講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 臨床心理学科2年
講義番号 S226 教科名 社会福祉援助技術演習
単位数 2 必・選 選択 開講時期 通年 担当者 平川 毅彦、海老田 大五朗
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
授業の目的としては、相談援助の知識と技術に係る他の科目との関連性も視野に入れつつ、(1)総合的かつ包括的な援助及び地域福
祉の基盤整備と開発に係る具体的な相談援助事例を体系的にとりあげ、(2)個別指導並びに集団指導を通して、具体的な援助場面を想
定した実技指導を中心とする演習形態により、社会福祉士に求められる相談援助に係る知識と技術について、実践的に習得するとと
もに専門的援助技術として概念化し理論化し体系立てていくことができる能力を涵養する。また、授業の進め方としては(1)相談援助
実習を行う前に、自己覚知ならびに基本的なコミュニケーション技術・面接技術を習得し、具体的な相談援助事例を活用して総合的
かつ包括的な援助について実践的に習得する。(2)具体的な相談援助事例を題材として、相談援助場面及び相談援助の過程を想定した
実技指導を行う。(3)相談援助実習における体験を踏まえて、集団指導並びに個別指導による実技指導を行う。
学生の学習
(行動)目標
相談援助実習における体験を踏まえて、相談援助に係る知識と技術について個別的な体験を一般化し、実践的な知識と技術として習
得する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション   これから学習授業内容を把握し資料に良く目をとおして理解しておくこ
と。(予習)
2
2回 ソーシャルワーカーとしての自己理解・自己覚知 自己理解、自己覚知 相談援助技術論のテキストの「自己理解、自己覚知」について目を通し
ておくこと。(予習)
4
3回 相談援助におけるコミュニケーションの基本(1) 言語的コミュニケーション 学内、家庭、その他、実際の生活場面で学習内容を活用すること。(復
習)
4
4回 相談援助におけるコミュニケーションの基本(2) 非言語的コミュニケーション 学内、家庭、その他、実際の生活場面で学習内容を活用すること。(復
習)
4
5回 面接の手法(1)−個別面接− 個別面接 学内、家庭、その他、実際の生活場面で学習内容を活用すること。(復
習)
4
6回 面接の手法(2)−集団面接− 集団面接 学内、家庭、その他、実際の生活場面で学習内容を活用すること。(復
習)
4
7回 相談援助事例の検討(1)(社会的排除) 社会的排除 事例検討の為に必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
4
8回 相談援助事例の検討(2)(児童虐待) 児童虐待 事例検討の為に必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
4
9回 相談援助事例の検討(3)(高齢者虐待) 高齢者虐待 事例検討の為に必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
4
10回 相談援助事例の検討(4)(家庭内暴力) 家庭内暴力 事例検討の為に必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
4
11回 相談援助事例の検討(5)(低所得者とその家族) 低所得者、貧困家庭 事例検討の為に必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
4
12回 相談援助事例の検討(6)(ホームレス) ホームレス 事例検討の為に必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
4
13回 相談援助事例の検討(7)(障害者) 障害者 事例検討の為に必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
4
14回 相談援助事例の検討(8)(外国人労働者) 外国人労働者 事例検討の為に必要な基礎的な知識や制度について調べ学習を行うこ
と。(予習・復習)
4
15回 中間まとめ   前期の総復習をしておくこと。 4
16回 相談援助の技法(1)(インテーク) インテーク 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
17回 相談援助の技法(2)(アセスメント) アセスメント 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
18回 相談援助の技法(3)(プランニング) プランニング 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
19回 相談援助の技法(4)(支援の実施) 支援の実施 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
20回 相談援助の技法(5)(モニタリング) モニタリング 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
21回 相談援助の技法(6)(効果測定) 効果測定 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
22回 相談援助の技法(7)(終結とアフターケア) 終結、アフターケア 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
23回 相談援助の技法(8)(アウトリーチ) アウトリーチ 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
24回 相談援助の技法(9)(チームアプローチ) チームアプローチ 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
25回 相談援助の技法(10)(ネットワーキング) ネットワーキング 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
26回 相談援助の技法(11)(社会資源の活用・調整・開発) 社会資源 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
27回 相談援助の技法(12)(記録と集計) 記録、集計 相談援助技術論のテキストに該当箇所に目を通しておくこと。(予習) 4
28回 相談援助の技法(13)(プレゼンテーション) プレゼンテーション プレゼンテーションのための資料を作成すること。(予習) 4
29回 授業16〜29までのまとめ   1年間の学習内容について振り返り、学習に使用した資料等を整理して
おくこと。(復習・予習)
4
30回 総まとめ   報告資料等を作成しておくこと。(予習) 6
120
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・「ふりかえりシート」を毎回記入し、次の回で報告することでフィードバックを行う。
・第15回及び第30回で全体のふりかえりを行い、学習内容の定着を目指す。
試験 0%
レポート 40%
学習態度 30% 備考 演習は毎回出席し、主体的に関わることが求められます。
「学習態度」は、授業中の課題への取り組みの積極性、達成度によ
り判断します。
「その他」については各担当教員により異なりますので授業の初回
時に詳細を確認して下さい。
その他 30%
100%
テキスト 原則としてテキストは使用せず、原則として毎回プリントを配布する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 相沢譲治・植戸貴子『ソーシャルワーク演習ブック第2版』(株)みらい 2013 (2376円)
2 中川千恵美・峯本佳世子・大野まどか『事例中心で学ぶ相談援助演習』(株)みらい 2010 (2376円)
3 秋山博介・井上深幸・谷川利昭『臨床に必要な社会福祉援助技術演習』弘文堂 2007 (2808円)
4 白沢政和・福山和女・石川久展『社会福祉相談援助演習第2版』 中央法規 2015 (2808円)
5 鈴木眞理子『ソーシャルワーカーという生き方』 中央法規 2010(2160円)
6 杉本貴代栄・須藤八千代編『私はソーシャルワーカー』 学陽書房 2004(2484円)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
20名を上限としてクラス分けをしたうえで演習をすすめます。担当教員はランダムに配置されます。演習授業は授業の最初に当日
のワークの意味や内容を説明しますので、遅刻は厳禁です。また欠席するとグループ作業が滞りますので欠席しないように最大限の
努力をして下さい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.