講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科1年
講義番号 S311F 教科名 介護実習
単位数 1 必・選 選択 開講時期 通年 担当者 荒木 重嗣、森 扶由彦、田中 清、宮 淑恵
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
1年次においては、実習施設で行われている介護援助を実際に体験し施設の機能や基本的な介護支援を学ぶ。2年次においては、
個別の利用者の生活背景や生活リズムの理解に必要な情報を収集、分析・解釈、ニーズの導きだし、目標設定、介護計画書の作成、
評価の方法を学ぶ。4年次に行う居宅介護実習では、認知症対応型生活介護実習・小規模多機能型居宅介護実習を行い、「地域で暮
らす」ことの意義を学び、介護福祉専門職の役割が理解できることを目的とする。
学生の学習
(行動)目標
1.利用者の個々の状況や個性を理解するという視点から、様々な生活の場において展開される個別ケアを理解する。
2.利用者・家族、職員とのコミュニケーションの実践、介護技術の確認、多職種連携を通じて、チームの一員としての介護福祉士の
  役割について理解する。
3.介護過程を通してケアプランの作成・実践・評価までの一連のプロセスを理解する。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 実習内容と事前・事後学習の内容事項は、『実習の手引き』参照     0
0
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
 
試験 0%
レポート 0%
学習態度 0% 備考 「実習の手引き」参照
その他 0%
0%
テキスト 本学作成『実習の手引き』
    「介護過程の展開ツール」
    「プロセスレコードツール」
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 介護総合演習科目の参考書と同様
履修上の注意事項や
学習上の助言など
 

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.