講義概要

社会福祉学科 2017年度入学生用

新潟青陵大学

学科・学年 社会福祉学科2年
講義番号 S239F 教科名 こころとからだのしくみU
単位数 2 必・選 選択 開講時期 通年 担当者 森 扶由彦、丸山 公男
DP(ディプロマ・ポリシー)
との関連
「別途N-COMPASS上に示されている「DPとカリキュラムとの対照表」を参照のこと。」
授業の概要
(教育目標を含む)
介護技術の根拠となる人体の構造や機能及び介護サービスの提供における安全への留意点や心理的側面への配慮について教授す
る。
睡眠・終末期に関連したこころとからだのしくみと移動・食事・清潔・排泄・身支度に関連したこころとからだのしくみを教授す
る。
(森扶由彦/15回)睡眠の生理、終末期の身体の理解、医療職との連携について教授する。
(丸山公男/15回)死に関するこころのあり方、生活場面におけるこころの変化、こころと身体の関連性の特徴ついて教授する。
学生の学習
(行動)目標
食事・清潔・排泄・睡眠・終末期・リスクマネ
1高い介護の知識を理解するために、こころとからだの変化により個別介護の必要性の基本が理解できる。
2自立生活の困難さがこころとからだに及ぼす影響を理解できる。
3自力による日常生活の継続が困難な場合のこころの変化と生活支援を理解できる。
授業計画(シラバス)
内容 キーワード 準備学習(予習・復習)の内容と分量 準備学習に要する時間
1回 食事に関連したこころとからだのしくみ@ 食事の生理的意味、食欲・美味さを感
じるしくみ
食べる仕組み、咀嚼・嚥下・消化など 食べることの意味、食欲・おいしさを感じるし
くみ、咀嚼・嚥下・消化の過程の理解
1
2回 食事に関連したこころとからだのしくみA 障害に応じた食事の種類 利用者の障害の応じた食事の種類と代償的な栄
養摂取法
〈予習〉テキスト:pp142〜149を読んで理解してくること。 1
3回 食事に関連したこころとからだのしくみB 心身の機能低下が食事に及ぼす影響 心身の障害による食事摂取量の低下 〈予習〉テキスト:pp150〜157を読んで理解してくること。 1
4回 食事に関連したこころとからだのしくみC 生活場面におけるこころとからだの変
化の気づき
医療職との連携 生活場面におけるこころとからだの変化の気づ
1
5回 食事に関連したこころとからだのしくみD 医療職との連携 医療職との連携 〈予習〉テキスト:pp160〜167を読んで理解してくること。 1
6回 食事に関連したこころとからだのしくみD 生活場面におけるこころとからだの変
化の具体的な気づき
事例検討、グループワーク 〈予習〉テキスト:pp168〜169を読んで理解してくること。
〈復習〉配布物をよく理解してくること
1
7回 入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみ@ 清潔保持の生理的意味と関
連器官
清潔保持の生理的意味 関連器官の理解 1
8回 入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみA リラックス・発汗汚れのし
くみ
リラックス・発汗汚れの仕組み 〈予習〉テキスト:pp178〜183を読んで理解してくること 1
9回 入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみB 関連する機能の低下・障害
の原因と及ぼす影響
入浴・清潔保持に関連した機能の低下の理解 〈予習〉テキスト:pp184〜194を読んで理解してくること。 1
10回 入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみC 生活場面におけるこころと
からだの変化の気づき
入浴・清潔保持に関連した機能の低下 〈予習〉テキスト:pp195〜202を読んで理解してくること。 1
11回 入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみD  医療職との連携 医療職との連携の理解 〈予習〉テキスト:pp202を読んで理解してくること。 1
12回 入浴・清潔保持に関連したこころとからだのしくみD 生活場面におけるこころと
からだの変化の具体的な気づき
事例検討、グループワーク 〈予習〉テキスト:pp204〜206を読んで理解してくること。
〈復習〉配布物をよく理解してくること。
1
13回 排泄に関連したこころとからだのしくみ@ 排泄の生理的意味と関連器官 排泄の生理的意味 関連器官の理解 1
