講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年
講義番号 S304S 教科名 精神保健福祉援助実習
単位数 4 必・選 選択 開講時期 3年後期〜4年前期 担当者 丸山 公男、花澤 佳代、関谷 昭吉
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
現場体験を通して精神保健福祉士として必要な知識・技術や関連知識を深めるとともに、実際に活用し、精神障害者に対する相談援
助およびリハビリテーションについて必要な資質・能力・技術を習得、現場での体験の概念化・理論化の能力を涵養し、専門職として
の職業倫理を身に着けるとともに関連分野との連携のあり方を学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
実習を通じ、学生は必要な資質・能力・技術を習得すること。具体的には、以下、
@精神保健福祉専門職に求められる専門知識、実践的な援助技術を体得する。
A精神障害者の生活実態や生活上の課題を把握する。
B職業倫理を身につけ、精神保健福祉士として求められる能力を習得する。
C関連分野の専門職との連携のあり方とその方法を理解する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 *実習内容と事前・事後学習の内容事項は、今年度『実習の手引き』参照   実習日誌の作成(復習)や実習で必要な知識について予習し、翌日の実
習の準備を行う。
0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
実習中の巡回指導や帰校日に、疑問に対応していく。また、実習計画書や実習報告書を
用い、振り返りを行う。
試験 0%
レポート 40%
学習態度 40% 備考 *『実習の手引』参照
 レポートは実習報告書2回分
 学習態度は、日誌と実習評価表を参考に評価する
 その他は実習に関連する提出物等
その他 20%
100%
テキスト *実習内容と事前・事後学習の内容事項は、今年度『実習の手引き』参照
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 荒田寛ほか編「PSW実習ハンドブック」 へるす出版 2013 2,592円
2 日本精神保健福祉士協会監修「精神保健福祉辞典」 中央法規出版 2004 4,968円
3 窪田暁子著「福祉援助の臨床−共感する他者として」 誠信書房 2013 2,052円
4 いとう総研資格取得センター編「精神保健福祉士国試ナビ2017」中央法規出版 2017 2,600円
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・第1段階・第2段階のどちらか1回は、精神科病院(医療機関)において実習を行う。
・実習時間は12日間(90時間)+16日間(120時間)以上となる。
・実習実施にあたっては、「学生便覧」等を確認しておくこと

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.