講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科2年、社会福祉学科2年、臨床心理学科2年
講義番号 G139 教科名 地域連携実習T
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 齋藤 智
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
産業界等で求められる重要な人材ニーズである「問題発見・解決力」「提案力」について、地方都市商店街での活性化事業推進を通
し、与えられ、指示された課題への対応ではなく、学生自らが関わり、考え、変えていくことにより養う。具体的には、コミュニケー
ション力の養成と併せ、幅広い年代層との関わりを持つ地元商店街でのフィールドワークの実践から「課題発見」「課題抽出」「提
案」「解決」のプロセスを学生主導で実施する。
学生の学習
(行動)目標
1.資料収集や観察の手法等、フィールドワークの前提となる、諸基本技法を習得している状態を目指す。
2.フィールドワークの考え方と基本技術を諸基本技法の実践による定着を図る。
3.地域社会の中で求められるコミュニケーション能力の向上を目指す。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 授業概要理解、グループワーク演習 予習:地域活動のイメージについて、自身の考えをまとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
2回 地域で学ぶための基本作法 つながり、不易流行 予習:地域で学ぶ注意点について、自身の考えをまとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
3回 地域診断法 地域の魅力、課題、鳥の目、虫の目 予習:地域に必要な項目について、自身の考えをまとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
4回 ワークショップ@「自分を知る・他者を知る@」 強み、弱み、過去、現在、未来 予習:自身の強みと弱みについて、まとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
5回 ワークショップA「自分を知る・他者を知るA」 よそ者、弱いつながりの強さ 予習:他者と関わる際のポイントについて、まとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
6回 事例研究:古町地区について マチに行く、中心商店街 予習:古町地区のイメージについて、まとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
7回 フィールドワーク事前確認 マナー研修、調査内容確認 予習:フィールドワーク時に必要なマナーについて、まとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
8回 フィールドワーク(1) 地域での聞き取り、観察、五感 予習:フィールドワーク時に必要なマナーについて、まとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
9回 フィールドワーク事後ワークショップ@ 内容ふりかえりと整理、はる、つなぐ 予習:フィールドワーク時の聞き取り内容について、まとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
10回 フィールドワーク事後ワークショップA 提案に向けた準備、次回聞き取り内容準備 予習:提案について自身の考えをまとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
11回 フィールドワーク(2) 地域での聞き取り、観察 予習:フィールドワーク時に必要なマナーについて、まとめておくこと。
復習:配布資料に基づきポイントを整理すること。
1
12回 フィールドワーク事後ワークショップ@ 提案に向けた準備 予習:フィールドワーク時の聞き取り内容について、まとめておくこと。
復習:検討内容について整理すること。
1
13回 フィールドワーク事後ワークショップA 提案に向けた準備 予習:提案について自身の考えをまとめておくこと。
復習:検討内容について整理すること。
1
14回 提案報告 プレゼンテーション 予習:前回の検討内容を整理すること。
復習:これまでの取り組みについて、自身の考えをまとめる。
1
15回 まとめ 自分自身の将来の目的 これまでの活動内容について、まとめる。 1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・レポートは添削の上、返却する。
試験 0%
レポート 60%
学習態度 30% 備考 ・レポート:課題は授業時に提示します。
・学習態度:学習への取り組み姿勢(授業中の態度や発言、フィールドワーク時の
 取り組み姿勢など)をもとに評価します。
・その他 :提出物を評価します。
その他 10%
100%
テキスト なし。
但し、適宜プリントを配布する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 学生まちづくらーの軌跡、菱沼勇介・田中えり子、学文社、2012年、1944円(税込)
2 100円商店街バル・まちゼミ、齋藤一成他、学芸出版社、2012年、2376円(税込)
3 「地方創生」でまちは活性化する、小林勇治・波形克彦、同友館、2015年、2592円(税込)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
フィールドワークの実践的な基礎を学ぶことを進めながら、地域や人々の社会・文化を観察するとともに、そこに暮らす人々から詳細
な話を聞き、同じ経験をし、異文化をもつ人々との社会理解をすることを目指しますので、積極的に参加して下さい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.