講義概要

幼児教育学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 幼児教育学科2年
講義番号 8250 教科名 乳児保育
単位数 2 必・選 必須 開講時期 通年 担当者 秋山 理恵
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】○ 【技能・表現】◎ 【態度・姿勢】◎ 【汎用的能力】◎ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
1.保育所・家庭の現状を確認しながら保育所の果たす役割を学ぶ。
2.乳児保育を担当する保育士として、発達過程をふまえた保育の理論や基礎的な知識・技術を学ぶ。
3.乳児を集団で保育することについて、具体的な課題を事例を通しながら考える。
4.子育て支援の視点を持って、専門性を活かした保護者への支援の役割を学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
1.乳児保育の理念と歴史的変遷及び役割などについて学ぶ。
2.保育所における乳児保育の現状と課題について理解する。
3.3歳未満児の発達過程を学び、3歳未満児の生活と遊びについて理解する。
4.3歳未満児の特徴を踏まえ、年齢に則した健康管理・事故防止の視点が持てる。
5.保護者支援の重要性が理解でき、対応について考えることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 発達過程 ふれあい遊び 予習:1年次後期の授業内容を振り返る。
復習:子どもの遊び・発達過程を理解し、レポートにする。
1
2回 ことばの発達、かみつき・ひっかき 喃語 クーイング ジャルゴン かみつき・
ひっかき
予習:テキストP.60〜65,144〜145を読む。
復習:授業内容を振り返り、まとめる。
1
3回 発達の遅れと向き合う@ 発達障がい 保護者対応 予習:テキストP.104〜107を読む。
復習:授業内容を振り返り、自分なりの考えをまとめる。
1
4回 発達の遅れと向き合うA 発達障がい 保護者対応 予習:第3回の授業内容を振り返る。
復習:実際の場面を想定し、自分ならどう行動するか考えをまとめる。
1
5回 親子のふれあい遊び発表@ 子育て支援センター ふれあい遊び 発達過程 予習:グループごとに発表の流れを確認する。
復習:ふれあい遊び、発達過程について理解を深める。
1
6回 親子のふれあい遊び発表A 子育て支援センター ふれあい遊び 発達過程 予習:グループごとに発表の流れを確認する。
復習:ふれあい遊び、発達過程について理解を深める。
1
7回 親子のふれあい遊び発表B 子育て支援センター ふれあい遊び 発達過程 予習:グループごとに発表の流れを確認する。
復習:ふれあい遊び、発達過程について理解を深める。
1
8回 安全への配慮 SIDS SBS 発達段階における危険 予習:テキストP.146〜155を読む。
復習:実際の場面を想定し、自分ならどう行動するか考えをまとめる。
1
9回 連絡帳の書き方@ 守秘義務 信頼関係 言葉の選び方 予習:テキストP.156〜159を読む。
復習:ワークシートGに取り組む。
1
10回 連絡帳の書き方A 守秘義務 信頼関係 言葉の選び方 予習:第9回の授業内容を振り返る。
復習:配布プリントに取り組む。
1
11回 乳児保育に関わる配慮事項 保育所保育指針 予習:テキストP.44〜48を読む。
復習:授業内容を振り返る。
1
12回 ブックスタート ブックスタート 読み聞かせ 予習:テキストP. 174〜177を読む。
復習:乳幼児向けの絵本を何冊か選び、読む。
1
13回 保護者との連携@ ことばの壁 宗教 予習:テキスト94〜95,102〜103を読む。
復習:授業内容を振り返る。
1
14回 保護者との連携A 虐待の発見と対応 予習:テキストP.95〜100を読む。
復習:授業内容を振り返る。
1
15回 これまでの振り返り、まとめ 保育観 予習:これまでの授業内容やノートを見直し、課題をはっきりさせておく。 1
15
成績評価 小テスト 10% 学修成果の
フィードバック
・質問には随時回答する。

・レポートは添削の上、返却する。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 40% 備考 ・小テストについては授業の中で提示する。

・レポート課題は通年で5つ課す。詳細は別紙にて説明する。

・学習態度はグループワークでの取り組み、課題提出状況、発表への取り組みをもとに評
価する。
その他 0%
100%
テキスト 「はじめて学ぶ乳児保育」志村聡子編著、同文書院、2016年、2,160円
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「やさしい乳児保育」早川悦子 編著、青踏社、2015年、2,052円
2 「乳児の生活と教育」松本園子 編著、ななみ書房、2015年、2,260円
3 「保育所保育指針解説書」厚生労働省 編、フレーベル館、2015年、205円
4 「手あそび百科」植田光子 編著、ひかりのくに、2013年、2,700円
5 「子どもへのまなざし」佐々木正美 著、福音館書店、1998年、1,836円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
グループワーク中心の授業が多くなります。できるだけ欠席しないよう調整してください。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.