講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 臨床心理学科3年
講義番号 P209 教科名 対人心理学
単位数 2 必・選 必須 開講時期 後期 担当者 本間 恵美子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
自己意識、パーソナリティ、対人認知などの個人内過程がどのように対人行動に影響するのか、そして個人内過程と社会的状況に
関する要因がどのように相互に影響しあうのかについて、理論や実際の研究例を通して理解を深めていく。次に、個人と個人の間に
生じる対人行動を、援助、攻撃、ソーシャル・サポートなど具体的なテーマに沿って検討していく。また、個人の対人行動とは異な
るメカニズムをもつ集団行動ついても組織の問題を中心に考察する。
学生の学習
(行動)目標
1.基本的な対人行動のメカニズムについて説明ができる。
 2.自己意識などの個人内過程がどのように対人行動に関連するのか、例を挙げて説明できる。
 3.集団行動の基本的なメカニズムについて説明できる。"
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 社会的自己1 社会的自己、自己概念 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
2回 社会的自己2 自己呈示、自己開示 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
3回 自尊感情 自尊感情、自己高揚、文化 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
4回 自尊感情と対人関係 自己意識的感情、社会的機能 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
5回 攻撃行動 攻撃行動、戦略的攻撃、衝動的攻撃 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
6回 援助行動 援助行動、援助要請 テキスト、プリントの該当部分の復習、小テストの準備 4
7回 対人ストレス 対人ストレス、コーピング テキスト、プリントの該当部分の復習 4
8回 ソーシャルサポート1 ソーシャルサポート テキスト、プリントの該当部分の復習 4
9回 ソーシャルサポート2 ソーシャルサポート、発達 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
10回 友人関係 友人関係 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
11回 組織における人間関係1 集団規範、凝集性 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
12回 組織における人間関係2 マジョリティ、マイノリティ テキスト、プリントの該当部分の復習 4
13回 組織における人間関係3 協力、競争 テキスト、プリントの該当部分の復習、小テストの準備 4
14回 組織における人間関係4 リーダーシップ テキスト、プリントの該当部分の復習 4
15回 組織における人間関係5 集団意思決定過程 テキスト、プリントの該当部分の復習 4
60
成績評価 小テスト 100% 学修成果の
フィードバック
小テストについては授業中に解説を行なう。
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 これまでの理解度を問う小テストを2回行なう。
その他 0%
100%
テキスト 「社会心理学概説」潮村公弘・福島治 北大路書房
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「社会心理学」池田謙一、他著 有斐閣
2 「自己意識的感情の心理学」有光興記・菊池章夫編著 北大路書房
3 「自己心理学E:社会心理学へのアプローチ」下斗米淳編 金子書房
4 「社会的状況とパーソナリティ」B.クラーエ著 堀毛一也編訳 北大路書房
5 「集団行動の心理学」本間道子著 サイエンス社
6 「他者と比べる自分」武田利武著 サイエンス社
7 「人を傷つける心」大渕憲一著 サイエンス社
8 「ステレオタイプの社会心理学」上瀬由美子 サイエンス社
9 「他者を知る」山本眞理子著 サイエンス社
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.