講義概要

幼児教育学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 幼児教育学科2年
講義番号 8249 教科名 教育方法論
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 仲 真人
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】〇 【態度・姿勢】〇 【汎用的能力】 」
授業の概要
(教育目標を含む)
この授業では、幼児教育・保育を中心に、教育の基本的な方法と技術について学びます。テキストは使用しませんが、毎回の授業で
資料とサブノートを配布します。
学生の学習
(行動)目標
@教育方法の概念を理解し、専門用語を用いて意見を述べることができる。
A幼児教育の基本的な方法と技術について理解する。
A事例を通じて教育方法の実践での応用をイメージする。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 幼児教育の基本(1) 人格形成の基礎を培う 幼児教育の特性,見える教育と見えない教育 復習として第1回の授業内容の要約をレポート提出 3
2回 幼児教育の基本(2) 自発的な遊びを尊重する 環境を通して行う教育,遊びを通しての指導 復習として第2回の授業内容の要約をレポート提出 4
3回 環境構成の技術(1) 4つの基本的技術@ 玩具・生活用品を選択する,保育空間を構成す
復習として第3回の授業内容の要約をレポート提出 4
4回 環境構成の技術(2) 4つの基本的技術A 日課を展開する,保育者が人的環境になる 復習として第4回の授業内容の要約をレポート提出 4
5回 環境構成の技術(3) 環境構成の5つのバランス 情緒の安定/発達,安全/挑戦,清潔/抵抗力
の獲得,秩序と混沌,構造化と自由度
復習として第5回の授業内容の要約をレポート提出 4
6回 幼児教育の形態(1) 自由保育,設定保育,一斉保育 復習として第6回の授業内容の要約をレポート提出 4
7回 幼児教育の形態(2) 異年齢保育,交流保育,インクルーシブ保育 復習として第7回の授業内容の要約をレポート提出 3
8回 省察的実践家としての保育者 PDCAサイクル,省察的実践家,保育研修,エピ
ソード記述
復習として第8回の授業内容の要約をレポート提出 4
9回 定期試験     0
30
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
毎回の授業後に学習内容を要約するレポート(200字以上)と授業についての質問や感想
を述べる自由記述レポート(200字以上)を課題として提出します。提出されたレポート
の一部(5〜6通)を次回の授業の導入で紹介し、学習内容の再確認や質問への回答を行
います。
試験 30%
レポート 70%
学習態度 0% 備考 毎回の課題レポートは成績評価の対象となりますので、しっかりとりくんでください。
その他 0%
100%
テキスト テキストは不要です。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『幼稚園要領解説』 文部科学省編 フレーベル館 (2008)
2 『環境構成の理論と実践』 高山静子 エイデル研究所 (2014)
3 『幼児教育の方法』 小田豊・青井倫子編著 北大路書房・新保育ライブラリ (2009)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.