講義概要

幼児教育学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 幼児教育学科2年
講義番号 8208 教科名 音楽W
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 栄長 敬子、他
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】〇 【技能・表現】◎ 【態度・姿勢】◎ 【汎用的能力】 ◎」
授業の概要
(教育目標を含む)
音楽T、U、Vで習得した内容を踏まえ、実践に役立つ音楽表現の技能向上を図る。実習や就職も見据え、各自の強化したい要素
を中心に目標を設定し、選択した内容を指導する。ピアノ、弾き歌い、歌唱、他の楽器(ウクレレ等)での弾き歌い、表現指導法(保
育)より選択。表現技能全般のまとめとして行う。補講として実施する1回は一斉授業とし、リトミック、歌唱、ウクレレ等、表現指
導法の総合的内容の演習を行う。
学生の学習
(行動)目標
初回に、自ら目標を設定して望むこと。実習、就職等で必要となる事、学びたいことは、自ら担当教員、講師に質問するなど、
意欲的に取り組むことが肝要。設定した目標が達成できたかを、最終回で振り返られるように、具体的な目標を定めるよう心がける。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション:授業の進め方、臨み方
個人レッスンor表現グループ:目標設定、レッスン
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法
<予習>音楽Vの最終回で確認した課題を練習してくること。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
2回 個人レッスン/学園祭コンサートの練習
or表現グループワーク/内容検討
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
3回 個人レッスン/学園祭コンサートの練習
or表現グループワーク/内容検討
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
4回 個人レッスン/学園祭コンサートの練習
or表現グループワーク/内容検討
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
5回 学園祭コンサートの練習
リトミック
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
6回 個人レッスン
or表現グループワーク/内容検討
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
7回 個人レッスン
or表現グループワーク/内容検討
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
8回 個人レッスン
or表現グループワーク/プログラム作成、検討
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
9回 個人レッスン
or表現グループワーク/プログラム作成、検討
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
10回 個人レッスン
or表現グループワーク/プログラム修正、実習準備
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
11回 個人レッスン
or表現グループワーク/プログラム修正、実習準備
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
12回 個人レッスン
or表現グループワーク/プログラム実習
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題、試験曲の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。。
0
13回 個人レッスン
or表現グループワーク/プログラム実習
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題、試験曲の練習を進める。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
14回 個人レッスン
or表現グループワーク/プログラム実習
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題、試験曲の練習。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
15回 実技試験とまとめ
or表現グループワーク/反省、まとめ
ピアノ、弾き歌い、
楽器(ウクレレ等)、表現指導法、リトミック
<予習>設定した課題、試験曲の練習。
<復習>レッスンやグループ内でのポイントを踏まえて練習する。
0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
●毎回のレッスンや授業での指導のポイントをおさえて、練習に取り組みましょう。
●試験終了時の振り返りによって、2年間のまとめとしての自分の課題をみつけ、卒後の学
びにつなげましょう。
試験 60%
レポート 0%
学習態度 40% 備考 ●「学習態度」は、レッスンでのポイントをおさえた練習ができているか、授業中の姿勢
をもとに評価します。
●「試験」として、最終回に実技発表等を行います。
その他 0%
100%
テキスト 個人レッスン:各自必要な教材、楽譜。
表現グループ等:各自、必要な教材。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 ピアノ、ウクレレ、表現に関する、楽譜や教材は、各自の相談に応じて推薦します。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
自らの目的意識、目標、意欲が必要となります。
積極的に取り組むことで、音楽を楽しむ体験を深めて下さい。
希望内容により、個人レッスン、あるいはグループワークを行います(@ピアノorピアノ弾き歌い、A歌唱、B他の楽器での弾き歌い、
C表現(音楽)指導法 より選択)。補講として、1回は全員で表現指導法、リトミックなどを行います。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.