講義概要

臨床心理学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科1年、臨床心理学科1年
講義番号 S101 教科名 社会福祉原論T
単位数 2 必・選 必須 開講時期 前期 担当者 平川 毅彦
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
社会福祉原論Tでは現代社会における<社会福祉>の理念と、広・狭義の社会福祉における意義、社会福祉形成の歴史、各種の
サービス体系とその裏付となる法律のシステム、実施体制と行財政対応並びに公的セクターと私的セクターとのかかわり、従事者
と諸外国の福祉制度の実態などにふれるとともに、社会福祉関連領域や利用者保護制度に関する理解を深める。また、多様な事例
検討と課題作成を通じて、現代社会を構成する市民のひとりとして社会福祉の意義と課題について理解を深める。
学生の学習
(行動)目標
1.社会福祉の営みを理解する。
2.歴史的に人々はどのように生活してきたのかを理解する。
3.社会福祉のニーズ把握の方法を知る。
4.社会福祉制度と仕組みを理解し、説明できるようにする。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 日本における福祉制度の概念と理念 制度、福祉、福祉六法 <予習>テキスト第1章1(2-9頁)を授業までに読んでおくこと。 2
2回 福祉政策の概念と理念 福祉政策、社会政策 <復習>日本の福祉制度形成過程の概要を整理する。
<予習>テキスト第1章2(10-19頁)を事前に読んでおくこと。
3
3回 福祉制度と福祉政策の関係 福祉としての保育、応能負担、規制緩和 <復習>福祉政策の意味内容をテキスト・配布資料から整理する。
<予習>テキスト第@章3(20-25頁)を事前に読んでおくこと。
3
4回 福祉政策と政治 財政構造改革、新自由主義 <復習>福祉制度と政策との関係を整理する。
<予習>テキスト第1章4(26-33頁)を事前に読んでおくこと。
4
5回 福祉政策の主体と対象 地方自治体、地方政府、専門機関 <復習>福祉政策と政治との関係を整理する。
<予習>テキスト第1章5(34-38頁)を事前に読んでおくこと。
4
6回 福祉の原理をめぐる理論 資本主義、貧困、社会の安全装置 <復習>福祉政策の主体と対象の概要を整理する。
<予習>テキスト第2章6(42-51頁)を予め読んでおくこと。
4
7回 福祉の原理をめぐる哲学と倫理 基本的人権、ノーマライゼーション、自立の思
<復習>「福祉の原理」について自分の言葉で整理する。
<予習>テキスト第2章7(52-61頁)を授業までに読んでおくこと。
4
8回 前近代社会と福祉 慈善、博愛、救貧法、恤救規則 <復習>「だれ」の「何の」ための福祉なのかを整理する。
<予習>テキスト第3章8(64-75頁)を予め読んでおくこと。
4
9回 近代社会と福祉 ベバリッジ報告、福祉国家 <復習>「前近代社会」とはどのようなものなのかを整理する。
<予習>テキスト第3章9(76-85頁)を事前に読んでおくこと。
4
10回 現代社会と福祉T(欧米) 福祉見直し、当事者参加 <復習>資本主義社会の形成過程で生じた課題を整理する。
<予習>テキスト第3章10(86-95頁)を授業までに読んでおくこと。
4
11回 現代社会と福祉U(日本) 財政危機、高齢化、在宅福祉 <復習>欧米における福祉の課題を整理する。
<予習>テキスト第3章11(96-105頁)を授業までに読んでおくこと。
4
12回 需要とニーズの概念 需要、ニース、貨幣的ニーズ、非貨幣的ニーズ <復習>現代日本社会の課題と福祉との関係を整理する。
<予習>テキスト第4章12(108-113頁)を予め読んでおくこと。
4
13回 資源の概念及び福祉政策の課題 社会資源、フォーマル、インフォーマル、社会
的包摂
<復習>「需要」と「ニーズ」の違いを整理する。
<予習>テキスト(114-155頁)を授業までに読んでおくこと。
4
14回 まとめ(1) 現代社会、社会福祉 <復習と予習>ここまでの授業内容をふりかえり、重要な点について自
分自身の言葉で説明できるように準備しておくこと。
6
15回 まとめ(2) 当事者主体、自己決定、自己責任 <復習と予習>授業全体をふりかえり、「社会福祉とは何か」という問
について自分自身の言葉で説明できるように準備しておくこと。
6
60
成績評価 小テスト 52% 学修成果の
フィードバック
・毎回の小テストはそれぞれ4点満点で採点し添削のうえNコンにて返却する。
・レポートは2回作成し、不十分な点や間違った部分を自分自身で確認する。
試験 0%
レポート 48%
学習態度 0% 備考 毎回Nコンを使って小テストを行います。ノートパソコンは毎時必
ず持参してください。毎回の小テスト及びレポートの総合点で評価
を行います。
その他 0%
100%
テキスト 川村匡由他『現代社会と福祉(第4版)』(2016年)久美株式会社 2200円(+消費税)
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 『社会福祉原論』、岡村重夫、全国社会福祉協議会、1983年、¥1363
2 『全訂 社会事業の基本問題』、孝橋正一、ミネルヴァ書房、1962年(2009年復刻)、¥9163)
3 『福祉資本主義の三つの世界』、G.エスピン−=アンデルセン、ミネルヴァ書房、2001年、¥3172
4 『社会福祉の歴史』、右田紀久恵他、有斐閣、1977年、¥3132
5 『福祉の思想』、糸賀一雄、NHKブックス、1968年、¥1048
6 『社会福祉政策』(第三版)、坂田周一、有斐閣、2014年、¥2376
7 『社会福祉政策』、R.M.ティトマス、恒星社厚生閣、1981年(絶版)
8 『戦後日本社会福祉論争』、真田是編、法律文化社、1979年、¥3132
9 『福祉政策理論の検証と展望』、日本社会福祉学会編、中央法規、2008年、¥4104
10 『とてもわかりやすい社会福祉の本』、岩間文雄、ふくろう出版、2005年(絶版)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
毎回Nコンを使ってレジュメの配布、小テスト答案の回収を行います。一日もはやくNコンとノートパソコンの扱いに習熟してく
ださい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.