講義概要

幼児教育学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 幼児教育学科2年
講義番号 8354 教科名 保育・教職実践演習
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 峰本 義明、他
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 【技能・表現】○ 【態度・姿勢】◎ 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
豊かな人間性を備え、一人ひとりの子どもの最善の利益のために努力する教員としての資質能力が身につくよう、
以下の4側面から指導し、確認する。
 @使命感や責任感、教育的愛情に関する事項
 A社会性や対人関係能力に関する事項
 B幼児理解や学級経営等に関する事項
 C保育内容等の指導力に関する事項
学生の学習
(行動)目標
@保育に対する使命感や情熱を持ち、常に子どもから学び、共に成長しようとする姿勢が身についている。
A高い倫理観と規範意識、困難に立ち向かう強い意志を持ち、自己の職責を果たすことができる。
B子どもの成長や安全、健康を第一に考え、適切に行動することができる。
C保育者としての職責や義務の自覚に基づき、目的や状況に応じた適切な言動をとることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 保育者とは 履修カルテにより自己の課題を明確にする。 2
2回 実習から学ぶ保育者の資質について 実習 これまでの実習記録を読み返し、振り返りをしておく。 2
3回 外部講師講話(保育現場で求められる保育者の資質と実技) せんせい レポートを作成する。 2
4回 自己の目指す保育者像の確認T 保育の表現 レポートを作成する。 2
5回 保育現場での実践(言語的活動)に関する内容 保育の表現 関係科目での実践を振り返る。 2
6回 保育現場での実践(体育的活動)に関する内容 保育の表現 関係科目での実践を振り返る。 2
7回 保育現場での実践(音楽的活動)に関する内容T 保育の表現 関係科目での実践を振り返る。 2
8回 保育現場での実践(音楽的活動)に関する内容U 保育の表現 関係科目での実践を振り返る。 2
9回 保育現場での実践(造形的活動)に関する内容T 保育の表現 関係科目での実践を振り返る。 2
10回 保育現場での実践(造形的活動)に関する内容U 保育の表現 関係科目での実践を振り返る。 2
11回 社会性・対人能力に関する事例研究とグループデイスカッションT コミュニケーション・協調 関係科目のテキストを再読しておく。 2
12回 社会性・対人能力に関する事例研究とグループデイスカッションU コミュニケーション・協調 関係科目のテキストを再読しておく。 2
13回 自己の目指す保育者像の確認U せんせい レポートを作成する。 2
14回 外部講師講話(就労に向けて) 社会人 レポートを作成する。 2
15回 まとめ 保育者とは 履修カルテを再検討し、これからの課題について確認する。 2
30
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポートは評価した上で返却する。
履修カルテにはアドバイザーがコメントをする。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 20% 備考 以下の3項目について結果を踏まえ、教員として最小限必要な資質能力が身
についているかを確認し、単位認定を行う。
 @レポートの結果
 A授業中の態度、グループ討論の様子
 B実技指導、補完指導の結果
その他 30%
100%
テキスト なし
履修上の注意事項や
学習上の助言など
少人数グループワークでの事例検討や現職保育者による講話、模擬授業、実技指導等を導入し、受講生各自が個別に
問題解決を図れるようにする。また、履修カルテを活用して、自己評価・課題設定、問題解決の確認等を行う。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.