講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 臨床心理学科3年
講義番号 P401P 教科名 心理学文献講読T
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 真壁 あさみ、齋藤 恵美
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
心理学と臨床心理学に関連した邦文の文献講読を通して基礎知識や理論を学び、さらに知識を活用する力や論理的に思考する力を
習得することを目的とする。また学術論文等を読み込み最近の研究動向を知ることで、各自の研究に対する視点を広げ、課題を見出
すスキルの向上を目指す。
(齋藤恵美/8回)心理学についての文献を分担して読み、発表やディスカッションを通して理解を深める。(真壁あさみ/7回)
臨床心理学についての文献を分担して読み、発表やディスカッション通して理解を深める。
学生の学習
(行動)目標
1. 文献に書かれていることを問題意識を持ちながら読むことができる。
2. 発表をしたり、聞いたりして専門としての心理学について理解の共有ができる。
3. ディスカッションを通して自分の心理学・臨床心理学に対する態度を考えることができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 心理学研究の特徴とその過程:
調査・実験・実践について概要を学ぶ。
仮説検証型研究、量的、質的データ <予習>「心理学研究法T・U」の内容を復習する。 1
2回 心理学の学術論文の特徴:
全体構成や論理の展開、表現の特徴、文献の収集方法について学ぶ。
問題と目的、方法、結果、考察 <復習>授業中に配布したプリントを呼び、質問・疑問を考える 1
3回 心理学の学術論文の読み方:
論文内容の読み取り方や批判的読み方、効果的なプレゼンテーションの方法を学ぶ。
クリティカルシンキング、プレゼンテーション <予習>発表担当グループは、論文のレジュメを用意しプレゼンの準備
をする。質疑担当グループは、論文を予め読み質問を考える。
1
4回 心理学文献講読(1):量的調査を行なった論文についてグループで発表し、ディ
スカッションを通して理解を深める。
仮説検証、質問紙尺度、サンプリング <予習>発表担当グループは、論文のレジュメを用意しプレゼンの準備
をする。質疑担当グループは、論文を予め読み質問を考える。
1
5回 心理学文献講読(2):量的調査を行なった論文についてグループで発表し、ディ
スカッションを通して理解を深める。
記述統計、統計的検定 <予習>発表担当グループは、論文のレジュメを用意しプレゼンの準備
をする。質疑担当グループは、論文を予め読み質問を考える。
1
6回 心理学文献講読(3):量的調査を行なった論文についてグループで発表し、ディ
スカッションを通して理解を深める。
実験計画、要因、統制 <予習>発表担当グループは、論文のレジュメを用意しプレゼンの準備
をする。質疑担当グループは、論文を予め読み質問を考える。
1
7回 心理学文献講読(4):量的調査を行なった論文についてグループで発表し、ディ
スカッションを通して理解を深める。
準実験、シングルケース、内的・外的妥当性 <予習>発表担当グループは、論文のレジュメを用意しプレゼンの準備
をする。質疑担当グループは、論文を予め読み質問を考える。
1
8回 心理学文献講読(5):量的調査を行なった論文についてグループで発表し、ディ
スカッションを通して理解を深める。
実践研究、関与観察、コミュニティ <予習>発表担当グループは、論文のレジュメを用意しプレゼンの準備
をする。質疑担当グループは、論文を予め読み質問を考える。
1
9回 臨床心理学に関する文献の選定と分担 臨床心理学と文献 各自読みたい文献を集めてくる。 1
10回 臨床心理学文献講読(1) 心理療法、精神分析 分担部分の発表についてレジュメを準備する。 1
11回 臨床心理学文献講読(2) 心理学者、歴史、学派 分担部分の発表についてレジュメを準備する。 1
12回 臨床心理学文献講読(3) 心理臨床の場 分担部分の発表についてレジュメを準備する。 1
13回 臨床心理学文献講読(4) 深層心理、象徴 分担部分の発表についてレジュメを準備する。 1
14回 臨床心理学文献講読(5) 芸術、文化、儀式 分担部分の発表についてレジュメを準備する。 1
15回 臨床心理学文献講読(6) 社会現象、手記 分担部分の発表についてレジュメを準備する。 1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
ディスカッションでの発言について共有したり、コメントしたりしながら、各自の学修に
ついてフィードバックする。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 50% 備考 毎回の発表やディスカッションへの参加態度、課題レポートによる評価を行う。
その他 0%
100%
テキスト 授業の中で相談しながら決定する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 心理学・社会科学研究のための調査系論文までの読み方 浦上昌則・脇田貴文、2008、東京図書株式会社
2 心理学研究法入門−調査・実験から実践まで 南風原朝和・市川伸一・下山晴彦、2001、東京大学出版会
3 臨床心理学研究法第1巻 心理学の実践的研究法を学ぶ 下山晴彦・能智正博(編)、2008、新曜社
4 心理学マニュアル 研究法レッスン 大野木裕明・中澤潤、2002、北大路書房
5 心理学論文の書き方−おいしい論文のレシピ 都筑学、2006、有斐閣
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.