講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年
講義番号 S314C 教科名 保育実習U
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 原田 留美、中野 啓明、岩ア 保之、齊藤 勇紀、佐藤 菜美
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
保育実習Tにおける実習をもとに、保育所における保育を実際に実践することによって、保育現場で必要な知識・能力・技術を習得
し、保育の理解を深め保育士としての資質を高めるとともに、自己の課題を明確化する。また、家庭や地域の生活実態にふれて、子
ども家庭福祉ニーズに対応する理解・判断力を養い、子育て支援に必要な基礎的能力の涵養を図る。
学生の学習
(行動)目標
1.保育所の役割や機能の知識・理解に基づき、保育現場で適切に行動することができる。
2.子どもとのかかわりや責任保育を通して、保育現場で子どもを適切に理解したり、保育したりすることができる。
3.子どもの保育及び保護者に対する支援の意義や方法の知識・理解に基づき、保育現場で適切に行動することができる。
4.保育の計画を適切に立案するとともに、観察した事実に意味づけ・価値づけをしながら記録を書いたり、自己評価をしたりする
ことができる。
5.保育士の業務内容や職業倫理の知識・理解に基づき、保育現場で適切に行動することができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 保育実習U(保育所):3年次12月、10日間、90時間 保育所、責任保育、部分保育、1日保育 実習の内容事項は、『実習の手引き』を参照。 0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・実習の反省レポートに教員からの指導コメントをつけて返却する。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 50% 備考 ・「レポート」は、実習日誌(40%)及び反省と今後の課題(10%)の2つで評価する。
・「学習態度」は、実習園からの評価(30%)及び巡回指導報告書等に基づく学修理解の確
認(20%)によって評価する。
その他 0%
100%
テキスト 「実習指導」の手引き、本学作成
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・保育士資格取得希望者は、保育実習指導Uとともに必ず履修すること。
・実習にあたっては、事前の健康診断・腸内細菌検査において問題がないこと、実習関係の提出物が全て提出されていることが条件と
なるので留意すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.