講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科1年、社会福祉学科1年、臨床心理学科1年
講義番号 G201 教科名 英会話(基礎)
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 木村 哲夫、メギール イーエン、他
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
英語を話す力と聞く力を高めるため、中級レベルの教材を用いて、ネイティブスピーカーのもとで、日常生活のトピックを中
心に学びます。この科目は「英会話(入門)」「英会話(発展)」とともに、能力別クラス編成です。受講には「英会話(入門)」の
単位修得、あるいはTOEIC47以上(または英検準2級合格)が必要です。TOEIC600以上(または英検2級合格)の者は、この科目の単位が
認定されます。
学生の学習
(行動)目標
Designed for false beginners, this course will enable students who already possess some knowledge of vocabulary and
English grammar to become more proficient and comfortable when using this knowledge in actual communication with others.
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 Introduction: Evaluation policy etc. イントロダクション、成績評価方針 指定されたテキストを購入しておくこと 1
2回 Unit 1: Talking about memories 思い出 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
3回 Unit 2: Talking about events that have changed your life 人生を変えた出来事 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
4回 Unit 3: Expressing your opinions 意見を述べる 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
5回 Unit 4: Talking about problems in your life 困ったこと 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
6回 Unit 5: Predicting future events in your life 未来の予測 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
7回 Unit 6: Talking about future plans 将来の計画 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
8回 Mid-term exam and review 中間テスト、振り返り 第7回までに学習したユニットの語彙・表現を復習しておくこと 1
9回 Unit 7: Talking about people, places and things 人・場所・事 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
10回 Unit 8: Talking about your experience 経験 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
11回 Unit 9: Talking about feelings and opinions 感情と意見 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
12回 Unit 10: Talking about wishes and possibilities 望みと可能性 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
13回 Unit 11: Making deductions 推論 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
14回 Unit 12: Talking about key events form the past 過去の重要な出来事 授業前にテキストの該当ユニットの単語の意味を確認しておくこと
授業後に該当ユニットで学んだ表現を復習すること
1
15回 Review and performance test 復習、パフォーマンステスト 第14回までに学習したユニットの語彙・表現を復習しておくこと 1
15
成績評価 小テスト 20% 学修成果の
フィードバック
 
試験 50%
レポート 0%
学習態度 30% 備考 小テスト(20%)は、第1回、第8回、第15回を除く、毎週実施しま
す。学習態度(30%)は、毎週の授業への主体的な関わりの程度と授
業期間中に提出したものに対する評価です。試験(50%)は、8回目に
行われる中間テスト(20%)と第15回目の復習の中で行われるパフォ
ーマンステスト(30%)を合わせたものです。
その他 0%
100%
テキスト @ Get Real! Student Book 2
A Get Real! Workbook 2
出版社:McMillan Language House
@Aを両方とも教科書販売所で購入して、第1回目の授業に持参してください。
履修上の注意事項や
学習上の助言など
履修登録は学務課で一括して行います。英和・和英辞書を持参すること(電子辞書可)。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.