講義概要

幼児教育学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 幼児教育学科1年
講義番号 0384 教科名 基礎ゼミ
単位数 1 必・選 必須 開講時期   担当者 峰本 義明、アドバイザ
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「 【知識・理解】 【技能・表現】 【態度・姿勢】○ 【汎用的能力】◎ 」
授業の概要
(教育目標を含む)
短期大学生としての学びをスムーズにスタートさせるために必要となるスタディスキルやスタディマナーを、アドバイザーグループ
での少人数授業を中心に、講義や演習を通して学び、学びに必要な能力・態度・姿勢を養う。
後期では、保育に関する研究テーマを各自で設定し、文献調査・発表を通して自らの課題意識を深める。
同時に、ゼミ員同士の交流を深め、共に学び、協力し合う友人関係を築く機会とする。
学生の学習
(行動)目標
1.短期大学生としての学びの意義を理解し、自立した学び手となる。
2.スタディスキルやスタディマナーを身につけ、学びをスムーズにスタートさせる。
3.自分の関心に応じた研究テーマを設定し、文献調査を中心に探求する。
4.友人同士と共に学び合い、協力し合う関係を築く。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション、学生生活の送り方 図書館、学生生活の心得 予習:学生便覧の「学生心得」「マナー・ガイドライン」を読む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
0.5
2回 就職指導について 幼稚園教諭、保育士、施設職員 予習:学生便覧の各種資格に関するページを読む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
0.5
3回 1、2年生交流会 レクリエーション 予習:2年生と協力してレクリエーションの準備をする。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
0.5
4回 スタディマナー 挨拶、教員との連絡、ノートの取り方 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
0.5
5回 文献調査の方法 OPAC、CiNii、検索エンジン 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
1
6回 アカデミック・ライティングの基礎 パラグラフ・ライティング、200字 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
0.5
7回 ディスカッションの基礎 ディスカッション 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
0.5
8回 ディスカッションの実際 スピーチ、傾聴 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
0.5
9回 「幼児教育研究」のオリエンテーション 保育とは 予習:保育に関する自分の関心を確認する。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
0.5
10回 各自の研究テーマの設定 「子どもと○○」 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
1
11回 文献調査 文献調査の方法の確認 予習:第5回の内容を復習し、確認する。
復習:文献調査をスタートさせる。
6
12回 プレゼンテーション資料作成の基礎 プレゼンテーション、伝わるデザイン 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
2
13回 プレゼンテーション資料作成の実際 伝わるデザインの確認 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
1
14回 各自の発表へ向けての個別指導 省察、自己評価 予習:配布される資料に基づいて、課題に取り組む。
復習:学んだことをふりかえり、まとめる。
5
15回 「幼児教育研究」発表会@ プレゼンテーション、自己評価・相互評価 予習:プレゼンテーションの準備をする。
復習:アドバイスされたことをふりかえり、まとめる。
1
16回 「幼児教育研究」発表会A プレゼンテーション、自己評価・相互評価 予習:プレゼンテーションの準備をする。
復習:アドバイスされたことをふりかえり、まとめる。
1
22
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
1.毎回の学びのふりかえりに対して、アドバイザーよりコメントする。
2.発表会での発表を自己評価・相互評価し、結果をフィードバックする。
試験 0%
レポート 20%
学習態度 60% 備考 1.文献調査の結果をレポートにまとめさせ、評価する。
2.毎回の学びのふりかえり状況を評価する。
3.発表会での発表は自己評価・相互評価する。
その他 20%
100%
テキスト なし。
課題はその都度、資料を配布する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『保育・福祉専門職をめざす学習の基礎』、生活技術教育研究会編、ななみ書房、2014年、1620円
2 『アカデミック・スキルズ 大学生のための知的技法入門 第2版』、佐藤望編著、慶應義塾大学出版会、2016年、1080円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
開講時期は隔週を原則とし、前期8回、後期8回開講します。実際の開講日はアドバイザーより連絡します。
授業は、各ゼミごとに割り当てられた教室で行うのが原則ですが、学年全体で行う時は別会場となります。これも、事前にN-COMPASS
等を通じて連絡します。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.