講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科1年、臨床心理学科1年
講義番号 G002 教科名 スタディスキルT
単位数 1 必・選 必須 開講時期 前期 担当者 岩ア 保之、他
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
少人数単位の演習により大学で学ぶための基本的なスタディスキルについて学ぶ。演習の過程で、これまで身につけてきたスタ
ディスキルを振り返り、表現し、他者と交流し学びあう。また、学びあうために必要な話し合いのルールを身につける。主な内容
は、講義ノートのとり方、文章の構成と要約の仕方、レポートと作文の違いの理解、レポートを書く手順と基本的な構成を知る、協
同で学びを深めるためのルール、等である。
学生の学習
(行動)目標
1.大学で学ぶことはどういうことかを理解する。
2.講義の要点を落とさずに、内容を思い出せるようなノートを、講義を聴きながらとることができる。
3.文章を読んで、概要を読み取り、大切な点を落とさずに要約したり、感想や自分の考えをまとめたりすることができる。
4.協同で学びを深めるためのルールを知り、日々の学修で実践しようとする意欲をもつことができる。
5.レポートと作文の違い、レポートを書く手順、レポートの基本的な構成を知り、A4版で1枚程度のレポートを書くことができ
る。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション、はじめての大学生活 生徒と学生、スケジュール、時間割、自由と責
任、授業形式
<予習>テキスト:コラム「大学生に求められること」及び0章「はじ
めての大学生活」を読んでくること。<復習>レポートを作成すること。
4
2回 ノートのとり方 伝達と共有、ノンバーバール・コミュニケー
ション
<予習>テキスト:第V部「大学生の基礎知識」及び1章「ノートのとり
方」を読んでくること。<復習>ノート等を整理すること。
3
3回 話の聴き方 聞くと聴く、共感、傾聴、対話スキル、ファシ
リテーション
<予習>前回の授業で学んだスタディスキルを用いて、日々の授業の
ノートをとるように努力すること。<復習>ノート等を整理すること。
3
4回 レポートの書き方の基本T 感想文とレポート、主張と根拠、3部構成 <予習>テキスト:4章「レポートの書き方@」を読んでくること。
<復習>ノート等を整理すること。
4
5回 レポートの書き方の基本U 大学図書館、書架、インターネット、目録・書
<予習>テキスト:7章「大学図書館の使い方」を読んでくること。
<復習>ノート等を整理すること。
4
6回 テキストの読み方T 学術的な文章、文章を読む姿勢、場面に応じた
文章の読み方、読み方のテクニック
<予習>テキスト:2章「テキストの読み方@」を読んでくること。
<復習>ノート等を整理すること。
4
7回 テキストの読み方U 下読み、精読、探し読み(スキャニング) <予習>テキスト:3章「テキストの読み方A」を読んでくること。
<復習>ノート等を整理すること。
4
8回 テキストの読み方V、まとめ 筆記試験、レポート試験、成績評価の方法 <予習>テキスト:10章「大学の試験」を読んでくること。
<復習>ノート等を整理すること。
4
30
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポートは、担当者において点検し、第1回分については期間中に返却する。第8回分に
ついては返却しない。
試験 0%
レポート 30%
学習態度 50% 備考 ・「レポート」は、第1回及び第8回の授業終了時に課す。テーマ、書式、提出方法等
は、授業中に指示する。
・「学習態度」は、グループワークや意見交換など授業へ積極的に参加する姿勢や授業中
の発言・態度、準備学習の取組状況を元に評価する。
・「その他」として、授業を振り返るワークシート等への記入状況を元に評価する。
その他 20%
100%
テキスト 大学生 学びのハンドブック[3訂版]、世界思想社編集部篇、世界思想社、2015、1200円+税
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 大学でなにを学ぶか、隅谷三喜男、岩波書店、1981、780円+税
2 大学生になるきみへ−知的空間入門−、中山茂、岩波書店、2003、840円+税
3 知的生活の方法、渡部昇一、講談社、1976、721円+税
4 大学 学びのことはじめ―初年次セミナーワークブック―[3訂版]、佐藤智明・矢島彰・山本明志、ナカニシヤ出版、2014、1900円+税
5 大学生のための「読む・書く・プレゼン・ディベート」の方法、松本茂・河野哲也、玉川大学出版部、2007、1500円+税
6 アカデミック・スキルズ[第2版]―大学生のための知的技法入門―、佐藤望・湯川武・横山千晶・近藤明彦、慶應義塾大学出版会、2012、1000円+税
7 大学生の学習テクニック、森靖雄、大月書店、2007、1800円+税
8 グループ学習入門―学びあう場づくりの技法―、新井和広・坂倉杏介、慶應義塾大学出版会、2013、1200円+税
9 学生による学生のためのダメレポート脱出法、慶應義塾大学日吉キャンパス学習相談員、慶應義塾大学出版会、2014、1200円+税
10 知のツールボックス―新入生援助(フレッシュマンおたすけ)集―[改訂版]、専修大学出版企画委員会、専修大学出版局、2009、700円+税
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・ノートパソコンの持参が求められる回がある(授業中に指示する)。忘れないようにするとともに、授業までに充電してくること。
・「レポートの書き方の基本U」では、図書館での学修を予定している。混雑を避けるため、看護学部と福祉心理学部とで授業回を変
更することがある。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.