講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 臨床心理学科2年
講義番号 P213 教科名 社会心理学実験実習
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 碓井 真史、本間 優子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
(概要)
 実験社会心理学の知見にもとづいて、人間の社会行動を実験の手法によって理解する方法を学ぶ。
(オムニバス方式/全30回)
(碓井真史/16回)
 社会心理学の基礎的分野、社会における個人行動の分野における、実験実習を通して、社会心理学についての理解を深める。
(本間優子/14回)
 社会心理学の応用分野的分野、集団行動における、実験実習を通して、社会心理学についての理解を深める。
学生の学習
(行動)目標
1社会心理学の基礎と応用を実験実習を通して理解する。
2社会心理学の研究法について理解する。
3社会心理学の調査、実験などが実施できるようにする。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 科学としての社会心理学1 実証・理論 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
2回 科学としての社会心理学2 実証・理論 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
3回 社会心理学研究法1 実験・調査 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
4回 社会心理学研究法2 実験・調査 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
5回 研究レポート、論文の書き方実習1 研究論文・客観性 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
6回 研究レポート、論文の書き方実習2 研究論文・客観性 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
7回 対人魅力に関する実験1 外見・印象 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
8回 対人実欲に関する実験2 外見・印象 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
9回 社会的自己に関する実習1 セルフイメージ・セルフスキーマ 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
10回 社会的自己に関する実習2 セルフイメージ・セルフスキーマ 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
11回 同調行動に関する実験1 集団圧力・小集団 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
12回 同調行動に関する実験2 集団圧力・小集団 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
13回 社会的動機に関する実習1 競争・親和 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
14回 社会的動機に関する実習2 競争・親和 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
15回 達成動機に関する実験1 目標設定・失敗回避 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
16回 達成動機に関する実験2 目標設定・失敗回避 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
17回 集団行動と社会心理学の応用1 集団・大衆 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
18回 集団行動と社会心理学の応用2 集団・大衆 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
19回 質問紙調査による研究方法1 調査票・自己報告 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
20回 質問紙調査による研究方法2 調査票・自己報告 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
21回 質問紙の作成法実習1 項目選定・データ処理 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
22回 質問紙作成法実習2 項目選定・データ処理 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
23回 集団行動に関する社会心理学実験1 社会的促進・社会的抑制 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
24回 集団行動に関する社会心理学実験2 社会的促進・社会的抑制 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
25回 現代社会と社会心理学の応用1 環境・文化 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
26回 現代社会と社会心理学の応用2 環境・文化 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
27回 応用社会心理学分野の実験1 コミュニケーション・対人関係 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
28回 応用社会心理学分野の実験2 コミュニケーション・対人関係 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
29回 まとめと振り返り 実証的社会心理学 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
30回 まとめと振り返り 実証的社会心理学 配布する参考資料を読んでおくこと。 1
30
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・授業の中で、提出された実験レポートのうち模範的な例を紹介したり、特徴的な見解や
誤 解についてコメントする。
・個別対応が必要な場合は、N-compassレポート機能などを通じて添削・コメントする。
試験 0%
レポート 80%
学習態度 20% 備考 各自習、実験ごとに課される8回ほどのレポートと実習実験への学習
態度によって評価する
その他 0%
100%
テキスト 不要
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 新版 社会心理学研究入門 安藤清志ら 編 東京大学出版 2009年 3312円
2 社会心理学研究法 村田光二ら編著 福村出版 2007年 3240円
3 キーワード検索による社会心理学研究案内 三井宏隆ら編  ナカニシヤ出版 2002年 1700円
4 心理学実習 基礎編 高石浩一・谷口高士、培風館、2006年、2484円
5 実験・実習で学ぶ心理学の基礎  日本心理学会 認定心理士資格認定委員会 編 金子書房、2015年、2700円
6 心理学基礎実験と質問紙法 石原治、培風館、2007年、1890円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
実習、実験には積極的に参加し、各自の考察を行い、レポートを作成すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.