講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年
講義番号 S263C 教科名 保育課程論
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 岩ア 保之
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
保育の計画と評価の基本(カリキュラムの基礎理論、保育所における保育の計画と評価の意義、保育所以外の児童福祉施設におけ
る計画と評価の意義、PDCAサイクルの循環による保育の質の向上)、保育所における保育の計画(保育所保育指針と幼稚園教育要
領、保育課程と指導計画、保育課程の編成、指導計画(長期的・短期的)の作成と作成上の留意事項)、保育の計画の作成と展開
(保育課程の編成と展開、指導計画の実際の作成と展開)、保育所における保育の評価(保育の省察及び記録、保育士及び保育所の
自己評価、保育の計画の再編成、生活と発達の連続性を踏まえた保育所児童保育要録)について、文献、法令・法規、答申等の資料
に基づいて概説する。
学生の学習
(行動)目標
1.保育内容の充実と質の向上に資する保育の計画と評価について理解する。
2.保育課程の編成と指導計画の作成について具体的に理解する。
3.計画、実践、省察・評価、改善の過程についてその全体構造を動態的にとらえ、理解する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション、保育の計画と評価の基本T カリキュラムの基礎理論 <予習>テキスト@の第1章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
3
2回 保育の計画と評価の基本U 保育所における保育の計画と評価の意義 <予習>テキスト@の第2章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
3
3回 保育の計画と評価の基本V 保育所以外の児童福祉施設における計画と評
価の意義
<予習>テキスト@の第3章を読んでくること。レポートを作成してくる
こと。<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
5
4回 保育の計画と評価の基本W 計画、実践、省察・評価、改善の過程の循環
による保育の質の向上
<予習>テキスト@の第4章を読んでくること。レポートを作成してくる
こと。<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
5
5回 保育所における保育の計画T 保育所保育指針、幼稚園教育要領 <予習>テキスト@の第4章を読んでくること。レポートを作成してくる
こと。<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
5
6回 保育所における保育の計画U 保育課程、指導計画 <予習>テキスト@の第5章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
4
7回 保育所における保育の計画V 保育課程の編成 <予習>テキストAの序章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
4
8回 保育所における保育の計画W 指導計画(長期的・短期的)の作成、作成上
の留意事項
<予習>テキストAの第1章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
4
9回 保育課程の編成と展開T 保育課程の編成と展開 <予習>テキストAの第2章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
3
10回 保育課程の編成と展開U 指導計画の実際の作成と展開 <予習>テキストAの第3章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
3
11回 保育所における保育の評価T 保育の省察及び記録 <予習>テキスト@の第6章、テキストAの第4章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
4
12回 保育所における保育の評価U 保育士及び保育所の自己評価 <予習>テキスト@の第7章、テキストAの第4章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
4
13回 保育所における保育の評価V 保育の計画の再構成 <予習>テキスト@の第8章、テキストAの第6章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
4
14回 保育所における保育の評価W 生活と発達の連続性を踏まえた保育所児童保
育要録
<予習>テキスト@の第9章、テキストAの第7章を読んでくること。
<復習>配付資料等に基づき、ノート等を整理すること。
4
15回 まとめ 既習事項の確認 <予習>テキスト@の第10章を読んでくること。配付資料、ノート類を
整理してくること。<復習>配付資料、ノート等を整理すること。
5
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・レポートは、学生による相互評価の上で担当者が点検し、期間中に返却する。
試験 0%
レポート 15%
学習態度 30% 備考 ・「レポート」は、第2回〜第4回の授業終了時に課す。内容・様式等は、授業において
指示する。
・「学習態度」は、グループワークや意見交換など授業へ積極的に参加する姿勢や授業中
の発言・態度、準備学習の取組状況,ノート等の記録状況を元に評価する。
・「その他」として、第15回で実施する「まとめと振り返り」のワークシート(40%)
に加えて、毎回の授業終了時に記入する授業を振り返るワークシートへの記入状況
(15%)を元に評価する。
その他 55%
100%
テキスト @保育課程論、北野幸子編著、北大路書房、2011、1700円+税
A保育所保育指針解説書、厚生労働省編、フレーベル館、2008、190円+税
B幼稚園教育要領解説、文部科学省、フレーベル館、2008、190円+税
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 目標準拠評価論の研究−学校教育における理論と実践−、岩ア保之、ウエストン出版部、2009、2400円+税
2 教育・保育の基礎理論−生涯発達の視点から−、中野啓明・佐藤朗子編著、考古堂書店、2012、2000円+税
3 現代の教職原理(第2刷)、中野啓明編著、考古堂書店、2008、2000円+税
4 3歳は、人生のはじまり−あまこ先生と16人の子どもたち−、天野優子、ひとなる書房、1995
5 幼児教育へのいざない−円熟した保育者になるために−(増補改訂版)、佐伯胖、東京大学出版会、2014、2200円+税
6 子どもという価値−少子化時代の女性の心理−、柏木恵子、中央公論社、2001
7 これからの教育に必要なこと−人と人との関係性−、齋藤勉、新潟日報事業社、2004、1000円+税
8 独自性を活かした保育課程に基づく指導計画−その実践・評価−、今井和子・大方美香・天野珠路、ミネルヴァ書房、2010、2500円+税
9 保育課程論−保育の基盤の理解と実習への活用−、加藤敏子・津留明子・冨永由佳ほか、萌文書林、2013、1800円+税
10 保育・教育課程論、高橋弥生・林邦雄・谷田貝公昭、一藝社、2012、2200円+税
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・講義を記録するノート(ルーズリーフ等も可)を用意し、表紙に学籍番号・氏名を記入しておくこと。
・資料は、プリントにて適宜、配布する。ファイル等を用意すること(ノート等への貼り付けも可)。
・国語辞書(電子辞書可)を持参することが、望ましい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.