講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科3年、臨床心理学科3年
講義番号 S202 教科名 家庭支援論
単位数 2 必・選 選択 開講時期 前期 担当者 齊藤 勇紀
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
家庭の意義とその機能について歴史的な背景や変化について学び、様々なデータから子育て家庭を取り巻く社会的状況について概
観することにより、子育て家庭への支援が求められている背景と必要性を学ぶ。また、保育所に求められる子育て支援の役割を理解
するとともに、他の支援体制や支援の展開の実際、保育所と関係機関との連携についても学ぶ。さらに、特別な配慮を要する家庭へ
の支援の実際として、事例検討やロールプレイを実施することにより、その方法と技術について学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
1.現代の子育て家庭と取り巻く状況を社会、地域、家庭に焦点を当てて理解する。
2.子育て支援施策と家庭支援の実際を理解する。
3.多様な子育て支援の実際を理解する。
4.家庭支援、保護支援について理解する。
5.乳幼児期の子どもを養育する保護者への相談援助の実際について理解する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 家庭支援の理解と役割 家族、家族の形態、核家族、夫婦、親子関係 <予習>「家族」「家庭」についてのイメージを整理しておくこと。
<復習>授業資料の内容を読み返し整理すること。
2
2回 家庭の機能と役割 家庭の定義、役割、保育所の役割 <予習>テキストP1〜12を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
3回 家庭生活を取り巻く社会的状況@ 現代社会の課題 <予習>テキストP13〜21を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
4回 家庭生活を取り巻く状況A 地域社会の課題 <予習>テキストP33〜58を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
5回 子育て支援施策 国、地方公共団体の子育て支援施策 <予習>テキストP69〜76を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
6回 多様な子育て支援の展開@ 保育所、幼稚園、認定こども園、地域子育て支
援事業、行政機関
<予習>テキストP77〜86を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
7回 多様な子育て支援の展開A 保育所、幼稚園、認定こども園、地域子育て支
援事業、行政機関
<予習>テキストP87〜96を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
8回 家庭支援・保護者支援の実際 育児不安・困難、児童虐待、DV、発達障害 <予習>テキストP97〜104を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
9回 要保護児童および家庭と保護者への支援 育児不安・困難、児童虐待、DV、発達障害への対応 <予習>テキストP105〜114を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
10回 保育者をソーシャルワーク 相談援助の対象、相談援助の過程 <予習>テキストP123〜127を読んでくる。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
4
11回 子育て相談支援に生かす情報収集の方法 相談援助、情報収集 <復習>相談支援計画の作成資料を準備すること。 5
12回 子育てに関する相談支援計画の作成 相談援助、支援計画の立案 <予習>相談支援計画の作成を進めること。
<復習>授業資料の内容を整理しておくこと。
5
13回 事例検討@(虐待が疑われる事例) 児童虐待、連携・協働 <予習>相談支援計画を修正しておくこと。
<復習>事例についての考察を深めること。
4
14回 事例検討A(発達障害が疑われる事例) 発達障害、連携、協働 <予習>相談支援計画を修正しておくこと。
<復習>事例についての考察を深めること。
4
15回 まとめ   <予習>14回までの資料を整理しまとめを行っておく。
<復習>15回の授業を振り返り、資料を整理すること。
4
60
成績評価 小テスト 40% 学修成果の
フィードバック
・小テストは添削し、返却を行う。
・インテークシートと支援計画票は個々にグループワークを通して修正案を提示する。
・授業のまとめのレポート課題は添削し返却を行う。
試験 0%
レポート 20%
学習態度 40% 備考 ・4回目と9回目にこれまでの授業内容の理解を問う小テストを実施する。
・子育ての相談支援に利用するインテークシート、支援計画票を自身で作成する。上記を
用いて、事例検討をグループワークの形式で行う。グループワークでは、積極性、発言、
取り組みの状況の評価を行う。
・授業のまとめとしてレポート課題を実施する。
その他 0%
100%
テキスト 家庭支援論の基本と課題 井村圭壯・松井圭三(編) 2017 学文社 2,000円(税別)
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 障害児保育の基本と課題 井村圭壯・松井圭三(編) 2016 学文社
2 ひと目でわかる基本保育データブック2016 西郷泰之・宮島清(編) 中央法規
3 保育士を目指す人のソーシャルワーク 相澤譲治 2011 みらい
4 保育所保育指針解説書 厚生労働省編 2008 フレーベル館
履修上の注意事項や
学習上の助言など
・新聞、ニュース、インターネット、雑誌等で子育てに関する記事や話題に関心を向け、自身の考えをまとめておくことが望ましい。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.