講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科2年
講義番号 S106 教科名 社会福祉ゼミナールU(Sコース)
単位数 1 必・選 選択 開講時期 通年 担当者 丸山 公男、平川 毅彦、茶谷 利つ子、花澤 佳代、関谷 昭吉、李 在檍、三浦 修
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
福祉研究に必要な力を少人数クラスで体験的学修を通して養うことを目的とす
る。

・3年間の学修の全体像について見通しを立て、2年次に特に力を入れて学びたいことを明確にす
る。
・地域における人々の暮らしと各福祉領域における諸施設・諸機関・専門職の状況を結び付けて考え、関心をより深めると共に、そ
れらを学びとるために必要な「調べる、まとめる、文章化する、発表する力」をグループワークを通じて醸成する。
学生の学習
(行動)目標
・地域課題(福祉・精神保健福祉領域等)や魅力等について知る。
・フィールドワークを通して、見る、感じる、考える等で現場を理解する。
・課題に対する解決策をまとめ、発表する。
・実習先、卒業研究、将来の進路等選択につなげていく。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション 授業の流れ、方法、日程等を確認 シラバスを読んでおく 2
2回 地域における福祉課題(PSW領域)の把握と理解@ PSW領域の課題の把握・理解・整理
ニーズ、支援、専門機関
事前課題を取り組む 4
3回 地域における福祉課題(PSW領域)の把握と理解A PSW領域の課題まとめ
グループワーク
グループワークに必要な事前準備を行う 4
4回 フィールドワーク@(PSW領域) 病院、生活支援機関、NPO法人等 フィールドワーク先について、調べる。ディスカッションの用意 4
5回 フィールドワーク@(PSW領域) 病院、生活支援機関
NPO法人等
フィールドワーク先について、調べる。ディスカッションの用意 4
6回 地域における福祉課題(PSW領域)の解決方法を考える@ 地域とのつながり
課題解決方法
ワークシートの作成。グループで話し合う 4
7回 地域における福祉課題(PSW領域)の解決方法を考えるA 支援のあり方
課題解決方法提案
グループワークの準備 4
8回 地域における福祉課題(SW領域)の把握と理解@ SW領域の課題の把握・理解・整理
ニーズ、支援、専門機関
事前課題を取り組む 4
9回 地域における福祉課題(SW領域)の把握と理解A SW領域の課題まとめ
グループワーク
グループワークに必要な事前準備を行う 4
10回 フィールドワークA(SW領域) 地域の茶の間、居場所づくり
NPO法人、社会福祉協議会
フィールドワーク先について、調べる。ディスカッションの用意 4
11回 フィールドワークA(SW領域) 地域の茶の間、居場所づくり
NPO法人、社会福祉協議会
フィールドワーク先について、調べる。ディスカッションの用意 4
12回 地域における福祉課題(SW領域)の解決方法を考える@ 地域とのつながり
課題解決方法
ワークシートの作成。グループで話し合う 4
13回 地域における福祉課題(SW領域)の解決方法を考えるA 支援のあり方
課題解決方法提案
グループワークの準備 4
14回 全体報告・共有 グループ発表 プレゼンテーションの準備 4
15回 まとめ 全体の振り返り レポート作成 6
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
・レポート及びワークシートは、添削の上、返却する。
試験 0%
レポート 60%
学習態度 40% 備考 ・レポート:各領域についてまとめたもの(2回提出)を評価する。
・学習態度は、授業及びフィールドワークへ積極的に参加する姿勢や授業中の発言・態
度、準備学習の取組状況
を元に評価する。
その他 0%
100%
テキスト 領域毎にプリントやワークブック等を配布する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 地域診断法鳥の目、虫の目、科学の目.近江環人地域再生学座編.新評論.2012年
2 コミュニティデザイン.山崎亮.学芸出版社.2011年
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.