講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科2年
講義番号 S272C 教科名 社会的養護内容
単位数 1 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 藤瀬 竜子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
社会的養護における児童の権利擁護と保育士の倫理及び責務について学ぶとともに、施設養護や家庭的養護の実際について学ぶ。
また、個々の児童に応じた支援計画を作成することにより日常生活の支援、治療的支援、自立支援について理解し、社会的養護にお
けるソーシャルワークの方法と技術を理解するとともに、家庭支援、児童家庭福祉、地域福祉への理解を深める。さらに今後の展望
や課題として、施設の小規模化や家庭的養護の充実について考える。
学生の学習
(行動)目標
1 社会的養護における児童の権利擁護や保育士等の倫理について具体的に学ぶ
2 施設養護や他の社会的養護の実際を理解する
3 社会的養護にかかわるソーシャルワークの方法と技術を理解する
4 自立支援計画の作成により、日常生活の支援、治療的支援、自立支援について理解する
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 児童養護と保育士 児童養護がめざすもの 【予習】「社会的養護」テキスト第1章を読む 1
2回 施設養護の特性と実際 母子生活支援施設、児童自立支援施設等 【予習】「社会的養護」テキスト第2章を読む 1
3回 社会的養護にかかわる援助技術 アセスメント、ジェノグラム、発達支援 【復習】配布資料等により援助技術について整理する 1
4回 社会的養護児童のアセスメント @アセスメントの流れと児童の理解 3つの側面 【復習】配布資料等によりアセスメントの流れ・状態像把握の理解を深
める
1
5回 社会的養護児童のアセスメント A背景要因としての情報把握 3つの視点 【復習】配布資料等により背景要因の情報把握の理解を深める 1
6回 社会的養護児童のアセスメント B生育暦 発達、家族 【復習】講義ノートをもとに内容及び疑問点を整理する 1
7回 社会的養護の現場からのメッセージ(児童養護施設を予定) 児童養護施設 【復習】特別講義受講後のレポート作成 1
8回 事例分析〜里親@ 援助方針、継続的な支援、告知 【復習】配布資料を読んでくる 1
9回 事例分析〜里親A 援助方針、継続的な支援、告知 【予習】グループ発表のための準備 1
10回 事例分析と自立支援計画@個人での事例分析 援助方針、日常生活支援、自立支援、治療的
支援
【復習】次回のグループワークに向けて個人シートを完成させる 1
11回 事例分析と自立支援計画Aグループワーク 援助方針、日常生活支援、自立支援、治療的
支援
【復習】次回の発表に向けての準備 1
12回 事例分析と自立支援計画B発表 援助方針、日常生活支援、自立支援、治療的
支援
【復習】グループで個別支援計画作成を完成 1
13回 社会的養護の今後の課題と展望@ 家庭的養護へ、被虐待児、障害児へのケア 【予習】社会的養護の今後の課題についてノートにまとめる 1
14回 社会的養護の今後の課題と展望A 財政、人的体制 【復習】社会的養護の今後の課題と展望についてノートにまとめる 1
15回 まとめ 第1回から第14回までのキーワード全て 【予習】これまでの講義ノートを整理し、疑問点を明確にする 1
15
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
レポートは添削後、返却します
試験 0%
レポート 80%
学習態度 20% 備考 ・「学習態度」は、課題やグループワークへの取り組み態度、授業
中の発言、授業中の態度等を元に評価する。
・レポートは、2回課す
その他 0%
100%
テキスト *毎授業時に資料を配布します
*1年次「社会的養護」で使用したテキスト(「保育士をめざす人の社会的養護」)を持参のこと
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「事例で学ぶ社会的養護児童のアセスメント」 増沢高 明石書店 2011
2 「施設養護実践とその内容」 庄司順一、鈴木力、宮島清 福村出版 2011
3 「演習 児童の福祉を支える社会的養護内容」 編著:吉田眞理 萌文書林 2011
4 「『日向ぼっこ』と社会的養護」NPO法人社会的養護の当事者参加推進団体 明石書店 2011
履修上の注意事項や
学習上の助言など
福祉の実践者として自分自身と向き合い、誠実な学習態度で子どもたちからのメッセージに向き合っていただきたい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.