講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年
講義番号 S316 教科名 卒業研究T
単位数 2 必・選 必須 開講時期 通年 担当者 荒木 重嗣、原田 留美、茶谷 利つ子、他
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
・福祉研究に必要な力を少人数クラスで体験的学修を通して養うことを目的とする。                    
・2年間の学修の全体像について見通しを立て、自らの将来進路を明確にし就職へ向けての具体的な準備を開始する。
・広範な社会福祉領域の中から特に自らが関心を持つ課題を明確にし、自分の考えを持てるように、「人の考えを聞く力、考える
力、考えた事を伝える力、総合的な自分の意見を持つ力」を養う。
学生の学習
(行動)目標
・人と社会に対する関心と自ら学ぶ意欲を持ち、主体的に学習をすすめることができる。
・フィールドワーク経験から生活課題を発見し、その解決のために必要な情報を分析・考察できる。
・自らの問題関心を明確にして、そのなかで生まれてきたアイディアを具体的な研究に結びつけていくことができる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 授業予定と卒業研究準備についての説明
 (卒論指導申込から卒論完成までの流れ)ゼミ紹介プリントの配布説明
オリエンテーション コース毎の特徴を生かし
た指導ゼミ配当の人数
予習:シラバスの全体像を確認し、理解できないところを質問できるよ
うメモを用意しておく。
1
2回 研究の分野と方法の紹介1 教員1〜3名程度 (*各コースにより異なる) 研究分野の紹介 研究方法 復習:研究の分野と方法の紹介1レポート作成 【要提出】 3
3回 研究の分野と方法の紹介2 教員1〜3名程度 (*各コースにより異なる) 研究分野の紹介 研究方法 復習:研究の分野と方法の紹介2レポート作成 【要提出】 3
4回 研究の分野と方法の紹介3 教員1〜3名程度 (*各コースにより異なる) 研究分野の紹介 研究方法 復習:研究の分野と方法の紹介3レポート作成 【要提出】 3
5回 文献検索の実際 キーワード検索によって広範な先行研究を見出す
大学図書館のデータベースの活用方法
文献の検索方法 キーワード 図書館の活用 復習:文献検索シートの作成 【要提出】 3
6回 研究のテーマの調整 文献検索によって得た先行研究のレビュー(文献レポート)
の作成
テーマに関する基本文献リスト
先行研究の読み込み 文献レポート
復習:先行研究のレビューの作成 4
7回 研究のテーマの調整 文献検索によって得た先行研究のレビュー(文献レポート)
の作成
テーマに関する基本文献リスト
先行研究の読み込み 文献レポート
復習:専攻研究のレビューの完成 【要提出】 6
8回 卒業研究ゼミの所属決定 (*コース毎にゼミ生の数の上限は異なります) 所属する卒業研究ゼミの決定 事前準備:ゼミ希望理由書の作成 5
9回 担当教員による指導1 テーマの絞り込み 関連課題 予習:テーマにかかわる情報の探索
復習:授業内容を元に、テーマを絞り込む
4
10回 担当教員による指導2 基礎文献 検索と吟味 情報の信頼性 予習:基礎文献検索
復習:検索した基礎文献の信頼性を吟味し、整理する
4
11回 担当教員による指導3 関連データ・事例 検索と吟味 情報の信頼性 予習:関連データや事例を調べる
復習:関連データの信頼性を吟味し、整理する
4
12回 担当教員による指導4 立論 反証 予習:研究の骨格の案をまとめておく
復習:研究の骨格の調整
5
13回 担当教員による指導5 立論 反証 予習:前提・検証・結論の案をまとめておく
予習:前提・検証・結論の調整
5
14回 担当教員による指導6 
(*コースによって、卒論中間発表会などが企画されます)
論の第一次まとめ 検討 復習:卒業研究レポートのまとめ 7
15回 担当教員による指導7 
(*コースによって、卒論中間発表会などが企画されます)
論の第一次まとめ 検討 復習:卒業研究Uで行う研究のアイディアをまとめておく 3
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・レポートについては、適宜コメント等を付して返却する。必要に応じて、口頭指導も行
う。
試験 0%
レポート 80%
学習態度 20% 備考 ・レポートは、前期5回課す、後期は卒業研究中間報告レポートを評価する。
・学習態度は、演習の活動に対する取り組み姿勢や課題の提出状況を総合評価する。
・前期50%、後期50%で評価し、学年末に総合評価する。
その他 0%
100%
テキスト 不要
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 問いからはじめる社会福祉学、圷洋一 金子充 室田信一、(株)有斐閣、2016、¥1900
2 問いからはじめる家族社会学、岩間暁子 大和礼子 田間泰子、(株)有斐閣、2015、¥1800
3 レポート・卒論のテーマの決め方、三井宏隆、慶應義塾大学出版会、2010 、¥1500
4 レポート・論文をよくする「書き直し」ガイド、佐渡島沙織 坂本麻裕子 大野真澄、2015、¥1600
履修上の注意事項や
学習上の助言など
*各コースによって、卒業研究 Iのシラバスの内容や課題等は異なります。
初回時に行われる各コースのオリエンテーションで確認してください。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.