講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科2年、臨床心理学科2年
講義番号 P203 教科名 児童臨床心理学
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 本間 優子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
臨床心理学に関する基礎的理論、方法論を理解することを目指す。それとともに、乳児期、幼児期、児童期の子どもの各年代にお
ける発達的特徴について概説を行う。また、それぞれの年代における心理臨床的課題とそれに対する支援法について、心理療法の事
例を紹介することで理解を深める。それぞれの年代での発達的特徴や支援法を学ぶことで、子どもの心の成長の援助、および家族
等、子どもの心の成長に関わる人々への支援法についても考察できるようになることを目指す。
学生の学習
(行動)目標
1.臨床心理学の基本的な考え方、歴史を理解する
 2.臨床心理学の主要な理論について理解する
 3.それぞれの年代の子どもたちにおける発達的特徴や支援法を理解する
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 オリエンテーション・臨床心理学とは 臨床心理学的援助 臨床心理学で何を学びたいのか考えてくること。 4
2回 意識と無意識、心の構造(1) フロイトの構造論 参考書1のP42−53に目を通してくると理解しやすい。 4
3回 意識と無意識、心の構造(2) 防衛機制 参考書1のP42−53に目を通してくると理解しやすい。 4
4回 意識と無意識、心の構造(3) ユング、無意識 参考書1のP42−53に目を通してくると理解しやすい。 4
5回 意識と無意識、心の構造(4) 元型 参考書2のP46−55に目を通してくると理解しやすい。 4
6回 性格とは 類型論・特性論 参考書1のP55−61に目を通してくると理解しやすい。 4
7回 心理アセスメントとは 心理検査 参考書1のP61−67に目を通してくると理解しやすい。 4
8回 乳・幼児期の発達的課題(1) アタッチメント アタッチメントについて調べてくること。また、第1回目から第7回目
までの内容をまとめた小テストを実施するので復習してくること。
4
9回 乳・幼児期の発達的課題(2) 育児ストレス 子育て支援 4
10回 乳・幼児期の発達的課題(3) 障害児 早期療育について調べてくること。 4
11回 児童期の発達的課題(1)(外部講師) 学校生活 自身の小学校生活について振り返っておくこと。 4
12回 児童期の発達的課題(2) 離婚家庭 片親引き離し症候群について調べてくること。 4
13回 幼児・児童の心理療法(1) 描画法 描画法について調べてくること。 4
14回 幼児・児童の心理療法(2) 遊戯療法 遊戯療法について調べてくること。 4
15回 まとめ まとめ これまで行った授業の復習をしてくること。 4
60
成績評価 小テスト 30% 学修成果の
フィードバック
小テストはその場で自己採点し、間違った部分はノートに記し、必ず復習しておくこと。
試験 0%
レポート 50%
学習態度 20% 備考 学期末のレポート課題と小テスト、学習態度により評価する。       
授業では授業中に小レポートを書いてもらい、提出してもらうこ
とがある。これについては「学習態度」に反映される。
その他 0%
100%
テキスト 不要
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「臨床心理学入門 理解と関わりを深める」 氏原寛・杉原保史 培風館 1998年 1800円+税
2 「やさしく学べる心理療法の基礎」 窪内節子・吉武光世 培風館 2003年 2500円+税
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.