講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 臨床心理学科3年
講義番号 S301 教科名 社会福祉援助技術現場実習
単位数 4 必・選 選択 開講時期 通年 担当者 平川 毅彦、海老田 大五朗、鈴木 秀子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
本授業では、福祉施設や相談機関等において相談援助実習を体験する。それを通して相談援助に係る知識と技術について具体的
かつ実際的に理解し、実践的な技術等を体得する。特に社会福祉士として求められる資質、、技能、、倫理、、自己に求められる
課題把握等、総合的に対応できる能力を身につけ、関連分野の専門職との連携のあり方及びその具体的内容を実践的に理解する。
学生の学習
(行動)目標
1.社会福祉専門職に必要な専門知識、援助技術、関連知識の内容の理解を深める。
2.専門知識、援助技術、関連知識を実際に活用し、専門職者として必要な資質・能力・技能を習得する。
3.職業倫理を身につけ、専門職としての自覚にもとづいた行動ができるようになる。
4.具体的な体験や援助活動を、専門的援助技術として体系だてて考えるように努める。
5.関連分野の専門職及び地域社会との連携のあり方とその方法を理解する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 実習内容と事前・事後学習の内容事項は、『社会福祉援助技術現場実習の手引
き』を参照
    0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
巡回指導及び帰校指導時に実習日誌の内容等を踏まえながらふりかえり等を行う。
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 『社会福祉援助技術現場実習の手引き』を参照
その他 100%
100%
テキスト 本学作成の『社会福祉援助技術現場実習の手引き』
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・実習に出るための基準については、『学生便覧』を確認しておくこと。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.