講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 看護学科1年、社会福祉学科1年、臨床心理学科1年
講義番号 G141 教科名 キャリアデザイン入門
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 齋藤 智、鈴木 宏
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
経済状況による環境の変化は、あらゆる業界・業種においてこれまでの就職=終身雇用を崩壊させた。今後求められるのは、単に
「職業」に就くということではなく、職業を通じてどのような豊かな人生を創造し(キャリアデザイン)、実現するのかであり、入
学初年次にその重要性に気付き、一層の学習意欲・関心を高めるきっかけ作りを進める。そこで、入学早期よりさまざまな業界から
職業人を招いて仕事を通した経験について聴講することで職業観の育成と職業知識を深めることを目的とする。
学生の学習
(行動)目標
1.自身の将来像を描くことができる。
2.働くことを意識し、社会にあるワークスタイルに目を向けることができる。
3.今後の学生生活を自己の「キャリア形成」と関連付けることができる。
4.KJ法によるグループワークの実践を通して、社会生活に必要となる基礎力を身につける。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 序論・本講義の意図、大学生活を有意義に過ごすために 学生生活、人間、看護、福祉 予習:オリエンテーションで配布された就業力資料を熟読しまとめる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
2回 大学生活と将来の進路 働く意義、働く目的、自己分析 予習:「働くとは何か」について、自身の考えをまとめる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
3回 社会で役立つ大学での学び 大学生活、選択、責任 予習:「自身のキャリア選択」について考えをまとめる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
4回 社会が求める人材像 資質、スキル 予習:「学生に求められる資質」について考えをまとめる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
5回 卒業生:先輩の話を聞き、自分のキャリアについて考える 看護、福祉、資質、スキル 予習:「希望する職種で求められる資質」について考えをまとめる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
6回 福祉関係者
  :現場で働く人のキャリア形成について考える@
医療、福祉、実状、キャリア形成 予習:「講義頂く方の業界動向」について調べる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
7回 福祉関係者
  :現場で働く人のキャリア形成についてのまとめ
KJ法、グループワーク
(ミニレポート作成)
予習:「KJ法テーマ」について自身の考えを3つ以上まとめる。
復習:グループワークの内容をミニレポートにまとめる。(各30分)
1
8回 小売業関係者
  :現場で働く人のキャリア形成について考えるA
小売業界、実状、キャリア形成 予習:「講義頂く方の業界動向」について調べる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
9回 小売業関係者
  :現場で働く人のキャリア形成についてのまとめ
KJ法、グループワーク
(ミニレポート作成)
予習:「KJ法テーマ」について自身の考えを3つ以上まとめる。
復習:グループワークの内容をミニレポートにまとめる。(各30分)
1
10回 医療・看護関係
  :現場で働く人のキャリア形成について考えるB
看護、実状、キャリア形成 予習:「講義頂く方の業界動向」について調べる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
11回 医療・看護関係
  :現場で働く人のキャリア形成についてのまとめ
KJ法、グループワーク
(ミニレポート作成)
予習:「KJ法テーマ」について自身の考えを3つ以上まとめる。
復習:グループワークの内容をミニレポートにまとめる。(各30分)
1
12回 製造・販売業関係者
  :現場で働く人のキャリア形成について考えるC
現場、実状、キャリア形成 予習:「講義頂く方の業界動向」について調べる。
復習:授業で配布された資料のポイントをまとめる。(各30分)
1
13回 製造・販売業関係者
  :現場で働く人のキャリア形成についてのまとめ
KJ法を用いたグループワーク
(ミニレポート作成)
予習:「KJ法テーマ」について自身の考えを3つ以上まとめる。
復習:グループワークの内容をミニレポートにまとめる。(各30分)
1
14回 まとめと学習理解の確認
(学部長:人の暮らし諸問題と職業観、将来像の討論とまとめ)
人間(心理)、看護・福祉の原点、
キャリア形成
予習:「KJ法テーマ」について自身の考えを3つ以上まとめる。
復習:グループワークの内容をミニレポートにまとめる。(各30分)
1
15回 まとめと振返り 基礎力、就業力 各単元の講義で配布した資料とノートを使って十分復習してくること。 1
15
成績評価 小テスト 40% 学修成果の
フィードバック
・レポートは添削の上、返却する。
試験 0%
レポート 40%
学習態度 20% 備考 ・授業の理解度を問う小テストを1回実施する。
・KJ法を用いたグループ活動のまとめをレポートとして
 提出する。
・学習態度は、授業中のグループワーク活動の態度をもとに
 評価する。
その他 0%
100%
テキスト なし。
必要に応じてプリント等を配布する。
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 発想法 創造性開発のために、川喜多二郎、中公新書、2013年、713円(税込)
2 発想法 KJ法の展開と応用、川喜多二郎、中公新書、2013年、886円(税込)
履修上の注意事項や
学習上の助言など
各種業界で活躍する社会人の方をお迎えし、学生の皆さんへ期待することや業界動向なども知ることができます。
またグループワークを進める中で、社会人として必要になる基礎力を身につけることも目的としているので、授業への積極的な関わ
りを期待しています。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.