講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科1年、社会福祉学科1年、臨床心理学科1年
講義番号 G205 教科名 中国語基礎
単位数 1 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 梁 淑a
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
中国語の入門を終えた人を対象に、引き続き、中国語の「読む」、「聞く」、「話す」、「書く」の基礎的能力の向上を図る。
言葉だけでなく、文化の背景も学習する。この科目を受講するためには、「中国語入門」の単位を取得している必要がある。
授業の中で、随時ミニテスト、口頭テスト、読みのテストを実施する。
学生の学習
(行動)目標
入門期の中国語の運用能力の上に、さらに基礎的文法を習得し、中国語での基礎的コミュニケーション能力を身に
つける。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 これまでの復習 あいさつ表現 中国語 <予習>CDを聞きながら既習内容を見直しておく。 60
2回 第8課 結果補語 能願動詞 <予習>CDを聞く。新出単語を辞書で調べる。 60
3回 第9課 現象の表現 存現文 <予習>CDを聞く。新出単語を辞書で調べる。 60
4回 第10課 二重目的語文 時点 <予習>CDを聞く。新出単語を辞書で調べる。 60
5回 復習1 やや複雑な表現について 完了、変化 <復習>既習内容を整理する 60
6回 第11課 数量の尋ね方 時間幅 <予習>CDを聞く。新出単語を辞書で調べる。 60
7回 第12課 使役表現について 兼語文 <予習>CDを聞く。新出単語を辞書で調べる。 60
8回 第13課 動作量と回数 比較文 <予習>CDを聞く。新出単語を辞書で調べる。 60
9回 復習2 数量表現の役割 口語 <復習>既習内容を整理する 60
10回 第14課 形容詞の程度を強める表現 程度副詞 <予習>CDを聞く。新出単語を辞書で調べる。 60
11回 第15課 条件表現の表し方 能願動詞”会” <予習>CDを聞く。新出単語を辞書で調べる。 60
12回 復習3 前置詞の役割 前置詞と副詞 <復習>既習内容を整理する 60
13回 読解1 簡単なエッセイの読解 エッセイ <予習>新出単語を辞書で調べる 60
14回 読解2 小説の読解1 物語 <予習>新出単語を辞書で調べる 60
15回 読解3 小説の読解2 物語 <予習>新出単語を辞書で調べる 60
16回 定期試験     0
900
成績評価 小テスト 30% 学修成果の
フィードバック
・小テストはその場で自己採点し、間違った問題をノートに練習する。
・「会話の力」をつけることを目標とするので、さまざまな状況を想定し、簡単な会話場
面を教師の指導の下に学生同士で構成し、中国語で芝居を試みる。
試験 20%
レポート 30%
学習態度 20% 備考 小テストは4,5回程度行う。
学習態度は授業中の発言、態度、準備学習の取り組み状況を基に評価す
る。
その他 0%
100%
テキスト 『中国語の基礎づくり』、楊凱栄・張麗群、白帝社、2400円+税
履修上の注意事項や
学習上の助言など
CDをしっかり活用して、音声の習得に努めること。既習内容をしっかりと復習すること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.