講義概要

幼児教育学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 幼児教育学科2年
講義番号 8218 教科名 発達心理学U
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 宮崎 隆穂
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】◎ 【技能・表現】○ 【態度・姿勢】 【汎用的能力】○ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
本講では、子供の発達の実践知と現場で出会う子供たちの発達の問題などを心理学的にどのように理解すればよいのかより詳しく取
り扱う。子供の発達を考えるとき、発生から老年期にいたるまでの生涯発達という視点を持つことが深い理解のためには重要である
が、科学的心理学がどのような範囲まで取り扱っているのかを話題にする。
学生の学習
(行動)目標
@実習を通して、発達心理学上の知見に疑問を持ち、それをどれだけ解決できるか、学びの中で考える
A実際の研究手法に実際に触れ、自分自身の保育に応用できるような思考法ができるようになる。
B科学的な心理学の立場から目の前の現象を理解できるような視点を身につける。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション(生涯発達と子供の発達の関係性) 生涯発達心理学 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
2
2回 発達心理学の研究手法@観察法 自然観察法 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
3回 発達心理学の研究手法A観察法 時間見本法 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
4回 発達心理学の研究手法B観察法 行動見本法 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
5回 発達心理学の研究手法C観察法 一事例観察 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
6回 発達心理学の研究手法@選好注視法 選好注視法 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
7回 発達心理学の研究手法A選好注視法 実験準備 研究計画 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
8回 発達心理学の研究手法B馴化-脱馴化法 馴化−脱馴化法 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
9回 発達心理学の研究手法@精神神経免疫学的測定 PNEI、心身相関 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
10回 発達心理学の研究手法A精神神経免疫学的測定 唾液中アミラーセ プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
11回 発達心理学の研究手法B精神神経免疫学的測定 唾液中コルチゾル プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
12回 発達心理学の研究手法@非侵襲的測定法 MRI、PET、脳波 プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
13回 発達心理学の研究手法A非侵襲的測定法 光トポグラフ プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。
4
14回 現場における保育の諸問題をどのように科学的に理解するか? まとめ、ふりかえり プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。グループディスカッションを行います。
2
15回 保育の諸問題の科学的解決とは
レポート作成準備
まとめ、ふりかえり プリントによる学習内容の予習。小レポートによる学習内容の復習が必
要になります。グループディスカッションを行います。
2
54
成績評価 小テスト 20% 学修成果の
フィードバック
自分の担当の文献報告の際には、持ってきてくれたデータをもとに授業参加者や教員がコメントしたり、ディスカッションし
てさらに理解を深めます。
試験 0%
レポート 30%
学習態度 30% 備考 自分なりに解決したい保育の問題を実習を通して見つけておくこ
と。どのような方法で自分の問題が(あるいは興味が)解決できる
のか見つけることを評価します。
その他 20%
100%
テキスト 資料は配布し、参考図書等は個別に指定します。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
基本的に自分で興味のある文献を見つけてきてレポートし、その題材について、ディスカッションします。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.