講義概要

幼児教育学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 幼児教育学科2年
講義番号 8243 教科名 保育者論
単位数 2 必・選 必須 開講時期 後期 担当者 梨本 竜子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「【知識・理解】◎   【技能・表現】○  【態度・姿勢】○  【汎用的能力】◎ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
この授業では、専門職としての保育者の役割、倫理、制度的位置づけ、専門職としての成長等について学びます。
学生の学習
(行動)目標
@ 保育者の役割と倫理について理解する。
A 保育者の制度的な位置づけを理解する。
B 保育者の専門性について考察し、理解する。
C 保育者の協働について理解する。
D 保育者の専門職的成長について理解する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 授業の進め方・課題・評価について <予習>シラバスを確認し、科目の全体像を把握しておくこと 4
2回 保育者になるということ 保育者のイメージ、志望動機 <予習>テキスト序章p.9〜17を事前に読んでおくこと       
<復習>ノートを整理すること
4
3回 社会の変化と保育者の課題 子育て家庭、子育て支援施策 <予習>テキスト第1章p.18〜24を事前に読んでおくこと      
<復習>ノートを整理すること
4
4回 変わりゆく保育、変わらぬ保育 倉橋惣三に学ぶ <予習>テキスト第1章p.25〜28を事前に読んでおくこと      
<復習>ノートを整理すること
4
5回 制度的な位置づけと倫理 保育士・幼稚園教諭・保育教諭 <予習>テキスト第2章p.31〜43を事前に読んでおくこと      
<復習>ノートを整理すること
4
6回 保育者に求められる専門性 幼児理解、カウンセリング・マインド <予習>テキスト第3章p.45〜54を事前に読んでおくこと      
<復習>ノートを整理すること
4
7回 教育課程・保育課程による保育の展開と自己評価 カリキュラム、PDCAサイクル <予習>テキスト第4章p.57〜65を事前に読んでおくこと      
<復習>ノートを整理すること
4
8回 保育者の仕事 子ども、保護者、地域 <予習>テキスト第5章p.67〜78を事前に読んでおくこと      
<復習>ノートを整理すること
4
9回 一人ひとりのニーズに応じた援助 気になる子、障がいのある子、要保護児童 <予習>テキスト第6章p.80〜92を事前に読んでおくこと      
<復習>ノートを整理すること
4
10回 環境構成と保育観 遊びと生活 <予習>テキスト第7章p.94〜111を事前に読んでおくこと     
<復習>ノートを整理すること
4
11回 保育をデザインする 多様性と生活性 <予習>テキスト第8章p.113〜125を事前に読んでおくこと     
<復習>ノートを整理すること
4
12回 保育者の専門職的成長 生涯発達、キャリア形成 <予習>テキスト第9章p.128〜140を事前に読んでおくこと    
<復習>ノートを整理すること
4
13回 保育者の協働 協働性、同僚性 <予習>テキスト第10章p.142〜149を事前に読んでおくこと    
<復習>ノートを整理すること
4
14回 日本の保育と世界の保育 多文化保育 <予習>テキスト第11章p.151〜159を事前に読んでおくこと    
<復習>ノートを整理すること
4
15回 授業のふり返りとまとめ 保育者のライフステージ <復習>これまでのノートとテキストを使い、十分復習してくること 4
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポートは添削の上、返却する。
試験 0%
レポート 80%
学習態度 20% 備考 学習態度は、グループワークや意見交換など授業への積極的参加する姿勢や授業中の発
言・態度・準備学習の取り組み状況を基に評価する。
その他 0%
100%
テキスト 井上孝之・山ア敦子編『子どもと共に育ちあう エピソード保育者論』みらい(2016)
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 倉橋惣三『育ての心』(倉橋惣三選集第三巻)フレーベル館(1965)
2 文部科学省『幼稚園教育要領解説』フレーベル館(2008)
3 厚生労働省『保育所保育指針解説書』フレーベル館(2008)
4 ふるたたるひ・たばたせいいち作『ダンプえんちょうやっつけた』童心社(1978)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
これまでの実習等で得た経験を基に学習に臨んでください。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.