14回 排泄に関連したこころとからだのしくみA 排泄障害に対するストーマ造設 人工膀胱・人工肛門の理解 〈予習〉テキスト:pp216〜219を読んで理解してくること。 1
15回 排泄に関連したこころとからだのしくみB 関連する機能の低下・障害の原因と及
ぼす影響
排泄に関連した機能の低下の理解 〈予習〉テキスト:pp220〜230を読んで理解してくること。 1
16回 排泄に関連したこころとからだのしくみC 生活場面におけるこころとからだの変
化の気づき
排泄に関連した機能の低下 〈予習〉テキスト:pp231〜236を読んで理解してくること。 1
17回 排泄に関連したこころとからだのしくみD 医療職との連携 医療職との連携の理解 〈予習〉テキスト:pp236を読んで理解してくること。 1
18回 排泄に関連したこころとからだのしくみE 生活場面におけるこころとからだの変
化の具体的な気づき
事例検討、グループワーク 〈予習〉テキスト:pp238〜239を読んで理解してくること。
〈復習〉配布物をよく理解してくること
1
19回 介護実践における支援の理解➀事例検討 事例検討 〈予習〉各グループで三大介護の事例を複数検討しておくこと
〈復習〉これまでの講義における資料の整理とノートの整理
1
20回 睡眠に関連したこころとからだのしくみ@ 睡眠の生理的意味と関連したからだの
しくみ
睡眠の生理的意味 〈予習〉テキスト:pp242〜247を読んで理解してくること。 1
21回 睡眠に関連したこころとからだのしくみA 睡眠のしくみ 睡眠のしくみ 〈予習〉テキスト:pp247〜250を読んで理解してくること。 1
22回 睡眠に関連したこころとからだのしくみB 睡眠に関する機能の低下・障害の原因 睡眠に関する機能の低下・障害の原因 〈予習〉テキスト:pp251〜258を読んで理解してくること。 1
23回 睡眠に関連したこころとからだのしくみC生活場面におけるこころとからだの変化
の気づき
睡眠における観察のポイント 〈予習〉テキスト:pp259〜262を読んで理解してくること。 1
24回 睡眠に関連したこころとからだのしくみD医療職との連携 睡眠への対応と医療職との連携 〈予習〉テキスト:pp261〜262を読んで理解してくること。 1
25回 睡眠に関連したこころとからだのしくみE睡眠に関する疾患への対応 良質な睡眠を妨げる精神的な疾患への対応 〈予習〉テキスト:pp261〜262を読んで理解してくること。 1
26回 睡眠に関連したこころとからだのしくみF睡眠の評価の捉え方 睡眠の評価 〈予習〉テキスト:pp265〜266の演習を実施して発表できるように準備
してくること。
1
27回 死にゆく人のこころとからだのしくみ@ 死を理解する 死・ターミナルケアのポイントの理解 〈予習〉テキスト:pp268〜275を読んで理解してくること。 1
28回 死にゆく人のこころとからだのしくみA 終末期から死までの変化と特徴 終末期から危篤、死亡時の身体的変化の特徴の
理解
〈予習〉テキスト:pp276〜283を読んで理解してくること。 1
29回 死にゆく人のこころとからだのしくみB 死に関するこころの理解・医療職との連
死に関するこころの理解・医療職との連携 〈予習〉テキスト:pp284〜297を読んで理解してくること。 1
30回 まとめ こころとからだのしくみの変化
介護の必要性
〈復習〉テキスト・ノート・資料を使用して十分復習してくること。 1
31回 定期試験     0
30
成績評価 小テスト 0% 学修成果の
フィードバック
前回の振り返りを授業のはじめに行って理解を図り、次の内容に進む。
試験 80%
レポート 0%
学習態度 20% 備考 学習態度の評価は、グループワークにどの程度積極的に参加していたかを評価する。
その他 0%
100%
テキスト 介護福祉士養成テキスト11 こころとからだのしくみ14  中央法規出版
テキスト以外の参考書
(番号は、推薦順)
(図書館備付)
1 死別の悲しみに向き合う 坂口幸弘 講談社
2 ナラティブ・ベイスド・メディスン 斎藤清二 金剛出版
履修上の注意事項や
学習上の助言など
講義では積極的な参加を望みます。
分からないことは各自調べたうえで出席すること。
講義中不明な点があればすぐに質問をして理解を深めること。

新潟青陵大学

講義要項やWebシラバスの記載内容は、登録された受講生の人数や理解度に応じて、授業開始後に変更となる可能性があります。

Copyright (C) 2017 Niigata Seiryo University. All Rights Reserved.