講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科1年
講義番号 S262C 教科名 社会的養護
単位数 2 必・選 選択 開講時期 後期 担当者 藤瀬 竜子
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
社会的養護の理念や歴史的変遷を学ぶとともに、社会的養護の背景にある社会及び家庭の問題に着目し、現代社会における社会的
養護の意義について理解する。また児童福祉における社会的養護の制度、法体系、実施体系について概括し、施設養護及び家庭的養
護の概要を理解した上で、そこでの児童の暮らしのあり方について考える。さらに、社会的養護における権利擁護の必要性と理念、
及びその方法について学ぶとともに、自立支援の必要性及びその方法について学ぶ。
学生の学習
(行動)目標
1 社会的養護の背景となる子育て家庭の現状を理解する
2 社会的養護の体系や役割を理解し、施設における子どもの生活を理解する
3 児童福祉の実践者としての保育士の役割を理解する
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 子育て家庭の現状と社会的養護 現代日本の家庭における子育て 【復習】現代日本の家庭における子育ての現状、課題整理 2
2回 社会的養護のしくみ 要保護児童対策、児童福祉施設 【予習】テキスト第4章を読んでくる 4
3回 社会的養護の種類と内容1
体系、
乳児院、児童養護施設、里親、ファミリーホー
ム、自立援助ホーム、児童相談所等
【予習】グループごとに発表にむけた準備を行う 4
4回 社会的養護の種類と内容2
グループワーク
乳児院、児童養護施設、里親、ファミリーホー
ム、自立援助ホーム
【予習】グループごとに発表にむけた準備を行う 4
5回 社会的養護の種類と内容3
発表@
乳児院、児童養護施設、里親、ファミリーホー
ム、自立援助ホーム
【予習】グループごとに発表にむけた準備を行う
【復習】発表内容を確認する
4
6回 社会的養護の種類と内容4
発表A
乳児院、児童養護施設、里親、ファミリーホー
ム、自立援助ホーム
【予習】グループごとに発表にむけた準備を行う
【復習】発表内容を確認する
4
7回 社会的養護の種類と内容5
発表B
乳児院、児童養護施設、里親、ファミリーホー
ム、自立援助ホーム
【予習】グループごとに発表にむけた準備を行う
【復習】発表をふまえて各施設、事業の要点をまとめる
4
8回 社会的養護の種類と内容6
総括
乳児院、児童養護施設、里親、ファミリーホー
ム、自立援助ホーム
【復習】ワークシート「事業のまとめ」を完成させる 6
9回 社会的養護の現場からの報告 乳児院 【予習】乳児院の機能、役割について整理する 2
10回 社会的養護と子どもの権利 子どもの権利を守るしくみ 【予習】テキスト第3章を読んでくる
【復習】講義内容を確認し、ノートにまとめる
4
11回 施設養護における保育士の援助・支援 アドミッションケア、インケア、リービングケ
ア、アフターケア
【予習】テキスト第5章を読んでくる
【復習】講義内容を確認し、ノートにまとめる
4
12回 家庭への支援 ファミリーケースワーク 【予習】テキスト第6章を読んでくる
【復習】講義内容を確認し、ノートにまとめる
4
13回 児童福祉施設の援助者としての保育士 価値、倫理、専門性 【予習】テキスト第10章を読んでくる
【復習】講義内容を確認し、ノートにまとめる
4
14回 社会的養護の課題 社会的児童養護の今後のあり方 【予習】厚生労働省資料などから今後のあり方を考える
【復習】講義内容を確認し、ノートにまとめる
4
15回 まとめ 1〜14回までの全て 【予習】これまでの授業ノートと資料を見直し、疑問点をまとめる 6
16回 定期試験     0
60
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
ワークシートは添削し返却する
試験 60%
レポート 30%
学習態度 10% 備考 学習態度は、課題に対する取り組み、授業中の発言、授業態度を
元に評価する。
その他 0%
100%
テキスト 「保育士をめざす人の社会的養護」伊達悦子・辰巳隆ら (株)みらい 2012 2,000円(税別)
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 「児童の福祉を支える社会的養護」  編著:吉田眞理 萌文書林 2011
2 「子ども虐待」 西沢哲 講談社現代新書 2010
3 「家族」をつくる」 村田和木 中公新書クラレ 2005
4 「施設で育った子どもの自立支援」 高橋亜美ら 明石書店  2015
5 「『日向ぼっこ』と社会的養護」NPO法人社会的養護の当事者参加推進団体 明石書店 2011
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.