習、発表会、まとめと反省を行う。
上記の活動を通して、演技、ダンス、お遊戯、お話づくり、歌唱、発声、発話、舞台製作、衣装・道具づくりを総合して行い、科目
横断的に表現領域の実践について学る。またそれを通して、子どもの表現活動と鑑賞について考察する。
学生の学習
(行動)目標
@表現(身体)指導法T、表現(音楽)指導法T、および表現(造形)指導法Tの内容を場に即した形で応用・展開できる。A総合的な
B表現活動を理解し、新たな創造に挑戦的に取り組むことができる。C自らの造形作品やダンス、劇(演技)などを見せたり、お話
や親しみやすい音楽、演奏を聴かせるたりすることによって、子どもがその内容について理解を深め、イメージしたり興味を持てる
ような保育を計画・実践できる。D表現技術を向上させるために個人練習や試作をする。Eチームワークによって一つのものを制作
する上で、問題をとらえて計画を推進するため、積極的な提案や協力することの重要性を理解している。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 ガイダンス、身体表現指導法(いろいろなシアター、リズムと動き)
発表会活動の事例VTR
ガイダンス、いろいろなシアター、リズム、動
き、発表会、事例VTR
(予習)事前によくシラバス読んで履修を検討して下さい。さまざまな
劇について調べましょう。
2
2回 音楽劇(ミュージカル)に必要な役割について、班決め 伝承あそび、音楽劇、ミュージカル、役割 (予習)どのような音楽劇をやりたいか、構想を持ってきてください。
子どもが見る劇と子どもがやる劇について調べましょう。
2
3回 題材選びと内容検討、係の分担 歌あそび、ウクレレ、弾き歌い、劇づくり (予習)劇の題材になるお話を検討し、そのお話についての資料や絵本
などを持参して下さい。
2
4回 台本の研究、音楽・ダンス・舞台美術プランニング@ 楽器づくり、台本、劇づくり、プランニング (予習)子どもが楽しめる台本の原案を考え、演出のアイデアや舞台美
術、衣装などの参考になる資料を持ち寄ってください。
2
5回 台本の作成、音楽・ダンス・舞台美術プランニングA、材料集め 歌あそび、歌唱、発声法、音程、劇づくり、台
本、プランニング、材料
(予習)台本の参考になるVTRや本などを調べてきましょう。舞台の道
具製作や衣装の計画を立てきて提案しましょう。
4
6回 台本完成、背景・大道具・小道具・衣装づくり@ 舞台美術、舞台道具づくり、美術、劇づくり、
台本、舞台道具
(予習)舞台美術や衣装について、自分でなるべく多くの写真や動画を
見て参考にしましょう。製作に必要な材料を調達してきましょう。
4
7回 背景・大道具・小道具・衣装づくりA
音楽、音源の録音・編集@
劇づくり、舞台道具、劇の音楽 (予習)劇で使用する音楽(曲)を探し、自分で演奏できるようにして
きましょう。(または音源を持参しましょう)
4
8回 背景・大道具・小道具・衣装づくりB音楽、音源録音・編集A
台詞の読み合わせ
劇づくり、舞台道具、台詞、劇の音楽 (予習)しっかりとした声で台詞を読む練習をしてきましょう。空き時
間を利用して道具・衣装づくりを進めてください。
4
9回 歌唱指導実践発表@音楽、音源録音・編集B
背景・大道具・小道具づくりC
歌唱指導、劇づくり、舞台道具、劇の音楽、音
楽編集
(予習)音楽編集の仕上げてきましょう。また空き時間を利用して道
具・衣装づくりを進めてください。
4
10回 歌唱指導実践発表A、音楽、音源の操作方法
背景・大道具・小道具・衣装づくり完成、演技の練習@
歌唱指導、劇づくり、舞台道具、劇の音楽、音
楽編集
(予習)道具・衣装づくりをさらに進めてきてください。 4
11回 演技の練習A、場面転換の練習、演出の検討、劇中歌練習 劇づくり、立ち稽古、場面転換、演出、劇中歌 (予習)台詞を覚えてきましょう。演技とダンスについて自分なりに構
想を立ててきましょう。
4
12回 劇の通し練習@、演技・ダンスレッスン@、合奏(または合唱)練習、道具・
衣装の手直し・補作@
劇づくり、演技、ダンス、レッスン、合奏(合
唱)
(予習)台詞、ダンス、演技を練習してきましょう。合奏(合唱)の曲
についても練習しましょう。
5
13回 劇の通し練習A、演技・ダンスレッスンA、合奏(または合唱)レッスン、道具・
衣装の手直し・補作A
劇づくり、演技、ダンス、レッスン、合奏(合
唱)
(予習)台詞、ダンス、演技を練習し、覚えてきましょう。合奏(合
唱)の曲についても練習しましょう。
5
14回 発表会の通し練習(仮本番)と各分野からの助言・指導
司会進行の練習
劇づくり、仮本番、司会進行のお話 (予習・復習)レッスンで指導を受けたことを中心に台詞、演技、ダン
ス等をよく練習しましょう。発表会全体の流れを確認してきましょう。
5
15回 おたのしみ発表会(幼児対象に上演)
舞台設営、搬入搬出、リハーサル、かたづけ
劇づくり、発表会、本番、幼児対象上演、舞台
設営、劇上演の準備、かたづけ
(予習)本番に向けて練習し再確認してきましょう。事前の準備に積極
的に参加しましょう。(復習)本番での気づきを記録しましょう。
6
16回 発表会VTRによる振り返り、まとめ 発表会VTR、振り返り、まとめ (予習)自分なりに振り返り、全体を通して学んだこと、気づたこと、
改善点、子どもの反応や表情について考えてきましょう。
3
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
 
試験 70%
レポート 20%
学習態度 10% 備考 ・学習態度は、分担係、積極性、製作活動・練習への参加度、提出物、事前準備を採点す
る。
・試験は、発表会におけるグループでの発表内容と、個人の演技練習成果を採点する。
・特に積極的で模範的な姿勢、係分担を積極的に行うなどの場合は加点する。また消極的
な姿勢が著しい場合は減点する。
・発表会(本番)の実践を主とする科目の特性上、「おたのしみ発表会」に参加しなかっ
た場合は、原則として評価なし(追再試験不可)となるので注意のこと。
・最後のまとめの授業で行うレポートを提出しなかった場合も不可とする。
その他 0%
100%
テキスト  
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 劇づくりで育つ子どもたち,田川浩三・兵庫保育問題研究会,たもがわ出版、2010年、1800円+税
2 授業の中でもっと深く知りたいことがあったら質問をしてください。資料を紹介します。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
例年、仕上げの発表として実際に幼児を招いて「おたのしみ発表会」を行っています。自分の創造性を発揮し、自分の殻を破って演
技をし、みんなで一つの舞台をつくることは、とてもやりがいのある楽しいことです。しかしその一方で、授業時間外にも自主的な
準備や練習が必要になってきます。保育者として、子どもが喜ぶような表現力を身につけたいという積極的な学生の受講を待ってい
ます。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.