講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 臨床心理学科1年
講義番号 P403P 教科名 臨床心理ゼミナールT
単位数 1 必・選 必須 開講時期 通年 担当者 真壁 あさみ、他
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
臨床心理学の初学者として、大学での講義・演習を通して学んだことを、ゼミナール形式の少人数のクラスでお互いにフィード
バックしながら、着実に自分のものとできるような機会とする。単に与えられたものを学習するのではなく、自発的に調べ、発表
し、ディスカッションをすること訓練し、またそれを通して、自分の考えを修正したり、論理的な考え方を体得したりしながら、特
に関心を寄せる事項に注目し、学びを深めることを目的とする。
学生の学習
(行動)目標
1.自分の関心のあることについて考える
2.自分の関心のあることを文献で調べることができる。
3.自分が調べたことをグループの中で発表できる。
4.ディスカッションを通して自分の意見を再考したり、知識の修正・補完ができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 心理学、臨床心理学、心 <予習>シラバスを読んでおく。自分のイメージする心理学、臨床心理
学について考えてみる。
1
2回 グループワーク 人間関係、コミュニケーション <予習>前回の授業で出された課題をやってくる。 1
3回 グループワーク 社会生活、環境 <予習>前回の授業で出された課題をやってくる。 1
4回 グループワーク 成長、変化 <予習>前回の授業で出された課題をやってくる。 1
5回 グループワーク 心理的問題、危機 <予習>前回の授業で出された課題をやってくる。 1
6回 グループワーク 援助、心理的援助 <予習>前回の授業で出された課題をやってくる。 1
7回 グループワーク 心理的援助と職場、実践活動 <予習>前回の授業で出された課題をやってくる。 1
8回 まとめと振り返り 全体の把握、問題の位置づけ <予習>前回の授業で出された課題をやってくる。 1
9回 発表とディスカッション 自発的学習、論理的思考、意見の取り入れ、組
み立てなおし
<予習>プレゼンテーションの準備。テーマについて考えてくる。 1
10回 発表とディスカッション 自発的学習、論理的思考、意見の取り入れ、組
み立てなおし
<予習>プレゼンテーションの準備。テーマについて考えてくる。 1
11回 発表とディスカッション 自発的学習、論理的思考、意見の取り入れ、組
み立てなおし
<予習>プレゼンテーションの準備。テーマについて考えてくる。 1
12回 発表とディスカッション 自発的学習、論理的思考、意見の取り入れ、組
み立てなおし
<予習>プレゼンテーションの準備。テーマについて考えてくる。 1
13回 発表とディスカッション 自発的学習、論理的思考、意見の取り入れ、組
み立てなおし
<予習>プレゼンテーションの準備。テーマについて考えてくる。 1
14回 発表とディスカッション 自発的学習、論理的思考、意見の取り入れ、組
み立てなおし
<予習>プレゼンテーションの準備。テーマについて考えてくる。 1
15回 発表とディスカッション
まとめと振り返り
自発的学習、論理的思考、意見の取り入れ、組
み立てなおし
<予習>プレゼンテーションの準備。テーマについて考えてくる。 1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
授業中の発言や発表については学生同士また、教員が取り上げて共有したり、コメントし
たりしてフィードバックを行う。レポートについては、教員が授業中に学生と共有する。
必要があれば、授業後に個別にコメントする。
試験 0%
レポート 30%
学習態度 40% 備考 ・前期及び後期に1回ずつレポート課題を出すので、期限を守って提出すること
・「学習態度」は、授業中の発言・態度などグループワーク等に取り組む姿勢を評価する。
・「その他」は、準備学習の取組状況を含め、プレゼンテーションの内容や質疑応答にお
ける態度を評価する。
その他 30%
100%
テキスト 担当教員によって異なる。
吉本ばなな著「おとなになるってどんなこと?」ちくまプリマー新書、680円+税
鑪 幹八郎・山下格 編集「アイデンティティ(こころの科学セレクション)」日本評論社
菅野仁 「友だち幻想」人と人の<つながり>を考える ちくまプリマー新書 740円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.